アウトドアの季節到来!新しい趣味にチャレンジするならこれがおススメ

アウトドアの季節到来!新しい趣味にチャレンジするならこれがおススメ

気候も暖かくなり、新しいことにチャレンジするのに絶好な季節になりました。 新生活でバタバタしている人も、寒くて冬は家にこもりっぱなしだった人も、外に出て思いっきりリフレッシュできる趣味を見つけてみませんか? 初心者でも簡単にチャレンジできるアウトドアをご紹介します。


ラフティング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アウトドアスポーツ初心者に、まずおススメなのが「ラフティング」です。
ラフティングとはラフトと言われるゴムボードで川の激流を下っていくスポーツです。一般的にゴムボードは最大7名乗ることが出来るので、友達や家族と一緒に楽しめます。

激流を下るのはスリル満点だけど、インストラクターがちゃんと指導してくれるので安全です。
流れの緩やかな場所では川への飛び込みも体験できるので、存分に自然と触れ合えてストレス発散出来ること間違いなしです。

参加するにはツアーに申し込みをするのが一般的で、有名なスポットとしては群馬県のフォレスト&ウォーター・みなかみベース、高知県の吉野川、岐阜県の長良川などがあります。
本格的に始めたい人にも、最近では国内でいくつか大会も増えてきているスポーツです。

SUP(スタンドアップパドルボード)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

名前は聞いたことがなくとも、このスポーツをリゾートや観光地で目にしたこともある人も多いのではないでしょうか。
SUPは穏やかな波の上をボードとパドルを使って進んでいくスポーツで、老若男女問わず人気があります。
朝焼けの美しい景色を満喫しながら楽しめるツアーでは、インスタ映えする写真を撮れるとあって体験する人も増えています。
SUPヨガという合体アクティビティもメジャーで、穏やかな波の揺れと自然の美しい景色で心身共にリフレッシュすることが出来ます。

おススメのスポットはやっぱり沖縄県!関東地方では湘南でも体験することができます。

ボルダリング

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

こちらも年々人気を集めているスポーツです。
ボルダリングの魅力は何といっても、仕事帰りや週末に手軽にできるところです。
首都圏では沢山のボルダリングジムがオープンしていますし、地方でも段々と数が増えつつあります。
ロープを使わずにカラフルな岩を使って登っていくこのスポーツ。腕と指の筋力が鍛えられますが、同じくらい頭脳も使わなくてはいけないので脳トレにもなり、その面白さにハマる人は沢山います。

本格的に山を登りたい人にも、室内で天候に左右されずトレーニングが出来るのがいいですね。

パラグライダー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

大空を鳥のように飛行できるパラグライダーは、上空を飛行するスポーツの中でも一番シンプルで習得しやすいのが魅力です。
シンプルと言っても、その日の気候や気圧によって飛び方を見極める知識が必要になります。自分自身の感覚で上空を散歩できるその奥深さもパラグライダーの魅力の一つです。

全国には数十か所、パラグライダーを体験できるスポットがありますが、鳥取県では鳥取砂丘を上空から一望することが出来ます。また、鹿児島県では綺麗な奄美の海を望みながら飛行出来るので、それぞれのスポットで違った景色を体験してみるのも良いかもしれませんね。

パラグライダーを体験するなら、まず5メートルまで飛行できる体験コースから始めるのがおススメです。短い距離ではありますが、一人で飛行するスリルとふわっとした感覚にクセになること間違いなしです。もっと高く長時間楽しみたいなら、標高1200メートル以上から、条件が良ければ30分ほどプロのインストラクターと飛行できるタンデムコースがあります。
ライセンスコースでパラグライダーをマスターすれば、壮大な景色を独り占めできます。

国内にはJPA(日本パラグライダー協会)公認のスクールや保険なども存在しますので、アウトドアスポーツを本格的に始めたい人には打って付けです。

まとめ

興味があるアウトドアスポーツはありましたか?
どれも初心者でも国内で簡単に体験できるので、一度友人や家族と一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。新たに共通の趣味を持つ仲間とも出会えるかもしれません。
暖かい季節、外に出て思いっきり楽しみましょう。

関連するキーワード


趣味 アウトドア スポーツ

関連する投稿


趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味にかかる費用は、いくらまで出すことができますか。一ヵ月に趣味のために一万円以上のお金をかけるのは、生活に支障をきたす可能性も。本来の趣味は、ストレス発散や癒しの時間です。ですからコストがかかりすぎて、逆に負担を感じながら趣味を続けるのは本末転倒になってしまうでしょう。しかし中には、こだわりを持って趣味を続ける人も少なくありません。そこでこれから趣味を見つけようとしている人に知っていただきたいのが、趣味の費用で高額なものについてです。働いたお金が全て趣味で消えてしまった…ということにはなりたくありませんよね。そのためには、これから事前にチェックしておきましょう。


30代から始める趣味のオススメ~忙しい生活でもできるリフレッシュ~

30代から始める趣味のオススメ~忙しい生活でもできるリフレッシュ~

30代から趣味を始めたいという人も多いでしょう。ですが忙しい生活の中で、趣味に費やす時間を見つけるのは決して簡単ではありません。しかし趣味があると心が豊かになり、気分転換ができるのでさらに普段の生活のメリハリがつけやすくなります。でも年齢を考えると、自分に適した趣味がわからないという人もいるでしょう。趣味は、興味や関心を持つことを中心にして探すことがポイントです。また継続するためには、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切です。そこで早速ですが、30代の趣味としてオススメをいくつかご紹介しますのでぜひ趣味選びの参考にしてください。


カリグラフィーを新しい趣味に~練習方法と楽しみ方~

カリグラフィーを新しい趣味に~練習方法と楽しみ方~

カリグラフィーの趣味は、書道やペン習字が好きな人にも好評を受けています。アートのような文字が、あらゆるところで活躍しているといえるでしょう。文字の世界はとても奥が深く、綺麗に字を書くだけではありません。上手く個性を活かして素敵に書くことで、絵画のように幅がどんどん広がるのです。最近は、若い女性にも注目されているカリグラフィーの趣味。やってみようかな…と興味がある人は、まず基礎から覚えていきましょう。カリグラフィーのスキルが身につくと、バースデーカードを書く時などあらゆる場面の装飾が楽しくなります。趣味がなくて困っている人も、ぜひ始めてみてくださいね。


マスキングテープの趣味は貼るだけじゃない!楽しみ方のバリエーション

マスキングテープの趣味は貼るだけじゃない!楽しみ方のバリエーション

マスキングテープを趣味にしている人が、近年とても増えています。しかし「テープで一体なにが楽しめるの?」と、不思議に思う人も多いはず。カラフルなプリント柄が素敵なマスキングテープにあるのは、種類のバリエーションだけではありません。貼る以外にも、楽しみ方がたくさんあるのです。活用方法を知らないと、ただのコレクションになってしまうマスキングテープ。趣味にするためには、100%魅力を理解してあらゆるシーンで活用してみませんか。ひとつ持っているだけでは、物足りないマスキングテープ。衝動買いしたくなる不思議な魅力について、ご紹介していきましょう。


古本屋巡りの趣味は意外とハマる!時間が経つのも忘れる魅力とは

古本屋巡りの趣味は意外とハマる!時間が経つのも忘れる魅力とは

古本屋巡りの趣味は、読書好きにはたまらない至福の時間。ずっと探していた本が見つかることもあり、価値のある古書を宝探しのように探し歩くことも楽しみになるでしょう。電子書籍が普及して、紙の本の存在が貴重になりつつある今の時代。古本屋巡りの趣味は、とても奥の深い喜びを与えてくれそうですね。「趣味はなんですか?」と聞かれて「読書」と答えるのは、とても無難。しかし世の中には読書好きが多く存在し、とびきりの作品に巡り合いたい人も少なくありません。そこで早速ですが、古本屋巡りの趣味にある魅力についてご紹介しましょう。


最新の投稿


彼氏に会いたいと女性が強く思う時

彼氏に会いたいと女性が強く思う時

彼氏に会いたいと女性が思うのは、どのような時が多いのでしょうか。彼氏に会いたい…と思いながらも、気持ちを素直に言えない女性もいますよね。今回は彼氏に会いたいと女性が強く思う時について、お伝えしていきましょう。


ドクターシーラボ、2019年「玉の輿だと思う職業」第1位は!?

ドクターシーラボ、2019年「玉の輿だと思う職業」第1位は!?

株式会社ドクターシーラボは、18-59歳の未婚女性362人に「玉の輿」に関するアンケート調査を実施。その内容を公表した。


趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味にかかる費用は、いくらまで出すことができますか。一ヵ月に趣味のために一万円以上のお金をかけるのは、生活に支障をきたす可能性も。本来の趣味は、ストレス発散や癒しの時間です。ですからコストがかかりすぎて、逆に負担を感じながら趣味を続けるのは本末転倒になってしまうでしょう。しかし中には、こだわりを持って趣味を続ける人も少なくありません。そこでこれから趣味を見つけようとしている人に知っていただきたいのが、趣味の費用で高額なものについてです。働いたお金が全て趣味で消えてしまった…ということにはなりたくありませんよね。そのためには、これから事前にチェックしておきましょう。


2018年度「12月生まれベビーの名づけトレンド」発表

2018年度「12月生まれベビーの名づけトレンド」発表

株式会社ベビーカレンダーは、2018年12月生まれの13,225名を対象に「12月生まれベビーの名づけトレンド」に関する調査を実施。その内容を公表した。


ディップ、求職者が仕事探しで重要視する3大要素を公開

ディップ、求職者が仕事探しで重要視する3大要素を公開

総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社は、同社のディップ総合研究所がアルバイト・パート計3,036名に対して「仕事探しに関するインターネット調査」を実施。その内容を公表した。