【BizGenic】#12 浦井里保さん / 人事部

【BizGenic】#12 浦井里保さん / 人事部

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


BizGenic プロフィール #12

アイロボットジャパン合同会社
浦井里保(うらい・りほ)さん

大学卒業後、求人広告を扱う代理店に就職し営業職に従事。仕事を通じて各社の人事担当者と接する中で「働く人をサポートしたい」「働く人と仕事をつなげたい」という想いが芽生え、人事の仕事へとキャリアチェンジ。現在、米国発のお掃除ロボット「ルンバ」のメーカー、アイロボット社の日本法人アイロボットジャパンの採用を担当。人事の業務全般へと守備領域を広げるべく、日々奮闘中。

人と仕事のつながりをサポートしたい、原点は大学で学んだホスピタリティ

お掃除ロボット「ルンバ」でおなじみアイロボット社の日本法人アイロボットジャパンで人事部に所属し、主に中途採用を担当しています。日本法人は、それまで日本におけるルンバのマーケティングや販売代理業務を行っていた会社(セールス・オンデマンド)から本国の米国法人が事業を承継する形で2017年4月に立ち上がりました。私はセールス・オンデマントから転籍したので、この仕事に携わって3年目になります。この会社に転職する前は、新卒で入った求人広告の代理店で営業職をやっていました。業種・職種は違いますが、「人が働くことをサポートする」仕事を続けて今に至っています。

「人が働くことをサポートする」仕事に就こうと思ったきっかけは大学時代の経験にあります。私は英文学を専攻していたのですが、学部とは別に「ホスピタリティ」について学ぶゼミに入っていました。このゼミを通じて2度のインターンシップに参加したのですが、そこでの経験が私の就職活動に大きく影響したといっても過言ではありません。

はじめてのインターンシップは大学3年夏。長野の高級旅館に2ヵ月間住み込みで働き、「おもてなし」の心を学びました。その次は白金にある有名な結婚式場でのインターンシップに参加し、「ホスピタリティ」とはなにかを知ることができました。そしてこの2度のインターンシップを通じて、純粋に働くことの楽しさ、大切さを改めて実感しました。就職活動では、学んだホスピタリティを生かすべく、航空会社やホテルなども受けましたが、ある時期から「働く」ことそのものをサポートすることにフォーカスしてみようと、求人広告を取り扱う広告代理店なども視野に入れるようになりました。社会に出ると、生活の半分以上を「仕事」が占めるんだと思うと、「人と仕事をつなぐ」きっかけをつくる仕事を選んで、じっくりと向き合っていきたいと思ったのです。そして最終的には求人広告を扱う代理店への入社を決めました。

メンタルを鍛えられた営業職、お客様とのコミュニケーションから人事に興味

最初に入った広告代理店での仕事は求人広告の営業職でした。研修期間を経て入社1ヵ月ほどで営業の現場に出ましたが、初めての社会人、初めての営業ですからそう簡単にはいきませんでした。当初はひたすら新規のテレアポと飛び込み営業の連続で、幾度となく断られる日々でした。ただ、こんな機会はこれまでなかったし、鍛えられているとポジティブに考えている自分がいました。おかげでメンタルも強くなったし、貴重な経験をした時期だと思います。

入社して5ヵ月くらいからは、売上げ目標を持つことになりました。求人広告の営業と一口で言っても、チラシだったり、フリーペーパーだったり、インターネットを利用したものだったり、色々な商品を提案するのが楽しくなってきました。たまにはクライアントの要望とこちらの提案したいことの間のズレで悩んだりもしましたが、そんなときは先輩のアドバイスを吸収しながら自分自身の引き出しを増やしていくために、必死で食らいついていたと思います。そうしていく中で徐々に営業成績も上がり始め、それがモチベーションになり一層仕事にのめり込んでいきました。

次のキャリアを考えるようになったのは、2年目の半ばくらいからです。仕事上、企業の人事の方とのつながりが増え、お得意さんとして仲良くなった担当者と話をする中で、「人事」の仕事に興味を持つようになっていきました。広告を介しての一時的な仕事のサポートではなく、人(社員)の「仕事」をもっと深いところでサポートしてみたい、という気持ちが強くなっていきました。転職エージェント経由で転職活動をするなかで、ルンバの代理店であるセールス・オンデマンドとのご縁ができ、見事転職をすることができました。

人に対する難しさと向き合いながら、人事のエキスパートを目指す

アイロボットジャパンの前進であるセールス・オンデマンドでは、主に採用担当として人事の仕事に関わることになりました。ただ、90名前後という中小企業の適度な規模感は、担当する採用業務以外にも社内人事、ペイロール、福利厚生、社内研修・トレーニングの構築など人事のあらゆる仕事を見たかった自分にとっては理想的でした。アイロボットジャパンになる前の1年間は採用の頻度もそこまで高くなかったため、採用以外の人事業務を一通りやらせてもらいながら、ゆっくり学ばせてもらいました。

ただ、人事の仕事をいざ始めてみると、営業職の時よりも大変な部分もありました。人事は人そのものを扱う難しさがあるんです。ちょっとした言葉で相手の気持ちが変わってしまう大変さを実感することもありました。

過去にあいまいな発言で、失敗してしまったと思うことがありました。不確定なことを希望的観測で伝えてしまったのですが、実際は違う結果になってしまいました。人事としての信頼がゆらいでしまいかねない状況を反省しました。社員は人事に頼って相談や問い合わせをしてきてくれるわけですから、確定した情報を伝えなければ逆に大きな混乱や不安を与えてしまうことになると学びました。この出来事があってからは、憶測で発言することを一切止めました。

アイロボットジャパンに変わり、会社として「第二創成期」を迎えるタイミングで、これまで以上に中途採用にも力を入れるようになりました。最近では面接の日程調整や社内調整、内定クロージングや入社手続きなど、採用に関する一連のプロセスをひとりで複数名分担当する大変さを感じています。またこれと同時に採用の質もあげていかなければならず、業務全体のフローを見直しながら再構築していく苦労もあります。ただ、大学時代にホスピタリティを学んでいたこともあり、どちらかというと頼られることに喜びを感じながら毎日前向きに仕事をしています。

会社が外資系に変わってから、少しずつ雰囲気も変化している実感はありますが、昔からチームワークと協調性を大事にしている社風は変わっていません。社員全員「ルンバが大好きだ」という共通点で結ばれていて、いつでもコンシューマセントリック(消費者中心の目線)であるため、一体感を強く感じています。採用の面接を受けに来てくださる方の多くがルンバユーザーで、商品に対する思い入れが強い方がほとんどです。改めて商品力のすごさを感じます。

息抜きは休日のバスケットボール、共働きユーザーの目線で社内に刺激

人事業務を円滑に進めるためには、コミュニケーションが肝だと思っていますが、人事が伝えるべきことは社員にとっては面倒なことも多々あり、話しかけづらい印象もあるようです。ですから、社内ではなるべくこちらから積極的に話しかけるように心がけています。業務外の社内イベントにもなるべく参加するようにしています。最近では社長を含めた有志の社員で駅伝大会&バーベキュー大会に参加するなど、部署横断で社員同士の交流を深めつつ、社員の一体感をより強めていけるように努めています。

オフの日は、趣味のバスケットボールを楽しみつつ、気持ちをリフレッシュさせています。実は2017年の1月、バスケットボールつながりで出会った人と結婚しました。今も月に2、3回は主人とふたり大きなリュックを担いで体育館に向かい、一緒にプレイしています。

ほかにも自己投資するのが好きで、資格取得や習い事にも積極的に取り組んでいます。2016年には人事の立場から今問題となっているメンタルヘルスケアに関して学びたいと、産業カウンセラーの資格を取得しました。また、会社が外資系企業になったことを受けて、英会話学校にも通い始めました。私自身が提案し人事部で導入したオンライン英会話のプログラムも、自ら受講しています。いずれはキャリアコンサルタントやシニア産業カウンセラーなどの資格にもチャレンジする予定です。知れば知るほど奥の深い人事の仕事を、これからもどんどんつきつめていきたいと思っています。

今は仕事が楽しいので具体的に考えるのはもうすこし先になりそうですが、ゆくゆくは子どもも持ちたいと考えています。うちの会社は女性の復職率が100%で、育児をする女性にとって働きやすい環境だと思います。ただ、人事担当者として、またひとりの女性として、もっとワーキングマザーが安心して働き続けられる環境や制度の整備を率先して行っていきたいと考えています。商品のルンバ自体、共働き世代がメインユーザーですから、たくさんの働くお母さんの目線が社内にあることが強みになりますからね。

編集後記

今回のBizGenicは、お掃除ロボット「ルンバ」のメーカーとしておなじみの、アイロボットジャパン合同会社、浦井里保(うらい・りほ)さんでした。

大学時代のインターンシップ経験から、「仕事」の楽しさに目覚め、やがて「仕事する人」をサポートする仕事に就きたいと思うに至った浦井さん。仕事に取り組むスタンスには、大学時代に学んだ「ホスピタリティ」が根底にあり、頼られることが仕事の原動力になると言います。新卒で入った会社では過酷な営業でもまれ、今の会社に転職した後は未経験の仕事で数々の壁にぶつかりますが、絶えずポジティブに捉え乗り越えていく心意気が伝わってきました。

アイロボットジャパン合同会社
家庭用ロボットの世界的なリーディングカンパニーであるアイロボット社の日本法人として2017年4月に設立。アイロボット社は、"Empower people to do more"というミッションを掲げ、トップクラスの研究者・技術者・エンジニアを抱え「人の暮らしがもっと自由になるよう後押しする」実用的なロボットを生み出し続けています。日本市場においてもルンバの累計販売台数は200万台を突破しており、アイロボットジャパンは人々の生活を豊かにする家庭用ロボットの普及と事業の成長を加速させています。

記事掲載のお問い合わせはこちら


『BizGenic』の記事掲載をご希望の企業様はお気軽にお問い合わせください。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連する投稿


【BizGenic】#28 岡崎明子さん / 総務課

【BizGenic】#28 岡崎明子さん / 総務課

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#27 山本はるかさん / 広報部

【BizGenic】#27 山本はるかさん / 広報部

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#26 野口恵さん / 「BIGOLI」ストアサブマネージャー

【BizGenic】#26 野口恵さん / 「BIGOLI」ストアサブマネージャー

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#25 黒柳洋子さん / セールス&マーケティング チーフマネージャー

【BizGenic】#25 黒柳洋子さん / セールス&マーケティング チーフマネージャー

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#24 林あゆ美さん / パートナー事業部 次長

【BizGenic】#24 林あゆ美さん / パートナー事業部 次長

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


最新の投稿


内面を磨く女性がモテるのはなぜ?

内面を磨く女性がモテるのはなぜ?

内面を磨く女性はモテる傾向があります。男性から見て魅力的な存在になりやすいでしょう。ではなぜ内面を磨く女性はモテやすいのでしょうか。今回はその理由について、深く見ていきましょう。


Motorola 縦方向の折りたたみ式スマートフォン「Razr」を発表

Motorola 縦方向の折りたたみ式スマートフォン「Razr」を発表

Motorolaは、6.2型OLEDディズプレイを縦方向に折りたたむ形の新しいスマートフォン「Razr」を発表しました。


メルカリがBEENOSと業務提携 世界100以上の国へ販売可能に

メルカリがBEENOSと業務提携 世界100以上の国へ販売可能に

株式会社メルカリは、BEENOS株式会社の完全子会社が運営する代理購入サービス「Buyee(バイイー)」との連携による越境販売を開始すると発表しました。


マイペースな男性を好きになる女性の特徴

マイペースな男性を好きになる女性の特徴

マイペースな男性を好きになることが多い女性もいます。マイペースな男性を好きになる女性には、共通した特徴がある場合も。今回はマイペースな男性を好きになる女性の特徴について、いくつかのものをお伝えしていきましょう。


大手企業の冬のボーナスが過去最高を更新 経団連が発表

大手企業の冬のボーナスが過去最高を更新 経団連が発表

経団連は、大手企業の年末のボーナスについて妥結額の第1回集計を発表しました。