転職コラム

2017年3月10日

転職コンシェルジュがおすすめする、“転職したいときに観たい映画” 5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職コンシェルジュがおすすめする、“転職したいときに観たい映画” 5選

 みなさんはどんなときに映画を観ますか?

 「スカっとしたいとき」「泣きたいとき」「恋人とのデートで」「時間つぶしに」など、映画を観るシーンやシチュエーションはいろいろあるかと思います。

 ところで「転職をしたいとき」に映画を観ることってありますか?多分なかなか「YES」という返事は聞こえてこなそうです。しかし、あなどることなかれ、「映画によって転職を決意した」という人がいるくらい、映画は気持ちを後押ししてくれるツールなのです。転職したいけどなかなか踏み切れないというあなた、映画を転職のきっかけにしてみるのはいかがでしょうか!
 
 というわけで、今回は「転職をしたいときに観たい映画5選」をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

転職コンシェルジュが選ぶ必観の5本!

■ショーシャンクの空に
公開:1994年
監督:フランク・ダラボン
主演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン

 冤罪によって突然ショーシャンク刑務所に入れられたアンディ(ティム・ロビンス)が刑務官の暴力や囚人間のいじめに合い、それでもなお、希望を持ちながら生きていく姿を描く不朽の名作です。好きな映画で一番に挙げられる方も多いのではないでしょうか?
ネタバレになってしまうので、結論までは述べませんが、理不尽な投獄生活に耐え、夢を叶えるために前に進むアンディの不屈の精神から、折れずに希望を持って生きていくことの大切さを教えてもらうことができます。理不尽な環境に嫌気がさしたあなたにぜひ観てほしい作品です。

■フォレスト・ガンプ
公開:1994年
監督:ロバート・ゼメキス
主演:トム・ハンクス、ゲイリー・シニーズ

 平均よりも少しだけ知能指数が低くて、足が速い男フォレスト・ガンプ(トム・ハンクス)がいろんな人と関わりながら波乱万丈な人生を送り、初恋の人との幸せをつかもうとする物語。これから転職活動を始めようとする方に観てほしい一本です。
 劇中に登場する「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」の名台詞に勇気をもらって一歩を踏み出した、という方も少なくないようです。転職をした方がいいと思いつつ始められないあなた、この映画に勇気をもらってみてはいかがでしょうか?
 ちなみに、この映画をモチーフにしたシーフードレストラン「ババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニー」が日本では3店舗展開されています。映画が気に入った方はこちらも併せてどうぞ!

■幸せのちから
公開:2006年
監督:ガブリエル・ムッチーノ
主演:ウィル・スミス、ジェイデン・スミス

 経済的にがけっぷちの状況から、高給を得るために医療機器の販売員から投資会社への転職を目指すクリス(ウィル・スミス)の人生の転機を描いた、実話に基づいたストーリーです。クリスは何度も心が折れそうになりますが、そのたびに奮起して最後には幸せへのチャンスを獲得します。愛する息子を幸せにしたいという強い想いがそうさせたのです。家族や大切にしたい人のために仕事を頑張っている方には共感できる作品ではないでしょうか。
 また、誠実に生きることで、周りの人を巻き込みながら成功に向かって進むことができるということを教えてくれる作品でもあります。守るべき誰かのために転職をしようと考えている方にオススメの映画です。

■幸せの教室
公開:2011年
監督:トム・ハンクス
主演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ

 「幸せの」がタイトルにつく作品が続きますが、こちらもがけっぷちな状況の主人公が出てくる作品です。大学を卒業していないという理由だけで勤めていたスーパーを解雇されたラリー(トム・ハンクス)は再就職も決まらず焦っていましたが、再就職のために勉強しようと短期大学に入学をする一大決心をします。人種も年齢も違う若者たちと打ち解け、新しい人生を見出していくというストーリーなのですが、「新しい環境で何かをやりなおしたい!」という方にはぴったりな作品です。
 大人が楽しめる青春映画ですので、青春を思い出したい方にもオススメです!

■プラダを着た悪魔
公開:2006年
監督:デヴィッド・フランケル
主演:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ

 女性なら誰もが羨む仕事=ファッション誌の編集部で、横暴極まりないカリスマ編集長のアシスタントとして働くこととなったアンディ(アン・ハサウェイ)が、仕事を通じておしゃれで魅力的な女性へと成長していくストーリーです。はじめはダサかったアンディがブランド服を身にまといキレイになっていく姿を楽しめるのも、多くの女性に支持されている理由なのかもしれません。
 また、実はこの映画、仕事術を学べる映画としも注目されているのをご存知ですか?アンディや、上司のミランダ(メリル・ストリープ)の仕事ぶりからビジネスパーソンとして学べることが多いと評判です。
転職先では仕事もプライベートも充実させたい女性のあなた、どうすれば実現できるかこの映画から学んでみてはいかがでしょうか?

 以上、転職したいときに観たい映画5選をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
有名な作品もピックアップしたので、すでに観たことのある作品もあったのではないでしょうか。しかしながら、「転職したいとき」に観てみることで、以前観たときとは違った気づきや感想があるかもしれません。

 転職するか迷っているみなさん、映画を観ることで背中を押してもらってみてはいかがでしょうか?みなさんが一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職コラム

カテゴリー

タグ検索

転職コラム

一覧を表示する

TOPへ