転職コラム

2017年9月1日

切り替えの早さが大事!失敗してしまったときの気持ちの切り替え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
切り替えの早さが大事!失敗してしまったときの気持ちの切り替え方

仕事でミスをしたとき、思うような結果がさせなかったとき、ライバルに負けてしまったとき、怒られたとき…。どうしても気分が落ち込んでしまいますよね。みなさんはそんなとき、どうやって気持ちを切り替えていますか?いつまでも落ち込んだ気持ちを引きずっていては、前向きに仕事に取り組むことはできません。

今回はそんな仕事で落ち込んでしまったときの切り替え方をご紹介します。

落ち込んでしまった時の切り替え方5パターン

前向きに受け止める

初めから成功する人など存在しません。小さな失敗、大きな失敗を積み重ねてはじめて成功するものです。であれば、もし失敗してしまっても「次に生かせばいい」、「失敗は成功のもとだから」と、前向きに受け止めてみましょう。失敗した事実を消すことはできません。しかし、失敗にはお金で買えない価値があります。失敗したという事実をポジティブに受け止め、成功へとつながる足がかりにしましょう。

一度忘れる

前向きに受け止めようとしても、なかなかうまくいかず引きずってしまう人もいるかと思います。そんな人は、何かに失敗してしまったら失敗したこととはまったく関係ないことに打ち込んでみましょう。他の何かに打ち込むことで、失敗した事実と距離を置くことができ、、その間に気持ちを落ち着かせることができます。打ち込むものは別の仕事、スポーツなど、何でもかまいません。そして、気持ちが落ち着いたタイミングで「なぜ失敗してしまったのか」、「取り返すにはどうすればいいか」を考えて次に生かしましょう。

一息つける

気持ちを切り替えるためには一度リラックスすることも大切です。仮眠をとる、音楽を聴く、タバコを吸う、好きなものを食べるなど仕事から離れて、自分の好きなことをしてみましょう。頑張る人ほど息抜きの仕方もうまいというもの。一息入れて充電して、またフルスロットルで頑張りましょう!

他人を気にしない

失敗してしまったとき、怒られているときに、「恥ずかしいなあ」、「みんな私のことはどう思ってるんだろう」と周りが気になるということはありませんか?しかし、周囲の人間はそこまで他人の失敗を気にしてはいません。気にしている人がいたとしても「どうせ私の失敗なんて誰も気にしてないし、すぐ忘れる」と開き直ってしまいましょう。そうすることで気持ちが楽になり、また前向きな気持ちで仕事に取り組むことができます。

SNSに投稿する

感情を海に向かってぶちまける…そんなシーンをアニメやドラマで見かけたことはないでしょうか?しかし、真似しようと思っても気軽に海に行くことは難しいですし、叫ぼうとしても周りに人がいれば気が引けます。「それでもどうしても叫びたい!」という人はTwitterなどのSNSに投稿してみてはいかがでしょうか?「フォロワーに会社の人いるし…」という人は愚痴をこぼす用のアカウントを作って投稿してみるのもいいかもしれません。もしかしたら同じ経験をしたことがある人との交流もできるかも…。ただ注意として、社名、個人名などの固有名詞は絶対に出さないようにしましょう。

まとめ

気持ちの切り替え方は人それぞれです。ネガティブな気持ちを引きずりがちな人、落ち込んだときに今よりももっと早く前向きにになりたい人は、今回紹介した方法を参考に、ぜひ自分なりの切り替え方を見つけてください。もし失敗してしまっても、すぐ気持ちを新たに常に良い精神状態で仕事に取り組めるビジネスパーソンになりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職コラム

カテゴリー

タグ検索

転職コラム

一覧を表示する

TOPへ