転職コラム

2016年8月17日

飲食店スタッフからゲームデバッガーへ!転職成功者に聞く キャリアチェンジのヒケツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飲食店スタッフからゲームデバッガーへ!転職成功者に聞く キャリアチェンジのヒケツ

未経験の業界・職種にチャレンジして、見事転職を成功された方々に、転職成功ノウハウ・キャリアチェンジの秘訣を語ってもらいました!

    ▼転職成功者プロフィール
    氏名:A・A様
    年齢:22歳
    性別:男性
    前職:飲食店スタッフ
    現職:ゲームデバッガー
    転職回数:0回
    転職活動期間:0.5ヶ月

―― これまでのご経歴を教えてください。
高校2年~先日まで、ずっと同じ飲食店で勤務していました。20歳のときに正社員採用のお話をいただいたので、アルバイト4年、正社員2年弱という感じですね。その後、転職エージェントを通じて現在のデバッガーに転職しました。

―― ゲームデバッガーを志したきっかけはなんですか。
あまり大きな声では言えないことですが、デバッガーそのものになりたかった、というわけではないんですよね。笑
転職するなら自分の好きなことに携わりたいという気持ちからゲーム業界を志しましたが、やはり私のような経歴だと、プランナーなどの花形職にいきなり挑戦していくことはハードルが高いようでした。そこでエージェントの方から、未経験でも目指しやすいポジションとしてデバッガーやゲーム運営の職種を提案いただき、どうにか内定を獲得できたという感じです。

―― ゲームデバッガーを目指すにあたって、どんな努力をしましたか。
直接アピールできる経験がないため、ゲームのプレイ状況やゲームに対する考察・分析などを記載したゲームレポートを作成し、応募書類とともに提出するようにしていました。また、飲食店に勤務するなかで、スタッフ全体の雰囲気に気を配って働きやすい環境を維持できるよう心がけていたので、職務経歴書に自己アピールとして落としこみました。

―― 転職活動の期間中、辛かったことや困難だったことはありますか。
辛かったことというか、やはり迷いました。憧れのゲーム業界とはいえデバッガーとして転職するとなると、給与は今より下がるだろうと。そこから果たしてプログラマやプランナーなどにキャリアアップ出来るのだろうかという不安もありました。ですが、チャレンジは今しか出来ないのも事実なので、迷いを振り切って転職活動に集中しました。

―― 未経験職種への転職を目指す方へ、なにかメッセージがあればお願いします。
いざ転職活動をはじめてあらためて、未経験の職種を目指すことの大変さや不安を実感しました。ですが、キャリアチェンジを実現するにはチャレンジしなければなりません。しっかりと準備すれば道は拓けるはずです。頑張ってください!

    =未経験職種への転職成功のポイント!=
    ★経験がないぶん、意欲をアピール!
    ★未経験職種への転職でも、活かせる経験をピックアップ!

———————————————————–
【編集部コメント】
ゲームレポートの提出は、未経験からゲーム業界に飛び込むにあたって、ひとつの武器になります。応募者のゲームに対する想いや、分析力などを採用担当者にアピールする手段となるからです。もちろん中途半端なものだと逆効果となってしまいますので、履歴書・職務経歴書以上にじっくりと作りこみましょう。
また、キャリアチェンジをする場合でも、誰しもアピールできる経験は持っているものです。自身の経験や考えかたをあらためて振り返って、応募書類に落とし込める部分がないか探ってみましょう。

次回もまた未経験からの転職に成功した方のお話をお届けします。どうぞお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職コラム

カテゴリー

タグ検索

転職コラム

一覧を表示する

TOPへ