WORKPORT IT Recruiting Pro.

無料転職相談サービス

ワークポートが提供する『転職コンシェルジュ』とは?
ホテルのコンシェルジュのように。それが私達の目指すところ。そんなサービスを心がけ、皆様に接しています。
不安が伴う転職活動だからこそ安心を提供したい。 初めての転職でも安心してお任せ頂き、あなたの可能性を最大限引き出します。

ワークポートの得意分野

ワークポートの4つの特長

  • 新規求人と非公開求人多数
    専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。
  • 無料セミナーが充実
    転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。
  • スケジュール管理ツールがすごい
    『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。
  • 担当コンシェルジュの変更が可能
    人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。
    あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。

無料相談サービス 

利用者の声

電話やメールでもスピーディーに対応してもらえた。

電話やメールでもスピーディーに対応してもらえた。

不安なところをすぐに解消してもらえた。

不安なところをすぐに解消してもらえた。

想像以上のスピードで仕事が決まりました。

想像以上のスピードで仕事が決まりました。

求めていた業種の求人数が桁違いに多かった。

求めていた業種の求人数が桁違いに多かった。

すぐにでも次の転職をきめたい人にはおすすめ。

すぐにでも次の転職をきめたい人にはおすすめ。

どんどん志望業界の企業にチャレンジすることが出来ました。

どんどん志望業界の企業にチャレンジすることが出来ました。

ゲーム業界に強いとのことで、選ばせていただきました。

ゲーム業界に強いとのことで、選ばせていただきました。

過去に1度利用した事があり、再び利用しようと思いました。

過去に1度利用した事があり、再び利用しようと思いました。

面接虎の巻が非常に参考になり、目からウロコでした。

面接虎の巻が非常に参考になり、目からウロコでした。

コミュニケーションツールのようなツールは他社にはなかった

コミュニケーションツールのようなツールは他社にはなかった

常に進行状況や最新の求人情報が確認できた

常に進行状況や最新の求人情報が確認できた

求人の豊富さ、希望に沿った絞込みが素晴らしかったです

求人の豊富さ、希望に沿った絞込みが素晴らしかったです

面接で勝ち抜くためのアドバイスやサポートをいただけた

面接で勝ち抜くためのアドバイスやサポートをいただけた

1番業界に特化した会社がワークポートさんでした

1番業界に特化した会社がワークポートさんでした

朝早くから夜遅くまで力強いサポートをしていただけた

朝早くから夜遅くまで力強いサポートをしていただけた

前へ

次へ

非公開求人があるため幅広く転職活動ができると思った

非公開求人があるため幅広く転職活動ができると思った

長期にわたり、根気強くサポートして頂けて本当に助かりました。

長期にわたり、根気強くサポートして頂けて本当に助かりました。

個人では到底探すことのできない求人案件がありました。

個人では到底探すことのできない求人案件がありました。

ここまで親切な紹介会社様はあまりないと思います。

ここまで親切な紹介会社様はあまりないと思います。

未経験・初転職だったので、色々な情報を教えていただいた

未経験・初転職だったので、色々な情報を教えていただいた

ミスマッチだと思う点が全くありませんでした。

ミスマッチだと思う点が全くありませんでした。

アドバイス、サポートが非常に親切で支えとなりました

アドバイス、サポートが非常に親切で支えとなりました

とにかくスピード感があり、スムーズに物事が進んだ

とにかくスピード感があり、スムーズに物事が進んだ

自分の知らないゲーム会社を多数紹介していただけた

自分の知らないゲーム会社を多数紹介していただけた

ITに特化した御社のサービスに魅力を感じました

ITに特化した御社のサービスに魅力を感じました

直接聞きにくい事や細かな事もきちんと答えてくれた

直接聞きにくい事や細かな事もきちんと答えてくれた

前へ

次へ

取引先企業

Concierge Report

採用担当者アンケート

前へ

次へ

  • Q.採用したいかしたくないか、面接開始から何秒くらいで判断していますか?

    「面接は3秒で決まる」という説がありますが、みなさんはご存知でしょうか。きっと、たったの3秒で何がわかるの?と疑問に思う方もいるはずです。
    では、実際のところ面接開始から何秒ぐらいで採用するかどうかが決まっているものなのでしょうか。採用担当者に103名に聞いてみました。

    今回「採用したいかしたくないか、面接開始から何秒くらいで判断していますか?」という質問を投げかけてみました。その結果、「3秒」どころか、「1秒で判断する」という回答も多少ありましたが、大よそ「1~5秒で判断する」という人が12%、「5~10秒」が22%、「10~30秒」が24%となりました。一方、「5分以上かけて判断する」と回答したじっくり判断派は17%となりました。総合的に見てみると、「1分以内で判断する」と答えた人が7割にも及んでいることがわかりました。

    面接開始からの1分間を想像するに、入室から簡単な挨拶、自己紹介をし終える程度。だとすると、採用したいかしたくないかは「経験」や「スキル」などで判断されているわけではなく、「第一印象」や「外見」などからもっと直感的に判断されているのだということがわかります。
    やはり「第一印象」は面接を行うにあたってかなり重要なポイントであるといえます。とくに接客や営業などのお客様を相手にする職種などでは、相手に与える印象の良し悪しが仕事に影響してくるため、採用担当者もその点は注意深く見ているようです。

    面接で“何をどのようにアピールするか”ということにはきちんと時間をかけて準備をするけれど、身だしなみや声の大きさ、話し方などにまで気を配らなければいけないということをついつい見落としがちな人も少なくはありません。寝ぐせやスーツ汚れはないか、タバコや体臭は気にならないかなど、身だしなみチェックなどたった1、2分程度でできることです。こんな1、2分で見直せるような簡単なことでみすみすチャンスを逃してしまうのはもったいないですよね。
    これから面接の予定がある方は、今一度自分の第一印象について考えてみてください。見落としがちな小さなことが、人生の転機である“転職”の結果を左右することになるかもしれません。

  • Q.内定を出してから、承諾の返答まで何日まで待てますか?

    転職をするならいくつかの企業を受けてから、“納得のいく1社に決めたい”と思う人も多いはず。しかしながら、内定をもらってからほかの企業の面接の結果が出る前に、内定承諾の返事をしなければならないというケースもあります。
    そんな時、企業はどの程度であれば返事を待ってくれるものなのでしょう。調査をしてみました。

    今回の調査の結果、約半数の採用担当者が「5~7日」(45%)と回答しました。次いで多かった回答は「2週間程度」(24%)で、「1~2日しか待てない」「1ヶ月以上待てる」といった、“極端に短い”また、“極端に長い”回答はごくわずかでした。

    採用担当者によっては「ケースバイケース」だと回答する人もいて、「併願先の結果やご意向に沿って相談に応じる」、「状況による」という意見もいくつか挙がっておりました。
    また、「どうしても採用したい方ならば、1ヶ月でも待つ」などのコメントもあり、採用意欲の高さによっても期間が変わるようです。
    基本的に内定承諾の回答期限を延ばすことは不可能ではなさそうです。しかしながら、欠員を即補填したいというような企業の事情などもあるため、むやみに引き伸ばしすぎるのもかえって悪い印象を与えかねません。
    忘れてはいけないのが、企業も採用活動には決して少なくないお金をかけています。せっかく良い人材に巡り合えたのに、内定承諾期限を延ばされ、結果入社してくれなかったとなれば時間もお金も大きな無駄になってしまいます。本当に入社する意思があるのかどうか疑われてしまっても仕方ありません。転職者はそのことをきちんと理解した上で、スケジュール管理を行ない、どうしてもダメな場合のみ今回の調査結果をひとつの目安として期限を延ばせるかどうか交渉するようにしましょう。

    また、自分でスケジュール管理がうまくできない、自信がない場合は転職エージェントをうまく活用しましょう。転職エージェントは内定承諾期限交渉だけでなく、複数の企業の最終面接の時期をそろえることで、「まだ第一志望の企業の面接が残っているのに、内定承諾期限が明日だ!」というような状態を防いでくれます。

    現在転職活動を行っている方も、そうでない方も内定をもらうことが目標ではなく、入社してしっかりと働くことが目標ということを改めて意識してみてください。もしスケジューリングがうまくいかなければ、せっかくもらった内定も取り消されてしまうことがあるかもしれません。後悔しない転職をするためにも、内定をもらったからと気を抜かず、まずは希望の企業にきちんと入社するまでをしっかり意識して転職活動を行っていきましょう。

  • Q.履歴書・職務経歴書の”誤字脱字”は選考結果に影響を与えますか?

    履歴書/職務経歴書が手書きでもデータでも気をつけなければならない“誤字脱字”。書類を書き終わり見直してみたら何箇所も間違っている部分があった、という経験がある方も少なくないのではないでしょうか?今回はそんな履歴書/職務経歴書の“誤字・脱字”が選考結果に影響するかを調査してみました。

    結果はなんと7割以上もの企業が「影響する」と答えました。

    履歴書/職務経歴書は志望する企業への“手紙”のようなものです。しかもその“手紙”を会ったこともない採用担当者に見せなければなりません。企業の採用担当者からすれば、「文字と写真」だけで転職者の情報を見なければならないため、その文字が間違っていてはかなりネガティブなイメージをもってしまうのも仕方ありません。そういった理由で選考結果に影響してくるのではないでしょうか?

    誰にでもミスはあるものです。しかしながら、誰にでもそのミスを未然に防ぐことができます。書き終わった書類を繰り返し見直すのはもちろんですし、気の知れた仲間がいるのであれば応募書類をチェックしてもらうのもよいかもしれません。また、応募書類を提出するまでに時間があるのであれば、次の日にもう一度読んでみるのも効果的です。
    前もって準備することで精神的に余裕が生まれますし、書いたばかりでは“きちんと書いた”という記憶が新しいためミスに気付きにくいものですが、時間を空けることである程度気持ちがリセットされているのでより細かく読むことができます。

    ぜひこの機会に、“見直すこと”と、“前もって準備すること”の意味をもう一度考えてみてください。その2つをしっかりと行うことができれば、誤字・脱字などの小さなミスでみなさんの可能性をつぶしてしまうことはなくなりますし、時間に余裕を作ることで精神的にも気負いすぎることなく面接に臨むことができます。またもしミスに気付いてしまった時は、しっかりと修正し、修正ができない状況であればネガティブに考えすぎず“今自分にできることは何か”をしっかりと整理をした上で、悔いのない転職活動を心がけてください。それがあなたの可能性を広げることにつながるはずです。

転職者アンケート

前へ

次へ

  • Q.現在の給与に満足していますか?

    「一生懸命働くからには、たくさん給料をもらいたい!」誰もがそう思うもの。
    さて、皆さんは現在の給与に満足していますか?

     今回転職希望者へのアンケート調査を実施したところ、約7割もの人が「満足していない」と回答する結果となりました。

    「満足していない」と回答した理由には働いている環境や個人の基準など、さまざまな要因が挙げられますが、その中でも「業務過多にもかかわらず、それに見合う賃金がもらえていない」という声がもっとも多く挙がりました。一般的な給料をもらっていたとしても、人員不足や、責任のバラつきなどでひとりが抱える業務の量が大きくなってしまったり、労働時間が長くなってしまえば「もっともらってもいいのに」「長い時間拘束されているのに給料が安すぎる」と感じてしまうようです。

    しかし、「満足できない!」といってモチベーションを落とすのは、自分の給料が同年代、同業の方と比べて安いのか高いのかを調べてからでも遅くはありません。知らなかっただけで自分が高い給料をもらっていると知ったら逆に仕事に対するモチベーションが上がるかもしれません。また、仕事の価値は給料だけで決まるわけではありません。仕事をする上で、社会貢献できたり自分の成長につながったりと、価値を見いだせるものはたくさんあります。

    現在の給料に満足している方もそうでない方も、ぜひこの機会に給料以外での自分の仕事をする上での価値を探してみてください。それがあなたの仕事へのモチベーションを上がることにつながるかもしれません。それによって問題点だった給料の低さが改善、緩和されるかもしれません。ぜひ自分らしい仕事へのモチベーションをもって、ネガティブにならずに働けるようになりましょう!

  • Q.今の職場(離職中の方は前の職場)は働きやすい環境ですか?

    【総合結果】 「人間関係」や「オフィス環境」、「通勤時間」など人によって基準はさまざまですが、仕事をする上で“働きやすさ”はとても重要視されるものです。また、「職場の人間関係がうまくいかず、転職を決意した」、「通勤時間が長く耐えられなかったので転職した」など、働きやすさは転職の理由となることも多々あります。
    今回はワークポートを利用する転職希望者に「今の職場(離職中の方は前の職場)は働きやすい環境ですか?」という質問をしてみました。
    結果は「はい」と答えた方が59%、「いいえ」と答えた方が41%でした。「はい」と答えた方のおもな理由として、「社内の風通しが良い」、「上司や先輩と仲良くやっていた」などの人間関係や、「裁量が大きい」、「自分のやりたいことをやっていたから」などの業務内容に関するものが大部分を占めました。逆に「いいえ」と回答した方の主な理由としては、「残業が多い」、「拘束時間が長い」などの勤務時間や、「給料が安い」、「正当に評価されない」などの給与面に関する方ものが大部分を占めました。
    今回は「はい」と答えた人が「いいえ」と答えた人を若干上回る結果となりましたが、働きにくいと感じている人が約4割にも及んでいることは見過ごせません。もちろん人によって感じ方はさまざまですが、もし自分の周りの環境に疑問や不満を感じたら、今回回答した方の主な理由となった「人間関係」、「業務内容」、「勤務時間」、「給与面」を整理してみると、自分の置かれている状態が客観的に見やすくなるかもしれません。

  • Q.「ダイバーシティ」を推進する企業に魅力を感じますか?

    「ダイバーシティ」とは、“性別や人種の違いに限らず、年齢や性格、学歴、身体障害の有無などの異なる多様な人材を受け入れ、生産性を高めよう”という考え方で、注目を集めている言葉です。
    また、最近では多くの企業が優秀な人材の発掘や社会という多様なニーズへの対応のためにこの考え方を重視し、「ダイバーシティ宣言」などを発表しています。

    今回はワークポートを利用する転職希望者に「ダイバーシティを推進する企業に魅力を感じるか?」という質問を投げかけてみました。

    結果は、「魅力を感じる」と答えた方が40%、「どちらでもない」と答えた方が56%、残りの4%の方が「魅力を感じない」と回答しました。
    「魅力を感じる」と答えた転職希望者は、自分が志望する企業が多様な人材を欲しがっているのであれば「自分も雇ってもらえるかもしれない」、「良い環境で働けるかもしれない」という期待が高まり、気持ち的に応募しやすくなると考えているようです。また、社会人として企業で働く上で、生産性を上げる考え方にも賛同できると答えた人が多く見受けられました。
    ただ、今回「どちらでもない」と回答した方が最も多く、まだまだ「ダイバーシティ」という単語が社会に浸透しきっていないことが浮き彫りとなりました。

    今後、グローバル化の進行や少子高齢化による労働力不足が深刻化していくことを考えると、どの企業もこれまで以上にダイバーシティの推進は必須となり、多様性を認める採用に乗り出していくことが予測されます。雇用される側にとっても、多くのチャンスを手にすることができる一方で、激しい変化や多様性にどれだけ順応できるか、対応力が求められていくことになりそうです。

eコンシェル

簡単登録

arrow

プロフィールのご入力

お名前
必須漢字

全角(英数字は除く)で入力してください

全角(英数字は除く)で入力してください

例:和久 太郎

必須カナ

全角カタカナで入力してください

全角カタカナで入力してください

例:ワク タロウ

必須性別
男   

生年月日を選択してください

必須生年月日

生年月日を選択してください

必須ご連絡先メールアドレス
トラブル防止のため会社のものではなく
個人のアドレス入力をおすすめします。

正式な形式で入力してください。

必須電話番号
- - 例:00-1234-5678

半角数字で入力してください。

必須お住まいの都道府県

都道府県を選択してください。

任意直近の経験業種
必須直近の経験職種

経験職種を選択してください。

任意希望勤務地
任意今回の転職に関する
希望、転職理由など