仕事で足を引っ張られないために!同僚からの嫉妬を防ぐ方法。

仕事で足を引っ張られないために!同僚からの嫉妬を防ぐ方法。

会社で働く上で、皆さんは何を怖いと思いますか?厳しい上司や、仕事で失敗することもできれば避けたいですよね。ただ、同僚からの嫉妬というのも根が深くて意外と面倒なことも多いです。嫉妬を受けずに上手に過ごすために欠かせないのが、同僚へのフォロー、そして謙虚であることなのです。今回は、同僚からの嫉妬を防ぐ方法をご紹介します。


職場で味方を増やす

Getty logo

職場で好感が持てる人と、あまり好きではない人、どちらの出世を祝福したいと思いますか?当然、前者の好感が持てる人を素直に応援したいと思うはずです。

一方で、日頃からよく思っていない人が自分より先に出世してしまったら、やはり気分はよくありません。同時に「何であいつが、悔しい」とマイナスな感情も湧き出しやすくなり、嫉妬に繋がりやすくなってしまいます。

そのため、嫉妬を受けないためには、普段から同僚に優しく接するようにして、自分のことを応援してくれる味方を増やしましょう。

職場内での評判が良くなることで、「あの人なら上司になっても安心できる」「頑張っているのだから仕事の成績がいいのも当然だ」というプラスの土壌ができあがります。このプラスの土壌では、嫉妬というマイナスな感情は居心地が悪くなり、育つことができません。

実際に職場でも、感じがいい社員には悪い噂も立ちにくいものです。悪評を流そうとするものがいようものなら、逆にその人が周囲から反感をかってしまうからです。

火のないところには煙はたたぬという言葉通り、やはり普段から丁寧に同僚に接していくようにすれば、嫉妬や悪口といったマイナスな影響を受けることなく過ごせるはずですよ。

自慢は反感を買いやすくなります

Getty logo

避けたほうがいいのが、仕事で成果を出したり出世したときに、そのことを同僚に自慢することです。認められて嬉しい気持ちはわからなくもないですが、その気持ちは自分の胸の中だけに留めておきましょう。

自慢する姿はみっともないというのも理由ですが、何より自慢は嫉妬の感情に油を注ぐようなものです。本人は気持ち良く自慢をしていても、周囲の人間は聞いていて決していい気持ちにはならないでしょう。

それどころか、反発の気持ちがムクムクと湧いてきても不思議ではありません。だからといって足を引っ張っていいかといえばそれはまた別問題ですが、自慢をする人間には敵も多くなり、当然嫉妬を覚える同僚も多くなるでしょう。

もし自慢したくなってもグッと堪えて、謙虚な姿勢を常に保つようにしましょう。

同僚に対して謙虚な姿勢を忘れずに

Getty logo

どんなに気をつけていても嫉妬は受けることはありますが、その中でもやはり嫉妬されやすいという人はいるものです。相手の感情を逆なでするような言動を繰り返してしまうと、嫉妬心から足を引っ張ってやろうと考える人も増えてしまいます。

常に謙虚な姿勢を忘れずに、同僚から応援されるような人にを目指しましょう。

関連する投稿


【書評】社会人として最低限の知識を身につける『今さら聞けない仕事の超基本』

【書評】社会人として最低限の知識を身につける『今さら聞けない仕事の超基本』

ビジネスシーンでは様々な価値観の人が、お互い尊重し合って仕事をしています。その中で相手との”潤滑油”となる重要なものがあります。それが「マナー」と「基本」です。マナーがあると相手との距離が縮まり、大きな成果を上げられます。仕事の基本があれば、目上の人から一目置かれる存在になれます。そこで今日は、ビジネスの基本とマナーについて、わかりやすくまとめた本をご紹介いたします。


女友達に嫉妬ばかりするのはなぜ?困ったときの対策

女友達に嫉妬ばかりするのはなぜ?困ったときの対策

女友達に嫉妬する自分が、嫌になった経験はありませんか。親しい人に嫉妬する場面で、まず思いつくのは恋人の存在。恋愛感情がある人に嫉妬することはよくありますが、そんな気持ちが女友達にも向けられてしまう場合があります。嫉妬心は、人間関係をダメにする場面も。原因を正しく理解して、気持ちを上手く受け入れながら友人付き合いをしなければなりません。女性同士は心で思っていることとは、違った態度をとる場合がよくありますよね。誤解が生まれやすい友人関係は、相手の立場になって考えるのも大切かもしれません。では女友達に嫉妬する時の対策を、詳しくご紹介しましょう。


もし長話に捕まってしまったら実践してほしい、効果的なテクニック

もし長話に捕まってしまったら実践してほしい、効果的なテクニック

仕事でもプライベートでも、一度話すとなかなかお喋りが止まらない人はいますよね。長話をする人に捕まってしまったら、せっかくの時間の多くが取られてしまいます。ただ、やめて下さいと直接伝えるのは角が立って憚られます。今回は相手に失礼にならないように、長話から抜けだせる方法について紹介します。


誰でも起こり得る、自信を失ってしまう瞬間とは?

誰でも起こり得る、自信を失ってしまう瞬間とは?

自信というのは、その時の私たちの感情や行動に大きな影響を与えるエネルギーを持っています。ただ厄介なことに、失敗を繰り返してしまったり、人と比べてしまった時など自分に対しての信頼が揺らいでしまうと、一時的ですが自信を失ってしまうことがあります。その状況というのは決して特別なものではなく、日常に転がり誰もが経験する瞬間がほとんどです、今回はどのような時に私たちは自信を失ってしまうのかを取り上げます。


仕事で怒られた後はどうやって立ち直る?対処方法のポイント

仕事で怒られた後はどうやって立ち直る?対処方法のポイント

仕事で怒られた後は、とても辛いですよね。ミスがないようにしっかりとやったつもりでも、わずかな油断で大きな間違いを犯してしまう場合があります。職場はチームワークが大切なので、グループで責任をとるべき仕事も色々とあるでしょう。そんな時に自分だけがミスをした犯人として、運悪く上司に怒られてしまうこともあります。仕事で怒られた後は、なんとかしてダメージを挽回しなければなりません。いつまでも落ち込んでいると、さらにミスを繰り返してしまう場合もあるでしょう。怒られてばかりのイメージがあると、仕事を任されることも減ってしまいますよね。そこで早速ですが、仕事で怒られた後にどのようにして立ち直るのか、オススメの方法をご紹介しましょう。


最新の投稿


育ちが悪いと思われる女性の特徴・悪いイメージをなくす方法

育ちが悪いと思われる女性の特徴・悪いイメージをなくす方法

育ちが悪いと思われる女性の特徴について、詳しくご紹介していきましょう。いくら美人でオシャレが上手でも、どこか漂う品のなさ。これでは、一緒にいる友人も困ってしまいますよね。よく「育ちが悪い」と表現される人が周囲にいますが、実際にはどのような特徴があると思いますか。ああいう人にはなりたくないと思うタイプを反面教師にして、品のある素敵な女性を目指しましょう。では育ちが悪い女性のイメージと、改善策のコツについてご紹介しますね。


鍵をかけない人の心理には理解しづらい思いも?

鍵をかけない人の心理には理解しづらい思いも?

鍵をかけない人の心理について、どうしてだろう?と思うような場面もありますよね。例えば友達が、いつも鍵をかけない人だとしたら。それを見ていて、何か言った方がよいのか悩むこともあるかもしれません。今回は鍵をかけない人の心理について、深く見ていきましょう。


DMM.com、舞台事業を中心とするエンターテインメントレーベルを設立

DMM.com、舞台事業を中心とするエンターテインメントレーベルを設立

合同会社DMM.comは、同社グループで既に展開しているエンターテインメント事業と連携した、舞台事業を中心とするエンターテインメントレーベル「DMM STAGE」を設立すると発表した。


追う恋と追われる恋のそれぞれの魅力について

追う恋と追われる恋のそれぞれの魅力について

追う恋と追われる恋には、それぞれどのような魅力があるのでしょうか。恋愛の最中は幸福を感じる場面もあり、上手くいくように努力する楽しさもあるかもしれません。ですが想いを寄せる恋と寄せられる恋に、それぞれどういう特徴があるのかわからない人も多いもの。今回は追う恋と追われる恋の魅力について、これからのために覚えておきたい内容をお伝えしますね。


ONE MEDIA、総額4.2億円の資金調達。新事業を開始

ONE MEDIA、総額4.2億円の資金調達。新事業を開始

ワンメディア株式会社は、第三者割当増資により総額4.2億円の資金調達を実施。さらには、クリエイターネットワーク事業の第一弾プロジェクト「ONE BY ONE」開始すると発表した。