転職コラム

2017年9月11日

こんな人と働きたい!周りの人にも元気を出させる人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな人と働きたい!周りの人にも元気を出させる人の特徴

みなさんは一緒に働くメンバーからの自分の印象について気にしたことはありますか?もし、周囲の人間に「あの人と一緒に働きたい」と思ってもらえていれば、それが周囲からの積極的な協力を得られることにつながり、自分より上の立場の人間にそう思われていれば、自分の希望が通りやすくなったり、昇進のチャンスも増えるかもしれません。

今回はそんな「一緒に働きたい」と思われる人の特徴を紹介します。

「一緒に働きたい」と思われる人の特徴

ポジティブ

いつもポジティブで元気な人がそばにいれば、自分も元気になり「今日も頑張ろう!」と思えるというもの。感情は周りの人間に伝搬するものです。あなたがいつもポジティブでいることを心がけるだけで、周囲の人間もポジティブにすることができます。もし多少の失敗があったとしても、周囲の人間を巻き込んで常に前向きに行動しましょう!

素直

素直な人と一緒にいるのは居心地の良いものです。立場の上下関係なく、何かミスがあれば言い訳せずに謝ってくれ、仕事がうまくいったときは心から称賛してくれる、そんな人と働きたいと誰しも思うのではないでしょうか?例え何か他に意見があったとしても、まずは素直に謝る、賞賛するということが良い人間関係を築くためにとても大切なことです。

コミュニケーションがとりやすい

平たく言えば「話しやすい人」とは仕事がしやすいですよね。会社によって社内の雰囲気は様々ですが、1日一言も話さない方はそう多くはないと思います。話しかけようと思ったとき、いつでもこっちを向いて真剣に話を聞いてくれる人になら、自分が失敗してしまったときなどの多少言いづらいことも素直に打ち明けられるのではないでしょうか?

また、いつも黙って静かに作業している人よりも、ことあるごとに話かけてくれる人の方がコミュニケーションをとりやすく感じるのではないでしょうか?もし「もっとコミュニケーションをとってみよう」と思った方は、相手から「うるさいな」と思われない程度に加減して話しかけましょう。

気持ちにムラがない

気持ちにムラがなく感情をコントロールできる人は負のイメージをもたれにくいです。イライラしているときにそれを態度や表情に出したり、他の人にぶつけないような器の大きい人に信頼は集まります。自分の意見を主張することは大切ですが、意見を主張する際もなるべく感情を含めず、一意見として発言し、負の感情は自分の中でコントロールすることが一緒に仕事をしたいと思われるための第一歩です。

まとめ

今回、「一緒に働きたい」と思われる人の特徴を紹介しました。仕事をうまく進める上では、、個人の実力はもちろん、チームワークもとても重要です。そしてそのチームワークを良くするためには、いかに良い人間関係を築くかがカギです。今回紹介したポイントを参考に、ぜひ周囲の人間に「あの人と一緒に働きたい」と思われるようなビジネスパーソンになってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職コラム

カテゴリー

タグ検索

転職コラム

一覧を表示する

TOPへ