転職&お仕事コラム

転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!

2024/2/8

6

【面接前必見】逆質問とは? やってはいけないNG回答と面接官に刺さる効果的な逆質問例

【面接前必見】逆質問とは? やってはいけないNG回答と面接官に刺さる効果的な逆質問例

面接の終盤に「何か質問はありますか?」と聞かれ、応募者側が企業に向けて質問することを逆質問といいます。面接において定番の流れですが、事前に質問内容を用意しておらず戸惑ってしまった経験がある人や、何を聞いたらいいのかわからず苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな逆質問にそもそもどんな意味があるのかを解説し、避けたほうがよいNG回答と迷ったときに使える効果的な質問内容を例文とともにご紹介します。

面接官は何を見ている? 逆質問の目的と効果

企業が逆質問を通してチェックするのは、主に以下のようなポイントです。

入社意欲、志望度

本気度の高い応募者は、面接前に入念な企業研究や具体的な入社後のイメージをしてくるものです。それが感じられるような一歩踏み込んだ質問が出てくるか、自社に対して本当に興味関心を持っているか、というように、逆質問から入社意欲や志望度を見極めようとしています。

コミュニケーション能力

自身の考えや知りたいことを的確に言語化して主体的に質問をすることができるか、相互的に会話を進められる柔軟な対応力や会話力があるかなど、応募者の人柄やコミュニケーションスキルを確認する意味もあります。

企業との相性

逆質問の内容やその後の会話を通して応募者の考え方や価値観を知ることで、企業風土や方針などとの相性を判断しようとしています。また、応募者側の疑問や不安を解消しつつ、認識のズレやミスマッチを防ぐ狙いもあるでしょう。

面接の逆質問にはこうした目的があります。つまり、効果的な逆質問をすることができれば、企業が求める素養にマッチするというアピールにもなるのです。

null

やってはいけないNG回答と面接官に刺さる逆質問例

要注意! NGな回答パターン

「特にありません」
そもそも質問をしなかったり、その場で考え込んで長く沈黙してしまったりすると、企業に対する興味関心が薄く、企業研究や面接対策が不十分と受け取られ、入社意欲や志望度が低いと判断される恐れがあります。

「御社の事業の強みはなんですか?」
ホームページなどを見ればすぐにわかるような内容の質問は避けましょう。きちんと企業研究をしていない=本気ではない、と思われやすいです。また、面接の中で説明を受けたことに対して深掘りするのはOKですが、内容が重複する質問をすると話を聞いていないという印象を与えてしまうためNGです。

「有休や長期休暇は取れますか?」
給与・残業・福利厚生など待遇面のことばかりを質問したり、待遇面に関する質問をする際に言い回しを工夫せずストレートに聞いてしまったりすると、業務のことよりも条件面を重視していると思われ、印象が下がってしまう可能性があります。

迷ったらこれ! 使える逆質問例

「入社後いち早く活躍するために、今から取り組んでおくべきことや習得できるスキルはありますか?」
入社を想定した具体的な質問をすることで、企業への本気度や熱意を示すことができます。また、自ら学ぶ姿勢や成長意欲のアピールにもなります。

「ホームページにあった今後の海外展開ですが、販売チャネルはどのようなものを想定しておりますでしょうか?」
持っている情報を深掘りする質問も効果的です。企業について事前にしっかりと調べてきていることや、そのうえでより理解を深めたいとする前向きな姿勢が伝われば、面接官に好感を持ってもらいやすいです。

「御社のオープンな文化に魅力を感じているのですが、情報共有や透明性の向上のために具体的に何か取り組まれていることはありますか?」
魅力を感じている点や自身の価値観を伝え、社風とのマッチ度をアピールしながら質問をするのもひとつの手です。働くイメージをより具体的に持ちたいとする姿勢も好印象につながります。

null

面接において逆質問を重視している企業は多いですが、ただ質問をすればよいというわけではありません。採用のプロからすれば、質問の深さや鋭さでその人の実力はなんとなくわかってしまうもの。実際にワークポートの転職コンシェルジュが企業の人事担当者から「深い逆質問をしてきてほしい」といった要望を聞くことも少なくありません。

逆質問の質を上げるために、まずは企業研究を徹底しましょう。その中で浮かんだ疑問を逆質問とすることで、自身のアピールとして活用することができます。チャンスを逃さないためにも、逆質問を意識しながら企業研究をしておくことが大切です。質問内容や聞き方に不安やお悩みがある場合は、ワークポートの転職コンシェルジュに相談すれば応募先に合わせた具体的なアドバイスを受け取ることもできます。

また、実際の面接の中で発生した疑問点や深掘りしたい点を逆質問とするのもよいでしょう。必要であれば面接官に了承を得たうえでメモを取っておき、「先ほどお話にあった○○ですが…」というように聞けばOK。面接官の言葉を注意深く聞いていたことが伝わるような逆質問は印象アップにつながります。ぜひ参考にしてみてください。

専任の転職コンシェルジュが、
あなたの転職活動を成功まで導きます。

あなたの可能性を最大限に広げます。
ワークポートの無料転職相談サービスを
ご利用ください。

転職コンシェルジュと一緒なら、可能性はもっと広がる。
  • ソフト開発・システムエンジニア系
  • クリエイティブ系
  • 通信・インフラエンジニア系
  • ヘルプデスク・ユーザーサポート
  • 研究、製品開発/品質・評価系
  • コンサルタント・プリセールス系
  • ゲーム制作関連
  • ものづくり系エンジニア
  • 金融・保険・証券系
  • 建設・土木・プラント・設備
  • 不動産専門職
  • 営業系
  • 事務・管理系
  • 経営企画・事業開発
  • マーケティング・プロモーション系
  • 役員
  • 販売・サービス系
  • 物流・運輸・購買
  • 製薬・創薬系
  • 医療系専門職
  • 福祉・保育・介護
  • 未経験・第二新卒系
  • 教員・公務員・その他専門職

ソフト開発・システムエンジニア系

クリエイティブ系

通信・インフラエンジニア系

ヘルプデスク・ユーザーサポート

研究、製品開発/品質・評価系

コンサルタント・プリセールス系

ゲーム制作関連

ものづくり系エンジニア

金融・保険・証券系

建設・土木・プラント・設備

不動産専門職

営業系

事務・管理系

経営企画・事業開発

マーケティング・プロモーション系

役員

販売・サービス系

物流・運輸・購買

製薬・創薬系

医療系専門職

福祉・保育・介護

未経験・第二新卒系

教員・公務員・その他専門職

  • 北海道・東北
  • 関東
  • 甲信越・北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
  • 海外

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

海外

  • 職種
  • 勤務地
  • 業種
  • 年収
  • 年齢
  • キーワード

職種

  • ソフト開発・システムエンジニア系
  • クリエイティブ系
  • 通信・インフラエンジニア系
  • ヘルプデスク・ユーザーサポート
  • 研究、製品開発/品質・評価系
  • コンサルタント・プリセールス系
  • ゲーム制作関連
  • ものづくり系エンジニア
  • 金融・保険・証券系
  • 建設・土木・プラント・設備
  • 不動産専門職
  • 営業系
  • 事務・管理系
  • 経営企画・事業開発
  • マーケティング・プロモーション系
  • 役員
  • 販売・サービス系
  • 物流・運輸・購買
  • 製薬・創薬系
  • 医療系専門職
  • 福祉・保育・介護
  • 未経験・第二新卒系
  • 教員・公務員・その他専門職

ソフト開発・システムエンジニア系

クリエイティブ系

通信・インフラエンジニア系

ヘルプデスク・ユーザーサポート

研究、製品開発/品質・評価系

コンサルタント・プリセールス系

ゲーム制作関連

ものづくり系エンジニア

金融・保険・証券系

建設・土木・プラント・設備

不動産専門職

営業系

事務・管理系

経営企画・事業開発

マーケティング・プロモーション系

役員

販売・サービス系

物流・運輸・購買

製薬・創薬系

医療系専門職

福祉・保育・介護

未経験・第二新卒系

教員・公務員・その他専門職

勤務地

業種

年収

年齢

キーワード