転職コラム

2016年10月18日

アパレルショップ店員から営業職(広告営業)へ!転職成功者に聞く キャリアチェンジのヒケツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アパレルショップ店員から営業職(広告営業)へ!転職成功者に聞く キャリアチェンジのヒケツ

未経験の業界・職種にチャレンジして、見事転職を成功された方々に、転職成功ノウハウ・キャリアチェンジの秘訣を語ってもらいました!

    ▼転職成功者プロフィール
    氏名:T・U様
    年齢:24歳
    性別:女性
    前職:アパレルショップ店員
    現職:営業職(広告営業)
    転職回数:1回
    転職活動期間:2ヶ月

――これまでのご経歴を教えてください。
 高校卒業後、服飾の専門学校へ行き、そのままアパレルショップの店員となりました。副店長・店長と経験し、新店舗の立ち上げなどにも携わりました。今回、思い切って広告営業職へキャリアチェンジし、現在勤務2ヶ月目です。

――営業職(広告営業)を志したきっかけはなんですか。
  アパレル業界で働くことにすごく大きな不満があった、というわけではないんですけど、やっぱり勤務がシフト制だっていうことと、土日休みじゃないこと、何歳まで続けられるんだろう、っていうことに不安があって。そんな時、中学のときの友人たちと集まる機会があったんですが、そのうちのひとりの女の子が求人広告を売るお仕事をしていたんですね。社名を聞けば誰でも知っているような企業で、営業職としてバリバリ働いていて、「憧れるなあ」と思ったことがきっかけです。それで、活動をはじめるなら早いほうがいいだろう、ということで一度転職活動をしてみることにしました。

――営業職(広告営業)を目指すにあたって、どんな努力をしましたか。
今の自分でアピールできることと、それを応募企業にどう伝えるかをすごく考えました。
私の勤務しているショップは女性向け以外にファミリー向けの商品も取り扱っているんですけど、そこでの私の得意分野を考えた時に、年齢問わずお客様に顔を覚えてもらって仲良くなることが、周りに比べてすごく多いなと。また、そんなお客さんにオススメ商品を提案してご購入いただいて、自分の売上目標を達成してきた、ということがおそらく私の社会人としての強みなんじゃないか、ということにまず気づきました。
  そして、営業職を目指すにあたって、これらの強みは「関係構築力」「提案力」としてアピールできるんじゃないかと思い、これらを軸に自己アピールを作成していきました。
 
この作業が、転職活動で特に意識して努力したことですね。

――転職活動の期間中、辛かったことや困難だったことはありますか。
 大学を出ていないことが大きいと思うんですけど、やはり書類選考でたくさんお見送りになったのは厳しかったです。ただ、広告営業職には大卒の人が多い、とエージェントの方にもあらかじめ共有いただいていたので、とりあえずたくさん応募してみようかな、と、気持ちの切り替えはわりとスムーズにできたと思います。

――未経験職種への転職を目指す方へ、なにかメッセージがあればお願いします。
 ぜんぜん違う職種を目指すのって、すごく不安なことだと思います。でもきっと、どこかにあなたの経験を活かせる企業があるはずです!思い切って、前に進んでみましょう!
                                                                   

    =未経験職種への転職成功のポイント!=
    ★経験から自分の強みを発掘!
    ★応募職種のニーズを把握し、マッチする点をアピール!

———————————————————–
【編集部コメント】
アピール内容を考える際に、非常に戦略的に取り組んだことが間違いなくT・U様の一番の勝因です。キャリアチェンジを目指す際には、「いかに前職の経験からアピール内容を抽出できるか?」ということがとても重要となってきます。
どんな方でもひとつふたつは希望職種にアピールできることがあるはず。この機会にじっくり、自分の強みを見つめ直してみましょう!

次回もまた未経験からの転職に成功した方のお話をお届けします。どうぞお楽しみに!
                                                                                                                                     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職コラム

カテゴリー

タグ検索

転職コラム

一覧を表示する

TOPへ