好きな人とのLINEで更に仲良くなるワザ

好きな人とのLINEで更に仲良くなるワザ

好きな人とのLINEのやり取りは、いつでも緊張するもの。仲良くなりたい気持ちが先走ると、気付かぬ間に相手を困らせていることがあります。好きな人とLINEをしていても、急に既読がつかなくなると不安になる場合も。そこでLINEのやり取りの中で、距離を縮めて仲良くなるための、今すぐ出来るワザをお伝えしましょう。


自分の話ばかりを続けない

好きな人にLINEを送る時に自分を知って欲しい思いが溢れると、相手に関係のない自分中心のメッセージになりがちです。でも受け取る側は、日記やブログのような内容に対して反応に困ってしまうでしょう。自分をアピールしすぎるのは逆効果になり、素っ気ない返信の可能性が高いのです。

知りたいと思わせるようなミステリアスな部分があると、相手の気を引くきっかけが生まれるもの。興味を持ってもらうには、相手が興味を持つ話題を送るのがコツです。二人がわかる共通の内容がベストですが、上司や同僚の愚痴や悪口にならないように気を付けたいですね。文字として残りますので、後から読み返しても嫌な気持ちにならないメッセージがイメージアップのポイントになるでしょう。

無理やり会話を続けない

長文や答えを求めるメッセージを送ったのに、スタンプのみが送られてくる好きな人からのLINEは、少し物足りなくて寂しいですよね。LINEが途切れるのが嫌だからと、スタンプ攻撃をして好きな人とのやり取りを続ける場合も。しかし返信も遅く既読がつかず、明らかに返信が面倒だと感じている雰囲気が感じ取れた時は、無理にやりとりを続けないのが好かれるポイントです。

LINEが苦手な人もいますので、ダラダラと引き留めるように送るのは好ましくないでしょう。相手の空気を察して無理に会話を続けずに、好きになってもらうためには引き際も大切です。駆け引き上手になると、恋に発展しやすく気になる存在になれるでしょう。

文章は程よい量が好感触

好きな人にLINEのメッセージを送る時、相手を気遣う内容が好感度に繋がります。読みやすくするのがコツですが、スタンプのみや一言のみの返信は素っ気ないと受け止められる場合も。興味がないと思われてしまいますので、読みやすい内容を心がけましょう。

興味がない人からの長い文章を見ると、読むのが面倒だと感じることがありますよね。読む前から内容が重いと感じると、返信する内容についても考え込んでしまいます。相手に伝わりやすい言葉を選び、短い文章で返信するとちょっとした合間に気軽に読もうという気持ちに。どのくらいのメッセージの長さがいいかわからない時は、好きな人の返信を参考にするのがコツです。

送る時間帯にも気を配ろう

好きな人にLINEを送っても、なかなか既読にならず返信が来ない時も。既読になるまでは、不安になってLINEから目が離せなくなる人もいるでしょう。既読がついても忙しくて返せない場合もあり、時間帯によっては相手の迷惑になることも。内容にもよりますが一度返すタイミングを逃してしまうと、気まずくなって返せずにきっかけがないとLINEのやり取りが減る場合があります。

すぐに返信が来るとホッとしますが、好きな人の生活スタイルを考えてLINEをするのが望ましく、既読も返信も期待できるでしょう。嬉しくて早く返信したくなりますが、相手に遠回しに忙しくないのかを聞いて内容や送る時間を決めるのがポイントに。忙しそうにしていたら、送る時間をずらして好きな人にLINEの返信をしましょう。送る時は、時間帯も気を付けたいところですね。相手の気持ちを考えずに頻繁に送り続けると、知らぬ間にブロックされてしまう可能性もありますので、好きな人の負担についても考えて適度な回数を贈るのが望ましいでしょう。

お互いが楽しいと思えるメッセージを

返信しやすいメッセージを送るのが、好きな人とLINEを楽しむコツに。重たい内容や暗いメッセージは、お互いが受け取っても嬉しくないものです。どんよりした気分になるよりも、笑顔になれる内容で送られてくる方が心も明るく元気になりますよね。

一人でいる時に、温まるメッセージを受け取ると心に響き嬉しいものです。毎回同じような内容ではマンネリ化してしまうので、少しでも印象に残るように自撮りではなくて、癒しの動物の画像を送るといった工夫もおすすめ。脈ありだと確信が持てるまでは、かまってほしいからと言って自撮りやボイスメッセージを一方的に送るのはマイナスイメージに繋がります。自分を出しすぎないように気を付けながら、相手の気持ちを探っていくことも忘れずに、好きな人とLINEを楽しみたいですね。

まとめ

好きな人にLINEで仲良くなるには、気遣いと優しさが溢れたポジティブな内容が好印象のポイントに。文字から相手の気持ちを察するのは難しいですので、お互いに時間がある時は通話をして距離を縮める作戦も効果的です。メッセージが欲しくて「?」を語尾につけてしまう時もありますが、面倒な相手だと思われないように極力少な目にしましょう。好きな人からLINEのメッセージの頻度が多くなった時は、興味を持ってくれたサインです。嬉しくて舞い上がりそうになりますが、必要に応じて駆け引きをしながら、相手の気持ちを惹きつけるようにしましょう。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


好きな人 LINE

関連する投稿


LINEの送信取り消しする心理で恋愛感情が分かる?

LINEの送信取り消しする心理で恋愛感情が分かる?

LINEの送信取り消しする心理によって、恋愛感情が分かるケースもありますLINEの送信取り消し機能を使うのは、どのような時なのでしょうか。今回はその心理について、深く見ていきましょう。


LINE 法律トラブルをLINE上で無料相談できる「LINE弁護士相談」リリース

LINE 法律トラブルをLINE上で無料相談できる「LINE弁護士相談」リリース

LINE株式会社は、LINEからいつでも全国の弁護士に法律相談・依頼をすることができる「LINE弁護士相談」を提供開始すると発表しました。


LINE Pay「請求書支払い」1,000団体で導入 公共料金も120団体で利用可能

LINE Pay「請求書支払い」1,000団体で導入 公共料金も120団体で利用可能

LINE Pay株式会社は、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「請求書支払い」機能において、支払える請求書の発行団体数が1,000を突破したと発表しました。


LINE AI電話応対サービスの実証実験を開始

LINE AI電話応対サービスの実証実験を開始

LINE株式会社は、株式会社エビソルと、俺の株式会社が運営するレストラン「俺のGrill&Bakery大手町」にて、AI電話応対サービス「LINE AiCall」の実証実験を開始すると発表した。


ヤフーとLINEが経営統合を正式発表

ヤフーとLINEが経営統合を正式発表

Yahoo!を運営するZホールディングス株式会社と、LINEを運営するLINE株式会社は、両社の経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。これにより正式にヤフーとLINEは経営統合することになる。


最新の投稿


パステルカラーが好きな心理には性格が関係している!

パステルカラーが好きな心理には性格が関係している!

パステルカラーが好きな心理には、性格が関係していることが多いのです。普段から選ぶ洋服やアイテムは、パステルカラーが多いという人も。今回はこの心理から、性格について詳しくお伝えしていきましょう。


YouTubeが人種・性別・LGBTQに基づく侮辱を排除へ「ハラスメントポリシー」改定

YouTubeが人種・性別・LGBTQに基づく侮辱を排除へ「ハラスメントポリシー」改定

YouTubeは、公式ブログで「YouTube」におけるハラスメントポリシーの改訂を発表しました。


彼氏に惚れ直す瞬間でよくあるもの

彼氏に惚れ直す瞬間でよくあるもの

彼氏に惚れ直す瞬間は、突然訪れることが多いもの。彼女として彼氏に愛情があっても、更に好きになるような場面もあるでしょう。今回は彼氏に惚れ直す瞬間で、よくあるものについて詳しく見ていきますね。


ヤフー ヘアスタイル画像から美容師を探す新サービス「Yahoo! BEAUTY」を提供開始

ヤフー ヘアスタイル画像から美容師を探す新サービス「Yahoo! BEAUTY」を提供開始

ヤフー株式会社は、理想のヘアスタイル画像から自分に合った美容師を探せる新サービス「Yahoo! BEAUTY(ヤフービューティー)」を提供を開始すると発表しました。


ZOZO 中国版「ZOZO」をリリースし中国市場へ再参入

ZOZO 中国版「ZOZO」をリリースし中国市場へ再参入

株式会社ZOZOは、中国版ZOZOTOWN「ZOZO」のサービス提供を開始すると発表しました。