ログインするサービスをお選びください

転職相談サービスをご利用中の方

会員登録済でマイページをご利用の方

転職&お仕事コラム

転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!

2017/8/16

2

”デキるビジネスパーソン流”メモの取り方

”デキるビジネスパーソン流”メモの取り方

仕事をする上で欠かせないのがメモ。聞いたことを忘れないため、会議の議事録を作るためなど、日々様々なシーンでメモを取っているのではないでしょうか?そんなメモも取り方次第で業務効率アップにつながることをご存知でしょうか?
今回は“デキるビジネスパーソン流”メモの取り方をご紹介します!

”デキるビジネスパーソン流”メモの取り方

重要度をランク付けする

メモを取り、重要なことを丸で囲むことで重要度を強調する方法もありますが、重要なことが複数になった場合、何が一番重要なのか分からなくなってしまうという弱点があります。そんな状態を避けるために、重要度や緊急性の高いものからA、B、Cなどとランク分けしておきましょう。そうすることで、優先順位が明確になり後から見直しても何が一番重要なのかを一目で理解することができます。

重要度ごとにランク分け

6W3H1S

メモを取る際には、「5W1H」が良いと耳にしたことがある方はいるのではないでしょうか?もちろんこれでも良いですが、ワンランク上のメモを取るなら「6W3H1S」を試してみてください。

5W1H

When(いつ)
Where(どこ)
Who(だれ)
What(なに)
Why(なぜ)
How(どのように)

6W3H1S

When(いつ)
Where(どこ)
Who(誰が)
Whom(誰に)
What(なにを)
Why(なぜ)
How(どのように)
How many(いくつ)
How much(いくら)

これをメモ取るすべてのことに無理やりあてはめる必要はありませんが、これを意識するだけで、メモをあとから見たときの情報の正確性は格段に上がります。また、人に話を聞きながらメモを取るときには、この「6W3H1S」の項目がすべて埋まるように聞き、質問するとより業務効率アップにつながります。下記画像のように、会議前などにあらかじめ書くスペースやテンプレートを作っておくのも良いかもしれません。

あらかじめメモにスペースを作っておく

書くだけではなく、貼る

特に重要なことがあったり、次のアクションが決まっているものがあればメモに付箋などを貼るのも有効的です。付箋を貼れば、書き足しすぎてメモに情報が溢れてしまうことを避けることができますし、ポストイットをはがすことで終わったタスクを処理することもできます。

重要なものにはポストイットなどを貼る

1ページに1項目

「自分しか見ないから」と1枚のメモに埋め尽くすまで情報を詰め込んでいませんか?それでは、あとから見直すときにどこに何を書いたのか分かりにくいだけでなく、追加で何かを書きたいときに書くスペースがなくなってしまいます。たとえ、紙の半分が空白だったとしても「1ページに1項目」を心がけましょう。

こんなメモの取り方もあり?

ゲーム風

基本的にメモは自分だけが見るものです。であれば、自分好みに遊び心を入れてみると自分のモチベーションアップにつながるかもしれません。例えば、ゲームを好きな方であれば下の画像のようにゲーム内でのミッション形式にメモを取るとより仕事を楽しんでできるようになるのではないでしょうか?

ゲームのミッション風にメモを書く

感情を書き込む

必要最低限のメモをとるのではなく、あえて余分な情報をいれてみると後から見直したときにメモを取ったときの情景が鮮明に浮かび、より詳細な内容を思い出せるかもしれません。特に、ぞの時自分が思ったことなどを書いておくのが効果的です。普通のメモに飽きた方はぜひ試してみてください。

メモを取ったときの感情を書き込む

重要なのは“情報の正確性”

メモを取る内容や目的に関係なく、もっとも重要なのは“情報が正確であること”です。仮に、書かれている情報がどれだけ正確でも、どこに何が書いてあるか分からないようなメモでは、間違った情報をアウトプットしてしまうかもしれません。いつ見ても、自分が書いた正確な情報を引き出せるように、書くときのスピードや量だけではなく、“見直しやすさ”を意識したメモを取るようにしましょう。たかがメモでも、それがあなたをデキるビジネスパーソンへと進化させるきっかけになるかもしれません。

おすすめコンテンツ

ワークポートの転職サービス

  • 転職コンシェルジュの「転職相談サービス」
  • 履歴書・職務経歴書簡単作成「レジュメ」
  • 転職活動支援アプリ「eコンシェル」
  • 無料講座「すぐに転職講座」
  • 無料エンジニアスクール「みんスク」
  • ソフト開発/システムエンジニア系
  • クリエイティブ系
  • ネットワーク系
  • サポート系
  • 研究、製品開発/品質・評価系
  • コンサルタント・プリセールス系
  • ゲーム関連
  • ものづくり系エンジニア
  • 金融・保険・証券系
  • 建設・土木・プラント
  • 不動産
  • 営業系
  • 事務・管理系
  • 企画系
  • マーケティング・プロモーション系
  • 役員
  • 販売・サービス系
  • 薬剤師系
  • 製薬・創薬系
  • 医療系専門職
  • その他専門職系
  • 未経験・第二新卒系
  • その他

ソフト開発/システムエンジニア系

クリエイティブ系

ネットワーク系

サポート系

研究、製品開発/品質・評価系

コンサルタント・プリセールス系

ゲーム関連

ものづくり系エンジニア

金融・保険・証券系

建設・土木・プラント

不動産

営業系

事務・管理系

企画系

マーケティング・プロモーション系

役員

販売・サービス系

薬剤師系

製薬・創薬系

医療系専門職

その他専門職系

未経験・第二新卒系

その他

  • 北海道・東北
  • 関東
  • 甲信越・北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
  • 海外

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

海外

  • 職種
  • エリア
  • 業種
  • 年収
  • 年齢
  • キーワード

職種

  • ソフト開発/システムエンジニア系
  • クリエイティブ系
  • ネットワーク系
  • サポート系
  • 研究、製品開発/品質・評価系
  • コンサルタント・プリセールス系
  • ゲーム関連
  • ものづくり系エンジニア
  • 金融・保険・証券系
  • 建設・土木・プラント
  • 不動産
  • 営業系
  • 事務・管理系
  • 企画系
  • マーケティング・プロモーション系
  • 役員
  • 販売・サービス系
  • 薬剤師系
  • 製薬・創薬系
  • 医療系専門職
  • その他専門職系
  • 未経験・第二新卒系
  • その他

ソフト開発/システムエンジニア系

クリエイティブ系

ネットワーク系

サポート系

研究、製品開発/品質・評価系

コンサルタント・プリセールス系

ゲーム関連

ものづくり系エンジニア

金融・保険・証券系

建設・土木・プラント

不動産

営業系

事務・管理系

企画系

マーケティング・プロモーション系

役員

販売・サービス系

薬剤師系

製薬・創薬系

医療系専門職

その他専門職系

未経験・第二新卒系

その他

エリア

  • 北海道・東北
  • 関東
  • 甲信越・北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
  • 海外

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

海外

業種

年収

年齢

キーワード