ワークポートのリスキリング転職支援

社会保険労務士受験

C3H3

社会保険労務士受験(2024年試験対応)

高齢社会にますます求められる国家資格

主な対象者

社会保険労務士試験合格を目指す方
労務管理・年金のスペシャリストを目指す方

受講料 45,100円(税込)

教材構成

●テキスト 10冊
●別冊テキスト(マスターノート) 2冊
●別冊資料 2冊
●試験全問題解答解説 1冊
●ライセンス・スクウェア
●添削 8回(コンピュータ採点型・Web提出可)

Web提出可
  • テキスト・添削見本のご利用方法はこちら

ねらい

■毎年の出題傾向を反映した教材で、基礎的事項を体系的・効果的に学習することにより、社会保険労務士試験に合格する力を着実に養います。

特色

■図解もある主要解説を中心に、通達・判例・過去問など、受験に必要な内容をテキストに全て盛り込んでいます。
■各科目の受験上の重要なポイントを図表等を用いて要約・整理している「マスターノート」で要点を効率的におさえます。
■「厚生労働白書」「労働経済白書」最新版の要約資料を送付します。
■社労士受験指導に実績のある(一財)安全衛生普及センターの教材で、電話で質問できます。教材内容や、効果的な学習方法についてお答えします。平日9:00~16:45受付。(年末年始を除く)

カリキュラム

01
労働基準法
(1)総則、(2)労働契約、(3)賃金、(4)労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇、(5)年少者、(6)妊産婦等、(7)技能者の養成、(8)災害補償、(9)就業規則、(10)寄宿舎 ほか
02
労働安全衛生法
(1)総則、(2)労働災害防止計画、(3)安全衛生管理体制、(4)労働者の危険又は健康障害を防止するための措置、(5)機械等及び有害物に関する規制 ほか
03
労働者災害補償保険法
(1)総則、(2)保険給付、(3)社会復帰促進等事業、(4)費用の負担、(5)特別加入、(6)不服申立て及び訴訟 ほか
04
雇用保険法
(1)総則、(2)適用事業等、(3)失業等給付、(4)雇用安定事業等、(5)費用の負担、(6)不服申立て及び訴訟 ほか
05
労働保険徴収法
(1)総則、(2)保険関係の成立及び消滅、(3)労働保険料の納付の手続等、(4)労働保険事務組合、(5)不服申立て及び訴訟 ほか
06
健康保険法
(1)総則、(2)保険者、(3)被保険者、(4)保険給付、(5)日雇特例被保険者に関する特例、(6)保険事業及び福祉事業、(7)費用の負担、(8)健康保険組合連合会 ほか
07
国民年金法
(1)総則、(2)被保険者、(3)給付、(4)福祉施設、(5)積立金の運用、(6)費用、(7)不服申立て、(8)雑則、(9)罰則、(10)国民年金基金及び企業年金基金連合会
08
厚生年金保険法
(1)総則、(2)被保険者、(3)保険給付、(4)厚生年金保険事業、(5)離婚分割・第3号分割(6)積立金の運用、(7)費用の負担、(8)不服申立て ほか
09
労務管理その他の労働に関する一般常識
(1)労働関係法規、(2)労務管理、(3)労働経済
10
社会保険に関する一般常識
(1)社会保険関係法規、(2)社会保険の沿革、(3)社会保険関係法、(4)社会保険制度間の共通(相違)事項、(5)社会保険の管理運営等、(6)厚生行政一般

特記事項

※毎年6月開講より翌年度試験対応コースになります。
※毎年10月初旬より翌年度試験に対応した新教材を(一財)安全衛生普及センターから分割にて送付いたします。

※開講月により、受講期間と在籍期間が異なります。
●6月開講: 受講期間13か月、在籍期間15か月
●7月開講: 受講期間12か月、在籍期間14か月
●8月開講: 受講期間11か月、在籍期間13か月
●9月開講: 受講期間10か月、在籍期間12か月
●10月開講: 受講期間 9か月、在籍期間11か月
→ 申込時に事前学習教材をお送りし、10月初旬より改訂教材を配本します。
●11月~5月開講: 受講期間 8か月、在籍期間10か月
→ 開講月に合わせて通常通り配本します。

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
無料説明会に参加

ご希望の講座は初回ご面談時に改めて
確認させていただきます