転職コラム

2017年7月28日

採用担当者ホンネから考える、第一印象の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
採用担当者ホンネから考える、第一印象の重要性

みなさんは面接で、見た目が関係するのか疑問に思ったことはありませんか?そんな疑問の答えを探すために、ワークポートを訪れた企業の採用担当者約60名に「採用の合否に“見た目”は関係ある?」というアンケートを取ってみました。

約8割の採用担当者が「関係ある」と回答!

見た目が関係あるが78%、関係ないが22%

アンケートの結果、なんと約8割の採用担当者が「関係ある」と回答しました。

勘違いしてはいけないのは、この「見た目」がかっこいい、かわいいなどのルックスのことを指しているのではなく、服装などの身だしなみを指していることです。したがって、転職者にとって身だしなみを整えることが転職成功に大きく影響します。では、身だしなみといっても、どこをどのように整えればよいのでしょうか?

第一印象がよければ、そのあとも良く見える

「人は見た目が9割」「人の印象は最初の7秒で決まる」という言葉もあるように、自分の印象を良くするためには第一印象がとても重要です。

特に前述した身だしなみなどの視覚情報は印象に大きく影響します。例えば皆さんは、服装に清潔感のない人のことをもっと知りたいと思うでしょうか?髪の毛がぼさぼさの人の話を聞いてみたいと思うでしょうか?第一印象が悪ければ、その印象が後を引き、仮にとても魅力的なことを話したとしても本来の魅力が伝わらない可能性があります。

逆に、第一印象さえよければ、そのあとのことを魅力的に感じてもらいやすくなり、多少何かミスがあったとしても許してもらえたり、ポジティブに受け取ってもらえることさえあるかもしれません。

第一印象を良くするための身だしなみチェック項目
  • □ 衣類にシミ、シワがない
  • □ 爪が汚れていない(ネイルが派手ではない)
  • □ 靴をきれいに手入れしている
  • □ スーツのサイズが適切である
  • □ 髪の毛を整えている
  • □ 派手なアクセサリーをつけていない

上記のチェック項目を意識するだけで、第一印象は大きく変わります。さらにこれらは、何日も前から時間をかけて準備するものではなく、前日や当日だけでできてしまう簡単なものです。簡単にできて効果は大きい身だしなみ、ぜひ意識してみてください。

身だしなみに気をつけたら次は声!

第一印象を決める際に、視覚情報に次いで重要なのが耳から入る情報、つまり「声」です。その声で気をつけるべきポイントが「高さ」と「語尾」です。地声などの低い声は聞く人に、暗い印象を与えてしまいがちです。ですので、声を発するときは「少し高めに」を意識しましょう。また、イメージがしにくい方は「電話をするときの声」で話すようにしましょう。

そして、語尾はしっかりと短く切ることがポイントです。語尾を伸ばすと相手に軽薄な印象を与えてしまいます。しっかりと言いきることを意識しましょう。同様に、「えー」や「まあ」などの単語もネガティブな印象を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

一目で好印象を与える!

身だしなみや声など、小さなことでも正しく意識することで、自分の印象アップにつながります。面接という短い時間であなたの魅力を最大限アピールするためにも、面接官から見える第一印象に特に気を付け、転職活動に臨みましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職コラム

カテゴリー

タグ検索

転職コラム

一覧を表示する

TOPへ