JOWARD
SOGA

曽我 ジョワード

2016年 新卒入社

転職コンシェルジュ
チームリーダー

きっかけを提供できる人になりたい

HISTORY

2016年にワークポートに新卒入社。入社後、新卒採用担当として、新卒採用を成功させ、その後マネジメントや採用戦略の立案なども経験。

2020年4月より、メーカー等のものづくり領域をメインとした専門部署にて転職コンシェルジュとして従事。

現在は同部署で早期にリーダーに上がり、4名のメンバーのマネジメントも兼務。

「なりたい」のきっかけ

楽しみながら働ける方を増やしたいからです。そのために私は仕事のおもしろさに気づいていただけるきっかけを提供できる人になりたいと思っています。私はワークポートに入社してから新卒採用担当を経験し、現在は転職コンシェルジュとして転職をご希望される方々のサポートをしております。入社してからの4年間で「就職」と「転職」という2つの人生の岐路に関わってきましたが、その中で「我慢することが仕事」「楽しくないことが仕事」「大変なことが仕事」と感じている方が多いことに気づきました。もちろん大変なことも嫌なこともありますが、私はそれを差し引いても仕事はおもしろいものだと考えます。そしてそれに気づくことができれば、もっと人生が豊かになると思っています!

誰かの「なりたい」を実現

「東京でバリバリ活躍したい」と考えていた求職者様の転職に携わったことがあります。その方は生まれも育ちも宮崎県で、私自身地方の出身であったこともあり目標に強く共感したことを今でも覚えています。しかし、気持ちだけではうまくいかないのが転職活動。人物面において非常に素敵な方ではありましたが、シャイな一面があり面接で思い通りのパフォーマンスを発揮できないと悩んでおられました。そこで、本番でもきちんと自分の熱意を伝えられるようになっていただくため、丁寧に面接対策を行い、本番さながらの練習を重ねました。その結果、ご自身の熱い想いをうまく伝えられるようになり、お電話の声にも以前より自信がついたように感じることが多くなりました。そしてついに、ある面接で企業様がその方の熱い想いに心を打たれ、その場で内定を出してくださるというミラクルが起こったのです!念願だった東京での就業が決まり、その求職者様の「なりたい」を実現することができました。

実現のための努力

「今回の転職で実現したいこと」と「人生で実現したいこと」を確認するようにしています。ただ、求職者様もいきなり「人生で実現したいことはなんですか?」と聞かれても答えに困ってしまう人が大半です。そのため、これまでの経験やスキル、その方が大切にしている考え方などを深堀りしながら一緒にキャリアプランを組み立てるようにしています。そうして描いたキャリアプランに合わせて、ベストマッチングする企業様をご紹介していくのですが、企業様の採用状況によってはすぐに100%希望に適う求人をご紹介できないこともあります。その場合は、3年後に理想の企業様に選んでもらうために今必要な経験や環境、やるべきことは何かを考えて、選択肢をご提案するようにしています。求職者様の「なりたい」を実現するためには今の瞬間だけを見るのではなく、長期的な視点を持って納得のいく選択へと導いていくことが大切だと思っています。

これからの「なりたい」

立派な大人になりたいです。元々、『立派なビジネスパーソンである前に、立派な大人になりなさい』というワークポートの教育哲学に胸を打たれて、この会社を選びました。新卒採用担当や転職コンシェルジュの実務を通して、人として立派であり続けることの尊さを感じています。私は今年で28歳になりますが、まだまだ自分に100点満点は付けられません。例えば、「明日は6時に起きてランニングしよう!」と心に誓っていても、翌朝起きたら7時だった…ということもよくあります。人生は選択の連続でできています。自分との約束を守ったときの未来と、破ってしまったときの未来はきっと大きく異なるはず。だからこそ、人としてもっともっと立派であり続け、良い選択をできる大人になりたいと思っています。

就活生の皆さんへ

とにかく自己分析の時間を多くとることをおすすめします!納得できる就職活動を実現するには、自己理解と企業理解が肝になります。しかし、企業理解はある程度で限界がきます。ホームページを見ても、説明会に行っても、OBOG訪問をしても、面接をしても、結局は入ってみないとわからないことだらけです。その反面、自己理解を深めるための自己分析はいくらでもできます。20年以上生きてきて、家族、友人、習い事、部活、出会い、別れの中で喜怒哀楽を感じてきたことがたくさんあると思います。それを振り返り、ご自身の人生を豊かにする職場の条件を言葉で説明できるようにしてみてください。そうすればきっと納得がいく就職活動になりますし、多少不安があっても自信を持って入社できる会社に出会えるはずです。それがワークポートであれば、私は本当に嬉しいです。

    OTHERS

ENTRY

新卒採用エントリーはこちら

リクナビ2022