仕事で足を引っ張られないために!同僚からの嫉妬を防ぐ方法。

仕事で足を引っ張られないために!同僚からの嫉妬を防ぐ方法。

会社で働く上で、皆さんは何を怖いと思いますか?厳しい上司や、仕事で失敗することもできれば避けたいですよね。ただ、同僚からの嫉妬というのも根が深くて意外と面倒なことも多いです。嫉妬を受けずに上手に過ごすために欠かせないのが、同僚へのフォロー、そして謙虚であることなのです。今回は、同僚からの嫉妬を防ぐ方法をご紹介します。


職場で味方を増やす

Getty logo

職場で好感が持てる人と、あまり好きではない人、どちらの出世を祝福したいと思いますか?当然、前者の好感が持てる人を素直に応援したいと思うはずです。

一方で、日頃からよく思っていない人が自分より先に出世してしまったら、やはり気分はよくありません。同時に「何であいつが、悔しい」とマイナスな感情も湧き出しやすくなり、嫉妬に繋がりやすくなってしまいます。

そのため、嫉妬を受けないためには、普段から同僚に優しく接するようにして、自分のことを応援してくれる味方を増やしましょう。

職場内での評判が良くなることで、「あの人なら上司になっても安心できる」「頑張っているのだから仕事の成績がいいのも当然だ」というプラスの土壌ができあがります。このプラスの土壌では、嫉妬というマイナスな感情は居心地が悪くなり、育つことができません。

実際に職場でも、感じがいい社員には悪い噂も立ちにくいものです。悪評を流そうとするものがいようものなら、逆にその人が周囲から反感をかってしまうからです。

火のないところには煙はたたぬという言葉通り、やはり普段から丁寧に同僚に接していくようにすれば、嫉妬や悪口といったマイナスな影響を受けることなく過ごせるはずですよ。

自慢は反感を買いやすくなります

Getty logo

避けたほうがいいのが、仕事で成果を出したり出世したときに、そのことを同僚に自慢することです。認められて嬉しい気持ちはわからなくもないですが、その気持ちは自分の胸の中だけに留めておきましょう。

自慢する姿はみっともないというのも理由ですが、何より自慢は嫉妬の感情に油を注ぐようなものです。本人は気持ち良く自慢をしていても、周囲の人間は聞いていて決していい気持ちにはならないでしょう。

それどころか、反発の気持ちがムクムクと湧いてきても不思議ではありません。だからといって足を引っ張っていいかといえばそれはまた別問題ですが、自慢をする人間には敵も多くなり、当然嫉妬を覚える同僚も多くなるでしょう。

もし自慢したくなってもグッと堪えて、謙虚な姿勢を常に保つようにしましょう。

同僚に対して謙虚な姿勢を忘れずに

Getty logo

どんなに気をつけていても嫉妬は受けることはありますが、その中でもやはり嫉妬されやすいという人はいるものです。相手の感情を逆なでするような言動を繰り返してしまうと、嫉妬心から足を引っ張ってやろうと考える人も増えてしまいます。

常に謙虚な姿勢を忘れずに、同僚から応援されるような人にを目指しましょう。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連する投稿


マルチタスクよりも生産性を上げる シングルタスクの身につけ方

マルチタスクよりも生産性を上げる シングルタスクの身につけ方

マルチタスクというのは効率の視点から見ると常に気が散っている状態であり、IQや仕事の質を余計に落としてしまうことがわかっています。大切なのは人間の脳のリソースを分散させずに1つの作業にのみ費やす、シングルタスクを実行することです。シングルタスクを行うことでストレスや集中力の欠如を防ぎ、作業のスピードと質共に高めることができます。今回はシングルタスクの身につけ方を紹介します。


仕事へのやる気を失ってしまった時の回復法

仕事へのやる気を失ってしまった時の回復法

自信があった仕事で失敗した時や同じような仕事ばかり続くと、仕事へのやる気や情熱が冷めてしまう事があります。それは様々な形でサインとして現れます。仕事の質やスピードが下がったり、日曜日の夕方に不安や悲しみに襲われるなど、急に心身の不調を感じるようになります。外的、内的要因でモチベーションが上下してしまうのは誰にでもあることです。重要なのは仕事への情熱を失った時に、いかに早く当初のやる気を蘇らせるかどうかです。今回は仕事へのやる気を取り戻すための回復法をご紹介します。


勉強や仕事に応用できる、ツァイガルニク効果とは?

勉強や仕事に応用できる、ツァイガルニク効果とは?

やるべき勉強や仕事になかなか取りかかることができない、という場面は誰にでもあるはずです。そのような場合に利用できるテクニックとして、「ツァイガルニク効果」という心理効果があります。これは中途半端に終わらせた事柄ほど記憶に残りやすいという心理のことです。勉強や仕事においても一度に完遂しようとするのではなく、未完成の段階で休憩を挟むことで、その後の作業に戻るハードルが下がり、集中力も維持できるようになるのです。


承認欲求を満たす恋愛が不幸に終わってしまう理由とは?

承認欲求を満たす恋愛が不幸に終わってしまう理由とは?

承認欲求とは簡単に言うと他人に認められたい、好かれたいという感情です。適度な承認欲求ならば行動の動機や他者への配慮となり有益ですが、その欲求が過度になってしまうのは問題です。人間関係の中で必要以上に承認欲求を求めてしまえば、満たされないことへのストレスと自己嫌悪、他人評価を基準することでの自分らしさの消失など、自分自身を苦しめてしまいます。そして今回紹介する恋愛の領域においても、承認欲求を満たそうとすれば最終的に傷つくだけの不毛な恋愛に終わってしまうのです。


いつも不毛な恋愛に終わる人がチェックしてほしい、誤った考え方

いつも不毛な恋愛に終わる人がチェックしてほしい、誤った考え方

「恋愛ではいつも相手に遊ばれて終わってしまう」という悩みを抱えている人も少なくありません。価値観や考え方が全く異なる他人と付き合うわけですから、どんなカップルでも完全に上手くいくとは限りません。ただ、毎回同じような不毛な恋愛になってしまうなら、考え方にどこか原因があるのかもしれません。


最新の投稿


逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちという考え方は、悪いイメージを抱く人もいるでしょう。嫌なことに正面から立ち向かえる人は、結果がどうであれ達成感を覚える場合が多いはず。しかし振り返らず、常に前進し続ける人生は疲れが溜まり、どうすればよいか行き先が見えなくなるケースがありませんか。臨機応変という言葉のように、シチュエーションに合わせて対応することが理想的かもしれません。これ以上無理だと思った時は、逃げるが勝ちの法則で幸福になるのも必要なのです。では困った場面に出くわした時の対策として、逃げるが勝ちで幸福になるポイントをご紹介しましょう。


起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

株式会社NTTドコモは、インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報提供から、ドラブルに遭った際のサポートまでを総合的に行うサービス「ネットトラブルあんしんサポート」を開始すると発表した、


LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE株式会社は、同社のグループ会社であるGatebox株式会社より、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」を販売開始すると発表した。


au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

KDDI、沖縄セルラーは、サムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」をauブランドで独占販売を開始すると発表した。