【書評】睡眠を使って成功!?する『自分を変える睡眠のルール』

【書評】睡眠を使って成功!?する『自分を変える睡眠のルール』

現代人は多忙の中に生きています。仕事に勉強と、やることがたくさんあります。つい寝る間も惜しんで仕事や勉強に打ち込んでしまいます。しかし、なぜか効率が悪く成果が出ない。それは、そもそも睡眠の「使い方」を誤解しているかもしれません。そんなビジネスパーソンに送る、睡眠の新しいコンセプトについてご紹介いたします。


著者・あらすじ

千田琢哉

文筆家。大手コンサルティング会社勤務を経て独立。3300人のエグゼクティブと1万人のビジネスパーソンと対話を通して獲得した知識や知恵を活かし執筆活動を行っている。

あらすじ

運を良くして人生を好転させるために、睡眠の扱い方について述べた本。「健康的な体をつくる睡眠」「仕事のパフォーマンスを上げる睡眠」など、睡眠の重要性と今までの睡眠の概念を覆した内容となっています。

1. 睡眠は人生のオマケではなく、中心と考える。

いつまで経ってもうだつの上がらない人生なのは「睡眠を人生のオマケ」と考えているからです。余った時間で寝ようという考えが間違っているのです。著者曰く、「睡眠は最初にするものであって、余った時間で回すものではない」といいます。睡眠こそが人生の主として考え、そこから人生を構築するのです。

会社の重要な舵取りをする経営者が、睡眠時間を削って仕事に打ち込んでいたら、どうなるか?正しい判断と決断力が欠如し、会社が傾くことは間違いありません。これが一国のトップであれば、どうなるかは想像につきます。ゆえに睡眠不足な人間は上に立つ資格がないということになります。上に立ちたいなら、はじめに睡眠ありきで考えていく必要があります。

2. 熟睡とは、目覚まし時計なしでパチッと目が覚めること。

目覚まし時計に起こされるのは嫌なものです。嫌ですが社会生活を営む上で、目覚まし時計を使わないというのは、非現実的です。しかし、唯一それが可能な方法があります。著者曰く「とにかく早く寝ることだ」といいます。早く寝れば、目覚まし時計が鳴る前に起きられるのです。

早く寝るためには、早く仕事を終えることです。早く仕事を終えるには、早く仕事に取り掛かることです。早く仕事に取り掛かるには、早く起きることです。早く起きるためには、早く寝る。良いサイクルに乗っていればすべてが良くなる。悪いサイクルに乗っていれば、すべて悪くなる。

目覚まし時計なしの人生を送るためには、「早く寝たくなる=早く起きたくなる人生」を送ることで可能となります。

3. 時給を増やしたければ、まず睡眠時間を確保する。

結論から言いますと、「サラリーマンが時給を上げたければ、労働時間を減らす」のです。労働時間を減らして、周囲と同等以上の成果を出せれば、有能だと評価され出世します。

同じ給料でも6時間で終わる人と12時間で終わる人では、2倍の成果率があることになります。つまり時給が2倍高い計算となります。

能率よく短時間で終わらせるパフォーマンスを作るには、睡眠を考えることから始まります。

まとめ

睡眠を軸に人生を構築していくと、すべての循環が良くなっていきます。逆に睡眠を後回しに人生を構築していくと、すべての循環が悪くなり、ともすれば健康を害し早死にするかもしれません。まずは睡眠時間を確保することです。仕事を選ぶのは二の次です。

睡眠を考えるということは、目覚めを考えることでもあります。目覚めを考えるということは、人生を考えることになります。目覚めがいいということは、それはいい人生なのではないでしょうか。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


書評 睡眠 成功 ルール

関連する投稿


【書評】“女性向けマネジメント”の神髄を知る『フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』

【書評】“女性向けマネジメント”の神髄を知る『フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』

今、仕事も育児も充実させたいと考えている女性が増えています。今までは、バリバリのキャリアウーマンか、子育てや家庭を優先させる専業主婦が一般的でした。しかし現代は、仕事も育児も充実させたいという“フルキャリ”と呼ばれる女性たちの進出が目立っているのです。そこで今日は、働き手として重要なキーマンとなる“フルキャリ”についてまとめられた本をご紹介いたします。


【書評】世界の偉人が生んだ“テクノロジー”を学ぶ『世界を変えた60人の偉人たち 新しい時代を拓いたテクノロジー』

【書評】世界の偉人が生んだ“テクノロジー”を学ぶ『世界を変えた60人の偉人たち 新しい時代を拓いたテクノロジー』

連日「AI」「IoT」などの先進テクノロジーが、メディアを賑わしています。しかし、これら技術は、ある日突然生まれたわけではありません。先人の知恵と技術から、生まれたものばかりです。彼らが一体どうやって、テクノロジーの礎を築いたのでしょうか?そこで今日は、新しい時代を開拓してきた“偉人たち”がまとめられた本をご紹介いたします。


【書評】“心の動き”が読めるようになる『世界最先端の研究が教えるすごい心理学』

【書評】“心の動き”が読めるようになる『世界最先端の研究が教えるすごい心理学』

「心理学が学びたい!」と思っても、書店にはたくさんの心理学本があり、どれを選んだらいいかわかりません。さらに、「なんだか怪しい」と思われる信憑性の低い本もあります。そこで今日は、世界最先端の研究から導き出された「エビテンス」のある心理学書をご紹介します。


【書評】どんなビジネスシーンでも“対応できる人”になる『ビジネスで使いこなす「定量・定性分析」大全』

【書評】どんなビジネスシーンでも“対応できる人”になる『ビジネスで使いこなす「定量・定性分析」大全』

「意思決定のスピードを上げたい」「問題解決力を身につけたい」上昇志向の高いビジネスパーソンであれば、誰もが抱える願望です。どうすれば意思決定のスピードが上がり、問題解決力が身につくのでしょうか?そこで今日は、さまざまなビジネスシーンに対応できる、この「2つの力」が身についてしまう本をご紹介いたします。


【書評】世界が取り組む“アジェンダ”について理解する『SDGsビジネス戦略』

【書評】世界が取り組む“アジェンダ”について理解する『SDGsビジネス戦略』

近年、メディアで「SDGs」という言葉を頻繁に見かけるようになりました。このSDGsには一体どんな意味があり、どんな活動が行われているのでしょうか?そこで今日は、“未来を考える上で欠かせない”SDGsについて、理解を深めたいと思います。


最新の投稿


逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちという考え方は、悪いイメージを抱く人もいるでしょう。嫌なことに正面から立ち向かえる人は、結果がどうであれ達成感を覚える場合が多いはず。しかし振り返らず、常に前進し続ける人生は疲れが溜まり、どうすればよいか行き先が見えなくなるケースがありませんか。臨機応変という言葉のように、シチュエーションに合わせて対応することが理想的かもしれません。これ以上無理だと思った時は、逃げるが勝ちの法則で幸福になるのも必要なのです。では困った場面に出くわした時の対策として、逃げるが勝ちで幸福になるポイントをご紹介しましょう。


起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

株式会社NTTドコモは、インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報提供から、ドラブルに遭った際のサポートまでを総合的に行うサービス「ネットトラブルあんしんサポート」を開始すると発表した、


LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE株式会社は、同社のグループ会社であるGatebox株式会社より、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」を販売開始すると発表した。


au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

KDDI、沖縄セルラーは、サムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」をauブランドで独占販売を開始すると発表した。