転職コラム

2016年6月9日

カラオケ店のアルバイトから営業職へ!転職成功者に聞く キャリアチェンジのヒケツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カラオケ店のアルバイトから営業職へ!転職成功者に聞く キャリアチェンジのヒケツ

未経験の業界・職種にチャレンジして、見事転職を成功された方々に、転職成功ノウハウ・キャリアチェンジの秘訣を語ってもらいました!

    ▼転職成功者プロフィール
    氏名:T・K様
    年齢:24際
    性別:男性
    前職:カラオケ店員(アルバイト)
    現職:営業職(法人営業)
    転職回数:0回
    転職活動期間:1ヶ月

――これまでのご経歴を教えてください。
就職活動、というものにいまいち打ち込めないまま、いわゆる「無い内定」で大学を卒業しました。卒業後は在学中からアルバイトしていたカラオケ店でそのままもう2年間アルバイトをしていたのですが、今回どうにか法人営業のポジションで内定をいただき、今にいたります。来月の1日に入社です!

――営業職を志したきっかけはなんですか。
まず、「いい加減ちゃんと就職しなきゃな」と思い立つところからなのですが……笑
自分にはなにができるのか、なにがしたいのかをいろいろと調べました。ネットで求人サイトを見たり、どういう職業があるのか調べたり、あとは人材紹介会社に登録してエージェントとキャリアの話をしてみたり。
そうしていくなかで、人と話すのが好きだとか、人に頼るのがうまい、みたいな自分のキャラクターを再発見し、もしかしたら営業職が向いているのかも、と。
アルバイト先のカラオケ店にそのまま正社員で就職もできたのですが、お客さん相手のサービス業とか店舗のスタッフっていうのはひとまずいいかな、と思っていたので、そこ(アルバイト)からの就職とかサービス業はあまり視野には入りませんでした。

――営業職を目指すにあたって、どんな努力をしましたか。
未経験どころかそもそも社会人経験がなかったので、「なにがアピールできるのか?」というのはかなり考えました。私の場合でいうと、カラオケ店のキャンペーンで、対象となるフードをお客様におすすめし、その販売杯数で1位になった経験があったので、職務経歴書の自己PR欄に記載しました。
また営業職はやはり対人の印象が重要なので、面接対策として、ビジネスマナーの勉強や、相手の目を見て話すこと、表情のつくり方などを意識して練習しました。

――転職活動の期間中、辛かったことや困難だったことはありますか。
なかなか書類選考が通らなかったことでしょうか。
最終的には25社応募したのですが、面接のお声がけをいただいたのは5社でした。
社会人経験がない、というビハインドを考えればこれでも上出来なのかもしれませんが、やっぱり書類選考不通過の連絡をいただくたびにすこし気持ちは落ちました。

――未経験職種への転職を目指す方へ、なにかメッセージがあればお願いします。
やはり厳しい戦いにはなるので、書類選考の不通過などが続いてもめげないよう、あらかじめ気持ちを整えておきましょう! 諦めなければ成果は出ます、頑張ってください!

    =未経験職種への転職成功のポイント!=
    ★応募職種へのアピールポイントを再確認!
    ★面接対策は徹底的に行なう!

———————————————————–
【編集部コメント】
T・K様の転職活動の勝因は、しっかり自己分析をおこない、自分のアピールできるポイントを確認したこと。些細なことでも評価していただける可能性があるので、自分がいままでやってきたことを見つめなおし、応募職種とマッチした部分を探してみるとぐっと内定に近づくのではないでしょうか!

次回もまた未経験職種への転職を成功させた方のお話をお届けします。どうぞお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職コラム

カテゴリー

タグ検索

転職コラム

一覧を表示する

TOPへ