【書評】知恵と経験が武器になる!『モダンエルダー 40代以上が「職場の賢者」を目指すこれからの働き方』

【書評】知恵と経験が武器になる!『モダンエルダー 40代以上が「職場の賢者」を目指すこれからの働き方』

人間は、ある程度年齢を重ねると、「もう若くないから…」「もう歳だから…」と、老いを感じるようになります。実際、若いころに比べて体力や記憶力が低下するので、誰もが実感することでしょう。年を取ると、よくないことばかりが先行しますが、実のところこれからの時代は、年長者こそが活躍できる時代だったのです。今日は年長者が、「職場の賢者」となるための知識について学びを深めます。


著者・あらすじ

チップ・コンリー

著述家、ホスピタリティー起業家。1960年生まれ、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。スタンフォード大学でMBAを取得。26歳でジョワ・ド・ヴィーヴル・ホスピタリティーを創業し、24年間にわたってCEOを務め、世界第2位のブティックホテルチェーンにまで育て上げる。2013年、52歳で民泊仲介大手のAirbnb(エアビーアンドビー)社の誘いを受け、グローバル・ホスピタリティー&ストラテジー部門責任者に就任。20歳ほど年下の経営陣や同僚たちと協働し、同社の世界的躍進を支えた。

外村仁(解説)

Bain & company、Apple 社を経て、2000年にシリコンバレーで起業。Evernote 日本法人会長を務めた後、スクラムベンチャーズ、All Turtles、mmhmm等でアドバイザーを務める。勃興するフードテックコミュニティーに早期から参加し、エバンジェリストとして日本でフードテックコミュニティーを形成、「スマートキッチン・サミット・ ジャパン」を共同創設。2020年秋にFood Tech Studio–Bites!を創設し、日本の大手食品メーカーと世界のスタートアップによるオープンイノベーションを推進。

関美和(翻訳)

翻訳家。MPower Partners Fundゼネラル・パートナー。杏林大学外国語学部准教授。電通、スミス・バーニー勤務の後、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガン・スタンレー勤務の後、クレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。

大熊希美(翻訳)

翻訳家。東京都生まれ。カナダとオーストラリアに計12年間在住。上智大学総合人間科学部卒業後、金融業を経てスタートアップへ。テクノロジーメディアTecuCrunch Japanの元編集ライター。

あらすじ

52歳でAirbnb社に移籍し、責任者を務めた著者が、「モダンエルダー」についてまとめます。「モダンエルダーとは?」「モダンエルダーの特徴」「モダンエルダーになるには?」など、新しい時代に向けた理想の“年長者モデル”を公開します。

1. モダンエルダーとは?

モダンエルダーとは直訳すると、「現代的な年長者」ですが、本書では「賢い年長者」を意味します。副題にもあるように、これからの時代、40代以上はこの「モダンエルダー」を目指さなければならないといいます。その理由は、今、企業価値が10億ドルを超える未公開企業が直面している問題を解決できるからです。その企業とは、デジタルネイティブの若き天才たちが活躍している企業です。その多くは経営者として成熟しておらず、リーダーシップ面で困難に直面しているのです。

例えば、ウーバー創業者のトラビス・カラニックは、経営者として未熟なミスを続けたために、取締役会から解雇されました。それを踏まえると、年長者の「知恵」が、今の若い起業家たちには必要だということです。心理学者のダレル・ワージー博士も、「年長者の方が、長期的な利益につながる判断には、はるかに優れている」と述べており、企業に不可欠な「未来を視野にいれた戦略的な判断」は、年長者に軍配が上がるのです。つまるところ、年長者の「知恵」を、若い起業家たちの「天才」に掛け合わせることで、いいとこ取りができるのです。

さらに著者は、こう続けます。「異なる世代が相互に補い合うといった考え方は、現代にぴったりだ」。今、人類は初めて5世代が同じ職場で一緒に働いています。沈黙の世代、ベビーブーマー世代、X世代、ミレニアル世代、Z世代です。人が長生きをするようになり、それにつれて長く働く必要がでてきたからです。時代は自動化の流れもあり、ロボットにはできない賢く思いやりにある力は、他でもないモダンエルダーにあったのです。

2. モダンエルダーの特徴とは?

これからの時代に不可欠とされる「モダンエルダー」ですが、年を取れば誰もがモダンエルダーになれるとは限りません。モダンエルダーとは、一体どんな人のことを指すのでしょうか?著者はモダンエルダーの特徴を「①優れた判断力 ②本物の洞察 ③心の知能指数 ④俯瞰的な思考力 ⑤奉仕の心」の5つをあげます。

① 優れた判断力とは、過去の判断の失敗から生まれた、「経験の賜物」のことを指します。過去に様々なものを見たり、人との付き合い方を経験したりすれば、突如現れる問題に上手く対処できるのです。

② 本物の洞察とは、直感的な洞察力のことを指します。経験の多いモダンエルダーは、様々な情報から瞬時に根源的な課題を見分けることができます。この編集能力というべき力は、年長者しか手に入れることができません。

③ 心の知能指数とは、自分自身の感情を抑制できたり、他者の気持ちに共感できたりする力のことです。モダンエルダーは、自分の気持ちに敏感で忍耐強く相手の感情を読み取ることができる人物です。

④ 俯瞰的な思考力とは、物事を俯瞰してその核心を掴む能力のことです。一般的に、中年になると脳が一段階後退し、記憶とスピードが衰えると言われます。しかし、物事を俯瞰する能力は年齢とともに上がり、臨機応変に1つの側面から別の側面へと切り替えることができます。この能力のおかげで、年長者は様々な部分ではなく、全体を俯瞰できるのです。

⑤ 奉仕の心とは、未来の世代に前向きな影響を与えたいという心を指します。人は年齢を重ねれば重ねるほど、世界から見た自分の立ち位置がわかるようになります。それにつられるように、これまで人生で経験したことや知恵を役立てたいと思うようになるのです。

3. モダンエルダーになるには?

若き天才の道しるべとなる「モダンエルダー」。モダンエルダーになるには、一体どうしたらいいのでしょうか?著者は「①進化する ②学習する ③コラボレーションする ④相談に乗る」の4つの能力をあげています。ここでは、「①進化する」「③コラボレーションする」を取り上げます。

① 進化する

進化とは、「アイデンティティ・ダイエット」のことを指します。「アイデンティティ」とは、キャリア上の独自の資質や特徴のことで、これを刷新することができる能力のことです。著者は「アイデンティティ・ダイエット」のやり方を解説しています。まず、同僚や友人に「わたしのことを思い浮かべる時、どんな特性が見て取れますか?」といった質問をします。そして、「良い特性」と「課題となる特性」を紙に書き出してもらいます。自分でも同じ質問に答え、見比べてみます。そして、自分のアイデンティティがわかったら、その中から最も高めたい資質や特徴を選びます。そして、その特性を伸ばすために、日常生活に取り入れたい習慣や行動を決めるのです。一番のポイントは、変化を受け入れる度量があるか否かです。モダンエルダーになるには、キャリアの再構成が不可欠だからです。

③ コラボレーションする

若いマネージャーの多くは、リーダーシップやチームビルディングについての知識が乏しいのが実態です。モダンエルダーは、若者の指導者という重要な役割を引き受ける必要があり、そのためには若者とうまくコラボレーションしなければなりません。モダンエルダーは、メンバーが不安を抱えることなく、チームは各メンバーとミッションの達成をサポートするものであると感じられる規範を整えます。チームを一つのオーケストラと例えるなら、モダンエルダーは名指揮者で、奏者が奏でるメロディーを束ね、調和のとれたハーモニーを生み出すのです。

まとめ

『モダンエルダー』をご紹介しました。著者は「知恵と天才が対決する必要はない。2つは両立できる」と述べています。一般的に、年長者と若者は考え方の違いから、分断するものという認識があります。しかし、現代は多様な世代が入り混じる職場環境。このような時代において不可欠なのは、お互いがお互いの長所を認め、短所を補うことだったのです。

関連するキーワード


書評 モダンエルダー

関連する投稿


【書評】『成しとげる力』

【書評】『成しとげる力』

みなさんは、コロナ禍で過去最高の売上高を叩き出した企業をご存じでしょうか?精密モーター大手の「日本電産」です。業績が低迷したり、倒産が相次ぐ中、なぜ日本電産は業績を伸ばすことができたのでしょうか?今日は、世界を代表する日本企業の成功ノウハウを伝授します。


【書評】『東大金融研究会のお金超講義 超一流の投資のプロが東大生に教えている「お金の教養と人生戦略』

【書評】『東大金融研究会のお金超講義 超一流の投資のプロが東大生に教えている「お金の教養と人生戦略』

目まぐるしく変化する世界経済。このような時代を生きる上で、必ず身につけておきたいものがあります。それが「お金の教養」です。なぜならお金のことを深く知れば、視野が広くなるからです。そこで今日は、東大生が学んでいるマネーリテラシーについてお届けします。


【書評】『中学生から知っておきたい! 悪い大人にお金をだまし取られない全知識』

【書評】『中学生から知っておきたい! 悪い大人にお金をだまし取られない全知識』

資本主義社会において、お金を稼ぐことは必須です。しかし、稼ぐことばかり考えていたのでは、お金を残すことはできないでしょう。なぜならお金を稼ぐこと同様に、「お金を奪われないこと」も必須となるからです。そこで今日は、お金を騙し取られない知識についてまとめられた一冊をご紹介します。


【書評】『ひとり社長の最強の集客術 ~集客本の決定版!集客の方法・成功事例・本質のすべてが学べる本』

【書評】『ひとり社長の最強の集客術 ~集客本の決定版!集客の方法・成功事例・本質のすべてが学べる本』

「広告費をかけたのに集客できなかった」という経験はありませんか?一体、どこに問題があるのでしょう。ひとつ言えることは、「集客」そのものを考えていたのでは、集客にはつながらないということです。そこで今日は、集客の原理原則とテクニックについてまとめられた一冊をご紹介します。


【書評】『1日ひとつ、自己肯定感を高める365の言葉』

【書評】『1日ひとつ、自己肯定感を高める365の言葉』

「自信がない」「挑戦できない」と悩む人がいます。原因の一つとして考えられるのは、「自己肯定感が低いこと」です。どうしたら自己肯定感を高め、人生を前向きに生きることができるのでしょうか?答えは「新しい言葉に触れること」です。そこで今日は、自己肯定感を高める言葉たちを紹介します。






最新の投稿


年下から好かれる男性がモテる理由はこれ!

年下から好かれる男性がモテる理由はこれ!

年下から好かれる男性にはどのような魅力があるのでしょうか。可愛らしい年下女性から慕われたり、好意を持たれたりすることが多い男性を見ていると、なぜそんなにモテるのかと不思議に感じる例も。今回は年下から好かれる男性がモテる理由についてお伝えしていきますので、気になる年下女性との心の距離を縮めるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。


LINE NFTマーケット「LINE NFT」で体験版「プロフィールNFT」機能をリリース

LINE NFTマーケット「LINE NFT」で体験版「プロフィールNFT」機能をリリース

LINE Xenesis株式会社は、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」において、コミュニケーションアプリ「LINE」のプロフィールアイコンにNFTの設定が可能になる体験版「プロフィールNFT」機能を提供すると発表しました。


琵琶湖ホテル開業88周年!夏休みの思い出になるサステナブルなイベント!

琵琶湖ホテル開業88周年!夏休みの思い出になるサステナブルなイベント!

琵琶湖ホテルは全室レイクビューで、比叡の山々が連なる素敵なロケーションが魅力のホテルです。伝統ある琵琶湖ホテルは今年で開業88周年を迎えるため、今までにはないイベントを開催するとのこと。夏の予定がまだ立てられていない人は、この機会に琵琶湖畔で素敵なひと時を過ごしてみませんか。それでは早速ですが、琵琶湖ホテルの夏のイベントについてご紹介しましょう。


別れをちらつかせる心理は本心ではない場合もある

別れをちらつかせる心理は本心ではない場合もある

別れをちらつかせる心理については、実は本心ではないケースが多いのです。このためあまり動揺をせずに、様子を見ることも必要になるでしょう。なぜ別れたくもないのに、思わせぶりな言い方をするのでしょうか。この心理について把握をすると、接し方が分かるので安心感を持てるかもしれません。今回は別れをちらつかせる心理について、詳しくお伝えしていきますので参考にしてみてください。


苦手な人と上手く距離を置く方法

苦手な人と上手く距離を置く方法

苦手な人がいると、なるべく関係性を持ちたくないと感じますよね。しかし、極端に避けるとトラブルを生む可能性があります。そこで今回は、苦手な人と上手く距離を取る方法をご紹介します。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!


Naoya Inoue cm2022