転職コラム

2020年6月19日

転職成功を掴み取れ!「コロナ不況下」における選考突破のためのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職成功を掴み取れ!「コロナ不況下」における選考突破のためのポイント

新型コロナウイルスが経済に与える影響は大きく、今や転職市場は「売り手市場」から「買い手市場」へと変化しています。全体的に多くの企業が採用人数を絞ったり、選考基準を上げるなどして慎重に採用を進める傾向が見えてきました。こういった状況下ではこれまで通りのやり方で転職活動を行っていても、なかなか選考に進めない場合があります。とはいえ、転職を先延ばしにしてしまうと今後さらに状況が厳しくなってしまった場合、今度は転職すること自体を諦めなくてはならないことにもなりかねません。先が読みづらい状況であるからこそ、本気で転職を考えているなら今のうちに動き始めておくことをおすすめします。今回はこの時期に転職活動をする上で具体的にどうするべきなのか、まずは第一関門である書類選考を突破し、一次選考へ進むという観点から徹底解説していきます。

「選考突破」に向けてやるべき大切な5つのポイント

1.まずは求人への「応募数」でカバー!

一般的な書類選考の通過率は20%、面接通過率は30%といわれており、1~2社の内定を獲得するにはおよそ20~30件の求人への応募が目安となります。しかしながら選考のハードルが高くなっている今、そのいずれの数値も落ち込んでいます。内定率においては平常時と比較して半分程度にまで低下しているとも。
こういった状況で書類選考の通過率を上げるためには、まず思い切ってたくさんの求人に応募をすることが肝心です。おおよそ平常時の2倍、50~60件の求人へ応募することを目指してください。

2.書類選考に落ちても諦めず、前向きに!

もし書類選考に落ちたとしても、卑下したり諦めたりする必要はありません。そもそも厳しい状況なのですから、気持ちを切り替えてどんどん次に進みましょう。そうしていくうちにあなたに合う企業に出会えるはずです。ただ、数多くの企業に応募しているのにも関わらず選考に落ち続ける場合は、そもそもスキルや経験が合っていない採用の可能性が低い企業ばかりを選んでしまっていることが考えられます。その場合は一度立ち止まって、再度自分自身のスキル・経験の棚卸しを行い、どんな企業ならば活躍できる可能性があるのかを見直してみてください。企業を選ぶ際は一度固定概念を取り払って、できる限り視野を広げてみるようにすると可能性も広がります。自分自身にどんな企業が合っているのかわからない場合は、転職のプロである転職エージェントの意見を聞いてみるのもおすすめです。第三者の意見を聞くことで新しい方向性に気づけることもあります。

3.スピードを意識してライバルに差をつける!

企業の採用枠が絞られている一方、求職者の数は徐々に増えてきています。1つの求人に複数の応募者がいるということを念頭に置いて、気になる求人があれば即応募するくらいのスピード感を意識しておくことが大切です。特に「急募」の求人などは、応募が数時間遅れただけでも受付終了となってしまう場合があります。ライバルに差をつけるためにも初動は素早く!新着求人など鮮度の高い情報を常にチェックしておくこともおすすめです。
また、企業からの連絡には‟即レス”を心掛けましょう。ライバルに差をつけるためであることはもちろんですが、レスポンスの早さでやる気や本気度をアピールすることもできます。返信する内容を考えるのに時間が必要な場合でも、「確認して●●までにご連絡します」など、何らかのリアクションを返しておくことをおすすめします。

null

4.わかりやすく見やすい応募書類で通過率アップ!

書類選考通過のカギを握るのはなんといっても履歴書・職務経歴書。応募書類作成に関しては、焦りは禁物です。じっくりと時間をかけてスキルや経験の棚卸しをしたうえで、アピールしたいポイントをしっかりと落とし込んでいきましょう。どうやって書けばよいかわからないという人は、インターネット上にあるものや転職エージェントなどが用意しているフォーマットを活用すると比較的スムーズに作成できます。自分なりに見やすいものをチョイスしてみてください。
また、採用担当者は一日に何人もの履歴書・職務経歴書を見ます。採用担当者の8割はななめ読み、またはキーワードだけを拾い読みするという調査データ(https://www.workport.co.jp/recruit_data/detail26.html)もあります。
職務経歴書などは冒頭部分にアピールしたいことをまとめて書くなど、最も伝えたい内容が端的に伝わるよう工夫しましょう。見やすくわかりやすい応募書類は確実に書類選考の通過率をアップさせます。手を抜かず準備は万全に!応募書類作成に不安がある人はこちら(http://u0u0.net/h6vf)の記事も参考に。また、転職エージェントでは応募書類作成のアドバイスや添削も行っているのでぜひ活用してみてください。

5.WEB面接の受験環境も整えておこう!

新型コロナウイルスの影響で、大半の企業は対面の面接からWEB面接に移行しています。何度も言いますが企業が採用人数を絞っている状況下では、選考はスピード勝負です。書類選考に通過したらすぐに一次面接の対応ができるよう、あらかじめ以下に挙げたようなWEB面接でよく使われるツールを利用できるように準備しておきましょう。また自宅でWEB面接を受けるにあたっての環境や準備を整えておくとも忘れずに。準備の際にはこちら(http://u0u0.net/rFiv)の記事を参考にしてみてください。

WEB面接でよく使用されるツール
  • Zoom
  • Skype
  • Googleハングアウト
  • Microsoft Teams
  • Whereby

5.ひとりで不安なら迷わずプロを頼る!

ここまで述べてきたように、平常時の転職活動に比べてこの時期の転職活動は少々コツがいります。初めての転職の場合、特に不安を感じる人もいるかもしれません。また転職経験がある人でもいつもよりもたくさんの企業に応募するため日程調整等に苦労するなど、ひとりで行う転職活動に限界を感じることがあるかもしれません。そういった不安を少しでも感じているならば転職エージェントの力を借りるのも手です。経験豊富な転職エージェントはあなたの転職活動がスムーズに進むようサポートしてくれるほか、保有している業界情報も豊富です。市場には出回っていない非公開情報などからもマッチする求人を提案してくれるので効率よく情報を得て行動することができます。ほかにも応募書類の添削や書類の提出、個々に合わせた面接対策、キャリアプラン設計のサポートなどもしてくれるためぜひ活用してみましょう。

null

先の読めない厳しい状況ではありますが、これらのポイントをしっかりと押さえてまずは一次選考に進むことを目標に、ポジティブに転職活動を進めていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職コラム

カテゴリー

タグ検索

転職コラム

一覧を表示する

TOPへ