世界の天才達に共通する私生活

世界の天才達に共通する私生活

わたしたちが日常で一度は耳にしたことがある有名企業の創立者や偉大な学者達。そんな世界に名を刻む天才達には、共通する考え方や生活習慣がありました。


ショートスリーパー

Getty logo

人間の理想的な睡眠時間は約7、8時間程だと言われています。しかし、世界の天才達の中には短時間しか寝ないショートスリーパーが多くいます。

万能人という異名を持つレオナルドダヴィンチや、発明王のトーマスエジソンは、一日に平均4時間程度の睡眠しか摂らない「ショートスリーパー」であったことで有名です。スティーブ・ジョブスに至っては、2、3時間を数回に分ける分割睡眠をしていました。

では、なぜ彼らのような天才達にはショートスリーパーが多いのでしょうか?
睡眠に当てる時間も閃きと発明に費やしたいという考えや、単純にやる事が多くて寝ている時間が無いからという理由も考えられます。特にエジソンは研究に没頭しすぎて寝る時間も忘れる程だったと言います。彼には何を何時間やる、という決められた概念は無かったようです。また、彼らにとっては、何時間寝なくてはならないと考える事ですら、発明や閃きにとっては無駄な時間になるのです。

さらに、スティーブ・ジョブズのように短時間の睡眠を数回に分ける分割睡眠は、作業効率と脳の活動が更に上がると言われています。
このように、一見不健康な睡眠方法ですが、新しいことを生み出す彼らにはしっかりと理に適っている方法なのですね。

同じ服を着る

Getty logo

出掛ける前にどんな服装で行こうか悩む人は多いですよね。誰と何処に行くかによって身だしなみを変える事もあるかと思います。

先程も登場したアップルのスティーブ・ジョブズや、ソーシャルネットワークFacebookのCEOであるマークザッカーバーグは、ほとんど毎日同じような服装で過ごしているそうです。
また、相対性理論で有名なアインシュタインは、服装にこだわるどころか髪を整えることも無く、靴下は穴が開くと一々取り換えなくてはならないので面倒だという事から、靴下を履かずに過ごしていました。歴史的な場面にでさえボサボサの髪形で登場していたのですから、驚きですよね。

彼らにとって服を選ぶという行為は「決断力の低下」になりえるのです。
世界を動かす程の決断をしなくてはならない仕事を持って生活する上で、毎日何を着て、何を食べようかを決めるのにエネルギーを費やしないようです。

天才でも恋愛は難問

Getty logo

余命わずかと宣告されてから50年以上研究活動を続け、2018年3月に亡くなった理論物理学者のスティーヴン・ホーキングは、女性について質問されるとこう応えました。「女性。全くの謎だ」

常人には理解できない超難問も解いてしまうような天才達でも、恋愛は別のようです。

ただ、多くの偉人はそんな複雑な恋愛を貴重な財産であると考えている人が多いようで、アインシュタインは自身の象徴である相対性の理論に「熱いストーブの上に手を当てたら、1分がまるで1時間くらい長く感じられるだろう。可愛い女の子と一緒にいる時間はどうだい?1時間あったとしても1分程度にしか感じられないだろう。それが相対性さ。」と恋愛を用いて例を挙げていたり、「誰かを愛することは、義務的な教育より多くの事を教えてくれる」という名言も残しています。

偉人の中にはずっと同じ人と伴侶を共にしている方も居れば、離婚、再婚を経験している方もいます。ですが、いずれにしても恋愛上手という訳でも無いようですし、だからといって恋愛が無駄だという価値観を持つ方も少ないようです。

食事は質素?

Getty logo

世界で有名な偉人たちは、毎日贅沢な食事をしているのでは?というイメージを持たれやすいですが、実は質素な食事を好む者が多くいます。

米国で多くの支持者を持っていたオバマ元大統領は、基本的に食事は一日1食だけしか摂らないそうです。しかもその1回の献立の内容も、サーモン、ブロッコリー、ライスとかなりシンプル。こんな食事を長年続けているのだそうです。
Microsoftのビルゲイツは小食な事でも有名ですが、食事にあまりお金と時間をかけないようで普段はハンバーガーとかなり庶民的です。

1日一食のほうが健康にも良いと言われていますが、彼ら天才達は先程の服装選び同様、食事になるべくエネルギーを使わないようにしているのではないでしょうか?毎日ほとんど同じ食事を続ければ、何を食べるかについて決断する時間も省けますもんね。もしくは、一度決めたらそれを長年続ける気質が元々あるという事も考えられます。

まとめ

以上の共通点を見ても世界の天才達はちょっと変わっているけど、意外にも親近感のある私生活であることが分かりますね。
彼らにとって大切なのは時間を有効に使う事、規則性、そして恋愛なのかもしれません。
毎日朝決まった時間に起き、運動をして…等という「discipline」、つまり「規律」を持つことは簡単な事ではありませんが、小さな事でも根気よく続けて「努力」をするのが成功のカギになるのでしょう。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連する投稿


Facebook 仮想通貨Libraの発行延期を発表

Facebook 仮想通貨Libraの発行延期を発表

Facebookは、同社が中心となり進めている仮想通貨「Libra」の発行について、延期することを発表した。


Forbes、世界長者番付を発表。1位は2年連続でベゾス氏

Forbes、世界長者番付を発表。1位は2年連続でベゾス氏

Forbesは、同社の毎年恒例となっている世界長者番付を発表。今年の1位は2年連続でAmazonのジェフ・ベゾス氏と公表された。


Facebook、出会い系サービスの機能を提供へ

Facebook、出会い系サービスの機能を提供へ

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、同社の開発者会議「F8」にて、同社のFacebookに出会い系サービスの機能を追加することを発表した。


Facebookが有料版の導入を示唆。ザッカーバーグ氏が証言

Facebookが有料版の導入を示唆。ザッカーバーグ氏が証言

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、米上院で行われている2つの委員会の合同公聴会で、Facebookの有料版の導入を示唆する証言をした。


最新の投稿


三井不動産 東京ドームへのTOBを正式に発表

三井不動産 東京ドームへのTOBを正式に発表

三井不動産株式会社は、株式会社東京ドームに株式公開買付を実施し、完全子会社化すると発表しました。


一緒にいて飽きない男性が持っている魅力とは

一緒にいて飽きない男性が持っている魅力とは

一緒にいて飽きない男性は、女性から見てどのような魅力があるのでしょうか。飽きない男性に対して女性は、一緒にいて楽しかったりプラスになったりすると感じるもの。このためモテるケースはとても多いでしょう。今回は一緒にいて飽きない男性の魅力について、5つお伝えしていきます。


デートの後に音信不通になる心理には意外なものも!

デートの後に音信不通になる心理には意外なものも!

デートの後に音信不通になる心理に対して、嫌われてしまったのかもしれない…と悩んでしまうケースもあるかもしれません。でも実際には様々な思いが、関係している可能性があるのです。その思いについて理解をしたうえで、今後のやりとりの仕方を考えていきたいですね。今回はデートの後に音信不通になる心理について、詳しく見ていきましょう。


丸井グループ D2Cブランドのキュレーションメディア「5PM Journal」を開設

丸井グループ D2Cブランドのキュレーションメディア「5PM Journal」を開設

株式会社丸井グループの子会社であるD2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー)株式会社は、D2Cブランドのキュレーションメディア「5PM Journal(ファイブピーエム・ジャーナル)」をリリースすると発表しました。


女性が好き避けする理由と嫌い避けとの違い

女性が好き避けする理由と嫌い避けとの違い

「好きな人に冷たい態度を取ってしまう…」このように、好きな気持ちを表に出せず、好きな人を避ける”好き避け”をする女性は多くいます。男性は嫌われたかと心配になることがあるでしょう。ここでは、女性が好き避けをする理由と好き避けと嫌い避けの違いをご紹介します。