転職コラム

2020年9月11日

VUCA時代に必要とされる人材になるには!
いま特に鍛えるべきヒューマンスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VUCA時代に必要とされる人材になるには!</br> いま特に鍛えるべきヒューマンスキル

近年IT技術は急速に進化し、様々なビジネスモデルやサービスがうまれては短期的に入れ替わってきました。そして2020年、世界中に今もなお影響を及ぼしている新型コロナウイルスの感染拡大により、現代社会は特に変化が大きく先が見通せない「VUCA時代」と言われています。
 今後も社会情勢や企業のあり方、個人の働き方が大きく変化していく中で、ビジネスマンとしての自分の市場価値を高めるにはどのような能力を鍛えるべきなのか、今回は業界や職種に関係なく、VUCA時代に必要とされる人材になるために鍛えるべきヒューマンスキルをご紹介します。

VUCAとは

「VUCA」とは「Volatility(変動性)」「Uncertainty(不確実性)」「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(曖昧性)」の頭文字をとった言葉で、先が見通せない予測不能な状況のことを表します。もともとアメリカの軍事用語として用いられてきましたが、2010年以降急速に経済のグローバル化が進み、ITの技術も進歩してこれまでの社会情勢から大きく変化したことにより、ビジネスでも用いられるようになりました。
 2020年、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るったことにより、昨年まで予想していなかった生活を強いられることとなり今後の社会情勢はますます見通しがつかなくなりました。新型コロナが終息するまで、そして終息した後もニューノーマルとして新しい生活様式に適応していくことが求められるといわれていますが、それがいつになるのか、どのような生活様式になるのかはまだ予測できない状況といえます。

null

今後必要とされる人材になるためには

新型コロナウイルスの感染拡大以降、大企業を筆頭に多くの企業でテレワークの常態化やオフィスの縮小が行われています。今後はますますの終身雇用制度崩壊、メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用への移行などが見込まれているため、一人ひとりの能動的なスキル向上とより具体的なキャリアプランの形成が重要となってくるといえます。ビジネスマンとしての市場価値を高めるうえでは、業界や職種に特化した専門スキルのほか、ヒューマンスキルを鍛えることも重要です。

言語力

テレワークが急速に普及し、今後は業務上のコミュニケーションも対面ではなくオンライン上で行われることが増えていくと考えられます。そのため、簡潔に適切な言葉で誤解のないように用件を伝達できる能力が求められます。言語力を鍛えるには、インプットとアウトプットを繰り返すことが有効です。本や新聞から、文章の内容を正しく読み取ったり語彙力を増やしたりしてインプットを行い、日報やSNSを通して第三者に伝わりやすい文章を書く練習をするなどして言語力を鍛えていきましょう。
仕事で利用するオンライン上でのコミュニケーションについては以下のコラムもぜひ参考にしてみてください。

リモートワークの効率を圧倒的に向上させる “テキストコミュニケーション”のコツ

情報処理能力

IT技術の急速な進化により、現代ではSNSも生活に深く結びつき多くの情報が簡単に手に入れられるようになりました。個人が情報を発信するハードルが下がったことにより、一方ではフェイクニュースやデマの拡散といった流出する情報の正確性も課題となっており、間違った情報が拡散されて世間が混乱する様子も度々見受けられます。ビジネスにおいては、正しい情報を信頼性の高いソースから手に入れることができるかといった情報処理能力が今後ますます重要になっていくでしょう。私生活でSNSを使う人はネットリテラシーを養い、偏った視点だけで情報を鵜呑みにしない客観的視点をもつ意識をしましょう。
また、効率よく必要な情報を手に入れるための検索力も重要となります。信頼できる情報を発信している機関やメディアを日頃からリストアップしておくなどして、仕事の生産性を高めていきましょう。
SNSを使ううえで日頃から気をつけるべきマナーについては以下もコラムも参考にしてみてください。

勤務先や採用担当者も見ているかも!? 社会人が守るべきSNSのマナー!

計画力

これからは、従来の企業が社員に仕事を割り当てる「メンバーシップ型雇用」から、仕事に対して人材を割り当てる「ジョブ型雇用」に移行する企業が増えると言われています。これまで企業が社員の仕事量やスケジュールを管理していた状態から、個人が自分の仕事内容やスケジュールを管理することが今以上に必要となるため、日頃のスケジュール管理のほか自分のスキルやキャリアプランを整理する計画力が重要となります。テレワークが普及することで残業の意識が薄まり仕事と私生活の境界も曖昧になるため、生活のメリハリや仕事の優先順位の判断など、高いクオリティを保ちながら余裕をもったスケジュールを組める計画力を鍛えていきましょう。日頃のスケジュール管理にはパソコンやスマホから管理できるツールを活用するほか、キャリアプランの形成には最新の業界情報を収集するため定期的に転職エージェントを利用することもオススメです。
メンバーシップ型雇用とジョブ型雇用については以下のコラムも参考にしてみてください。

ニューノーマルの働き方はどうなる? 今注目の「ジョブ型雇用」を徹底解説

null

以上、今後VUCA時代の中で求められる人材になるために鍛えるべきヒューマンスキルをご紹介しました。求められる人材像や能力は今後の社会情勢によって逐一変化していきます。常に新しい情報にアンテナを張り巡らせて、自分がこれからどんな環境でどのように働いていきたいのかキャリアプランを具体的に練り上げていきましょう。そのプランを実現させるためには、専門的な業務スキルのほか、ヒューマンスキルも鍛えていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職コラム

カテゴリー

タグ検索

転職コラム

一覧を表示する

TOPへ