MENU

この上ない喜びと、
最大級の幸福をあなたに。

NEWS

ワークポートグループは、業界・職種に専門特化した転職エージェントです。

会社概要 採用情報 個人向けサービス 法人向けサービス

ニュースリリース

【LGBTに関する企業の意識調査 Vol.1】結果報告
63%が「LGBTであることがわかっても採用に影響しにくい」と回答。

2017年8月14日

総合転職エージェント株式会社ワークポート(東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、ワークポート取引企業272社に向けて実施した『LGBTに関する企業の意識調査』の結果をお知らせします。


【調査結果 概要】
■LGBTの採用やLGBT社員の支援をすることは積極的にすべきと回答する企業は24%

■採用選考時にLGBTであることがわかっても、63%が採用に影響しにくいと回答

■LGBT関連でこれまでに社内的な問題を感じたことがあると回答した企業は6割を超えるが、現在LGBTに関する取組みが必要だと感じる企業は33%


【調査結果 詳細】
▼LGBTの採用やLGBT社員の支援に否定的なのは4%のみ
積極的に支援すべきだと回答したのは24%でした。また、72%が「どちらでもない」と回答しましたが、完全に否定的な意見は4%のみという結果となりました。

▼63%の企業がLGBTであっても採用に影響しにくいと回答
採用選考時にLGBTであることがわかった場合、「採用に影響はまったく無い」と回答した企業は全体の26%、「ほぼ無いと思う」と回答した企業は全体の37%で合計63%が採用に影響しにくいと回答しました。

▼6割が問題に直面したことがあると回答するも、取り組みの必要性を感じている企業は33%
LGBT関連でこれまでに社内的な問題を感じたことがあると回答した企業は6割を超えました。
おもに、「社員の理解、意識がたりないと感じる」(16%)、「設備、施設がLGBT対応できていない」(15%)、「カミングアウトされたが対応方法を知らない」(5%)などの意見が挙がりました。しかしながら、現在LGBTに関する取組みが必要だと感じている企業は33%でした。


----------------------------
【調査概要】
 調査内容:転職希望者の意識調査
 調査対象:ワークポート取引企業 [272名]
 調査期間:2017年1月18日~2017年1月23日
 


▼調査結果 掲載ページ(※詳細はこちらをご確認ください)
https://www.workport.co.jp/lp_wpcnt_divecity/

<本リリースに関するお問い合わせ>

企業名株式会社ワークポート
担当者清水 聖子
お電話によるお問い合わせ0120-77-1049(代表)
受付時間月~金 10:00~17:00(祝祭日を除く)
e-mailによるお問い合わせotoiawase@workport.jp
Facebookhttps://www.facebook.com/workport

公式SNS

プライバシーマーク
使用許諾認定事業者
認定番号21000352(04)

各種取扱情報に関する提言

お問い合わせ

Webで問い合わせ メールで問い合わせ 電話で問い合わせ