転職&お仕事コラム

2020年4月21日

はじめてのWEB面接で失敗しないための注意点まとめ!ポイントは万全な準備と冷静さ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はじめてのWEB面接で失敗しないための注意点まとめ!ポイントは万全な準備と冷静さ!

新型コロナウイルスの感染拡大により、最近は中途採用の面接をオンライン上で行う企業が増えてきています。

友人や家族とのビデオ通話とは緊張感が違うWEB面接、これから初めて経験するという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方に向けて「はじめてのWEB面接で失敗しないための注意点」をご紹介します。しっかり準備をすれば余裕をもって面接に臨むことができます。余計な不安や緊張を抱えないために、ぜひ参考にしてみてください!

面接前の注意点

環境を整える

まずはWEB面接をするための環境を整えましょう。ネットの環境は万全ですか?カフェなどの共有施設の回線は避け、セキュリティがしっかりしている自宅の回線を使用しましょう。ネット環境が整わない限りは安心してWEB面接を受けることはできません。

次は部屋の環境です。カメラに映る範囲をきれいに整理整頓しましょう。洋服が散乱していたり、整っていないベッドが映っていたりすると面接官からの評価の低下につながります。また、部屋の明かりにも注意しましょう。カーテンを開ける、照明の向きを変えるなどしてカメラに映る自分の顔がハッキリ明るく見えるようにしておくと、印象アップにつながります。

あとは自宅で面接を受ける場合、雑音が入らない対策も立てておきましょう。部屋の外の物音や人の声までマイクは拾ってしまうことがあるので、自宅に家族がいる場合は室内に入らないようにお願いするほか、あまり物音を立てないようにお願いすることも忘れないようにしましょう。

POINT
  • ネット環境を万全に!
  • カメラに映る範囲はしっかり整理整頓!
  • 部屋は明るく、静かになるように!

ツールを準備する

面接直前に慌てないよう、あらかじめ指定されたツールをしっかり準備しておきましょう。一般的なWEB面接ツールとしてZoom、Skype、Googleハングアウト、Microsoft Teams、Wherebyなどが挙げられます。「いざ面接!」となった際に速やかに対応できるよう、あらかじめこれらのツールを利用できるように準備しておくと安心です。
 まずはアカウントの設定です。過去にプライベートで使ったことのあるアカウントの場合、名前やアイコンは適切なものになっていますか?アカウント名があだ名になっていて、すぐに本人だと判別できない状態になっていたり、アイコンがアニメの画像やコラージュ画像になっていたりするのはWEB面接には適しません。名前は本名に、アイコンも自分の写真など、選考に適したものに直しておきましょう。また、ツールがスムーズに起動してマイクや音声が問題なく使えるかの確認も重要です。面接本番になってツールが起動しない、自分の声や相手の音声が聞こえず慌てるなんてことのないように、事前に動作や音声を確認しておきましょう。

あとは面接の直前、面接に関係のないブラウザやアプリを消すことを忘れずに。面接中に通知音が何度も鳴ってしまったり、マウスやキーボードを操作したりするのは印象を下げることにつながります。

POINT
  • アカウント名、アイコンは適切なものに!
  • ツールがスムーズに起動すること、音声やマイクに問題がないかをチェック!
  • 関係のないブラウザやアプリは事前に閉じる!

身だしなみを整える

最後は自分の身だしなみを整えます。服装は通常の面接と変わらず、上下ともにきちんとスーツを着用しましょう。カメラに映る上半身だけスーツを着て下半身は部屋着…という格好で面接を受けようする人もいるようですが、動いた際やカメラの向きが変わった際に見えてしまうことも考えられます。中途半端な格好をしていては気持ち的にも気合が入りません。面接中の発言や仕草に緊張感の緩みが現れてしまうことも考えられるので、カメラ越しだからと気を抜かずに身だしなみはしっかり整えましょう。

女性は髪型と化粧にも普段とは違った工夫を。WEB面接では照明やカメラの影響で画質や明るさに差があり、本来より暗く見えてしまうことが考えられます。髪は耳にかけたり結んだり、しっかり顔が見えるようにして、化粧も自分の顔が少しでも明るく見えるように意識をしましょう。

POINT
  • スーツをきちんと着用して緊張感を保つ!
  • 髪型とメイクで顔が明るくハッキリ見える工夫を!

面接中の注意点

ハッキリゆっくり話す

面接中はいつも以上にハッキリ、ゆっくり話すことを意識しましょう。マイクとの距離や端末によって面接官に聞こえるボリュームに差が生じたり、ネットの環境によっては伝わるのに若干のタイムラグが生じたりすることもあります。モゴモゴ話したり早口で話したりして、声が聞きづらい状態が続くのは評価を落としかねないので、面接のはじめに声のボリュームなど聞き取りやすさに問題がないか一度確認してみると良いかもしれません。

POINT
  • ハッキリゆっくり話す!
  • 相手に聞こえるボリュームの違いやタイムラグを面接のはじめに確認!

カメラを見る

面接中は画面に映る面接官の顔や目ではなく、カメラを見て話すようにしましょう。画面を見て話すと面接官からはあなたと目が合わず、下を向いて話しているように見えてしまいます。「もしかしてカンペを読んでいる?」という誤解をされてしまう可能性もあるので、カメラをまっすぐ見て目が合うように話しましょう。また、カメラを上から見下ろすような角度で話すと面接官は見下されているような視線を受けることになります。印象はよくありませんので、カメラは自分の顔の正面に置くことを意識しましょう。

POINT
  • 画面ではなくカメラを見て話す!
  • カメラは極力見下さず、顔の正面の位置に!

イレギュラーにも冷静に対応する

WEB面接ではイレギュラーな事態にも冷静に対応することが重要です。例えば面接官からの質問がうまく聞き取れなかった時、なんとなく答えてしまうと本来されていた質問から回答がずれてしまい、面接官からの評価を下げることにつながります。対面での面接では質問が聞き取れないことはあまりないため、聞き直すことに罪悪感をもってしまうかもしれませんが、WEB面接においては一層確実なコミュニケーションをすることが重要です。質問が聞き取りづらかったときは丁寧に聞き直すようにしましょう。

また、ネット環境やツールの不具合で突然接続が切れてしまうことも考えられます。その際も慌てず冷静に対処しましょう。突然接続が切れてしまったら、まずは電話かメールで担当者に連絡をし、指示をあおぎましょう。

POINT
  • 面接官の声が聞き取りづらかったときはきちんと聞き直す!
  • 突然接続が切れてしまっても慌てず担当者に連絡!

以上、はじめてのWEB面接で失敗しないための注意点をまとめました。WEB面接では画面に映る背景や自分の様子、言動のそれぞれが評価に大きく影響するため、しっかり事前準備をしてとにかく冷静でいることが重要です。新型コロナウイルスの感染拡大により、一部では採用を一時的にストップしている企業も見られますが、WEB面接に切り替えて引き続き積極的に採用活動を行っている企業もたくさんあります。WEB面接を受ける機会は今後どんどん増えてくることが考えられるため、まわりのライバルよりも早くWEB面接に慣れて、コツとチャンスを掴んでいきましょう。

ワークポートの転職コンシェルジュは電話面談などオンライン上でのやりとりの経験が豊富です。自分の感情を伝えたり、相手とうまくコミュニケーションをとったりするためのコツをアドバイスしたり、WEB面接に対する不安を解消することも可能です。ぜひ転職コンシェルジュに転職のサポートをお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職&お仕事コラム

カテゴリー

タグ検索

転職&お仕事コラム

おすすめコンテンツ

ワークポートの転職サービス

  • 転職コンシェルジュの「転職相談サービス」
  • 履歴書・職務経歴書簡単作成「レジュメ」
  • 転職活動支援アプリ「eコンシェル」
  • 無料講座「すぐに転職講座」
  • 無料エンジニアスクール「みんスク」
  • ソフト開発/システムエンジニア系
  • クリエイティブ系
  • ネットワーク系
  • サポート系
  • 研究、製品開発/品質・評価系
  • コンサルタント・プリセールス系
  • ゲーム関連
  • ものづくり系エンジニア
  • 金融・保険・証券
  • 建設・土木・プラント
  • 不動産
  • 営業系
  • 事務・管理系
  • 企画系
  • マーケティング・プロモーション系
  • 役員
  • 販売・サービス系
  • その他専門職系
  • 未経験・第二新卒系
  • その他

ソフト開発/システムエンジニア系

クリエイティブ系

ネットワーク系

サポート系

研究、製品開発/品質・評価系

コンサルタント・プリセールス系

ゲーム関連

ものづくり系エンジニア

金融・保険・証券

建設・土木・プラント

不動産

営業系

事務・管理系

企画系

マーケティング・プロモーション系

役員

販売・サービス系

その他専門職系

未経験・第二新卒系

その他

  • 北海道・東北
  • 関東
  • 甲信越・北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
  • 海外

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

海外

詳細条件から探す

  • 業種
  • 年収
  • 年齢
  • キーワード

業種

年収

年齢

キーワード