セルフエステとはどんな方法?癒しの時間を自分で作るコツ

セルフエステとはどんな方法?癒しの時間を自分で作るコツ

セルフエステと聞くと家庭で行う普通のお肌のお手入れだと思いますが、最近はもっと本格的にエステなみのお手入れができる場所が増えています。女性にとってお肌のお手入れはおしゃれの一部でもあり、肌環境が不安定になるとメイクをするモチベーションが下がってしまうことも。


美容グッズは市場に色々と出回っていますよね。美顔器やマッサージローラーなど、高額なアイテムもあり欲しくても手が出せないという人もいるでしょう。美しくなるには投資が必要なのは皆さんご存知のこと。でもエステに通わずお金をかけずに美肌を手に入れることも可能なのです。では、最近綺麗な女性の間で話題になっている「セルフエステ」とはなにか、詳しくご紹介していきましょう。

美しさを極めるにはトラブルを把握することから

エステサロンに行けば、あらゆる器具や化粧品で肌がピンと張って気分もリラックス。でもその変わりに辛いのがかかる費用です。セルフエステとは、自宅にいながらエステのようなお手入れをする美容方法のひとつ。手当たり次第に肌をケアしても、問題点を知らないと効果が実感できません。

たとえば乾燥肌で困っている、シワやたるみが気になる、肌のくすみをなんとかしたいなど。それぞれ自分のコンプレックスをまずは把握しましょう。セルフエステはお手入れするターゲットを絞り、集中してケアすることでトラブルが改善しやすくなるものなのです。

エステに頼りすぎない意識が大切

セルフエステがとてもブームになっている理由は、コスト面の節約がとても大きな魅力ですが、それだけではなくエステに頼りすぎてしまうと、肌の働きが逆に衰えてしまうこともあるのです。テレビで見かける有名人達は、美容にお金をかけるのが仕事のひとつ。しかし一般家庭の人達は毎日エステでマッサージしたり美顔器を使ってケアしたりするのは難しいですよね。

エステはたまに行って気分のリフレッシュ!という人が多いですがその日はとても理想的な肌になっても、数日後からはまた同じ状態に。また専用の器具を使って肌をマッサージすると、逆効果でたるみやすくなるという場合もあります。セルフエステとは、そんな特別感を毎日家で味わうもの。いつでも好きな時にできるのは至福の時間ですよね。

自宅にあるもので美顔効果を手に入れる!

では、セルフエステの一般的な手順をご紹介しましょう。まずは肌の老廃物を流れやすくするために、デトックス効果が期待できる鎖骨部分を軽く刺激してください。リンパ腺の流れが活発になるほど、肌のくすみが改善されて肌に栄養が届きやすくなることも。最初は電子レンジで蒸しタオルを使い、顔に広げて5分間ほど待ちます。

毛穴が開き血行が良くなったら、お手持ちの化粧水をコットン数枚にたっぷりつけ顔全体に貼り付けます。そのうえから目と鼻、口の穴をあけたラップで肌を覆い15分ほど放置しておきましょう。この際に首には電子レンジでチンした温かいタオルをラップで包み首の後ろを温めておきます。首は血流を活発にする太い血管が走っていますのでさらに肌に栄養が浸透しやすくなる効果が期待できます。セルフエステはスキンケアだけではなく、アロマの香り、好きな音楽なども一緒にプラスするとさらにリラックス効果が高くなるでしょう。

食べ物で美肌に良いことをプラスする

セルフエステのやり方に決まった方法はありませんので、快適な空間とお手持ちの化粧品があればそれだけで十分。さらに美肌効果を高めるには肌に良い効果を与えやすくなる、ビタミンやミネラルなどの栄養補給も忘れないように摂取しましょう。セルフエステをする日だけではなく、普段から美容サプリやドリンク、また野菜や果物などをバランスよく食生活にプラスしましょう。

とくに肌に悪影響を与えるのが朝食抜きの生活です。ダイエットをしている人も朝食を抜いてしまうと、胃腸機能の活動が不安定になりやすいので肌の栄養不足を招く恐れもあります。スムージーやヨーグルトなど、肌によい朝食で一日をスタートしてくださいね。

セルフエステサロンを活用しよう

セルフエステをしたいけれどいつもと同じなのはちょっと…という人にオススメなのがコスメショップで提供しているセルフエステです。店内ではスチームやサクションなどの美容器具が用意されていて、化粧水やマッサージクリームなどもすべてありますので、手ぶらで行っても大丈夫。

自分ですべてやるので予算も1000円~3000円程度で、本格的な道具やスキンケア商品を使ってセルフエステができます。カウンセリングを受けてどんなお手入れが肌に必要か、専門家のアドバイスを受けるチャンスもあるでしょう。

まとめ

美肌を手に入れるには、根気よくお手入れを続けることが必要に。セルフエステはそんな手間に感じるスキンケアをさらに楽しめる美容方法で、ちょっとした発想の転換でいつもの化粧品も倍以上効果を発揮しやすくなります。これからはエステティシャンになった気分で、自分の肌を大切にケアしてくださいね。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB
WORKPORT



関連するキーワード


セルフエステとは

関連する投稿


セルフエステとは?もっとキレイになりたい女性が注目する理由

セルフエステとは?もっとキレイになりたい女性が注目する理由

セルフエステとは何?と、美肌を追求する女性たちの話題になっています。エステは美肌ケアや痩身、脱毛など綺麗になりたい人が集まる場所。美容のプロがケアしてくれるので、気分転換として利用する人もいるでしょう。しかしエステは料金が気になる人も多く、もっと気軽に利用できないかと疑問を抱く場合がありますよね。女性の魅力を引き出してくれるエステ。最近注目されているセルフエステとは何か、魅力について詳しくご解説していきましょう。


最新の投稿


価値観を押し付ける人の特徴や対処法

価値観を押し付ける人の特徴や対処法

価値観を押し付けられるのって良い気分ではないですよね。価値観を押し付けられたらどう対処すればいいのでしょうか。ここでは、価値観を押し付ける人の特徴と対処法をご紹介します。


NTT東日本 ドローン分野の新会社を設立

NTT東日本 ドローン分野の新会社を設立

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と株式会社オブティム、株式会社WorldLink&Companyの3社は、ドローン分野における新会社「株式会社NTT e-Drone Technology」を設立すると発表した。


ユニクロ スマホ決済事業に参入

ユニクロ スマホ決済事業に参入

ユニクロを展開するファーストリテイリングが、スマートフォンを使った決済サービスに参入することが明らかになった。


引っ越しで失敗しがちなこと~気持ちよく新生活を始めるために~

引っ越しで失敗しがちなこと~気持ちよく新生活を始めるために~

引っ越しで「やっちゃった~」と失敗して後悔したことはありますか?新しい生活を後悔や失敗から始めたくないですよね。そこで今回は、引っ越しで失敗しがちなことをまとめました。引っ越しの失敗をあらかじめ回避するために参考にしてみましょう。


卵の殻を再利用している?意外な使い道に目からウロコ!

卵の殻を再利用している?意外な使い道に目からウロコ!

卵の殻は何かに再利用できないかと、いつも気にしていた人にオススメの方法をご紹介します。次回卵を使う時はそのまま生ごみに入れず、卵の殻はよけておくとよいかもしれません。卵は料理でよく使う材料なので、殻も捨てずにとっておけばかなりの量になることも。ちょっとしたアイデアで卵の殻の特徴を活かすと、生活のあらゆるシーンで再利用できます。