転売問題にも配慮したチケット売買サービス「チケジャム」iOS版をリリース

転売問題にも配慮したチケット売買サービス「チケジャム」iOS版をリリース

チケットジャム株式会社は25日、チケットの二次流通における営利目的での転売問題にも配慮した新たなチケット売買サービス「チケジャム(ticketjam)」のiOS版をリリースしたと発表した。


二次流通における問題解決も含め、健全なプラットフォーム作りを目指す

チケットジャム株式会社は25日、チケットの二次流通における営利目的での転売問題にも配慮した新たなチケット売買サービス「チケジャム(ticketjam)」のiOS版をリリースしたと発表した。

近年、チケットの二次流通での高額転売などが問題となっており、アーティストおよび興行主やそのチケットを買いたい人はもちろん、何かの事情でどうしても当日いけなくなってしまいチケットを売りたいという人にとっても、安心・安全かつ適正な値段でのチケット取引の場が求められている。

「チケジャム(ticketjam)」では、そういった問題の解決にも寄与するべくさまざまな取り組みを実施。取引完了するまでの期間、支払代金を一時的に運営側で預かり、もし万が一チケットを受け取れないなどの問題が発生した時などには、全額返金されるシステムを導入しているため安心して取引できる。

また、営利目的での転売を抑制するため、電話番号認証や本人確認書類の提出により複数アカウントの作成を防止するとともに、同一アカウントで出品できる同一公演のチケット枚数を制限している。

さらに「チケジャム」では現在、同サービスの理念に賛同してくれる興行主に対して、そのチケットの売買で発生した利益を還元するという取り組みを行なっており、賛同する興行主やアーティストをホームページ上で募集している。

尚、チケット売買に関する手数料についてもリリース記念により0円とするキャンペーンを行なっており、興味のある人は新たに利用を始めるいい機会かもしれない。

チケットジャム株式会社・概要

チケットジャム株式会社は、「エンタメに関わる全ての人を幸せにする」をミッションとして掲げ、主にインターネットサービス開発を行なっている。

2018年8月に「チケジャム(ticketjam)」のWEB版をリリースし、今回「チケジャム」のiOS版アプリをリリースした。時期は未定だが今後Android版もリリース予定とのこと。

同社は今後も、ユーザーが気軽にエンタメを楽しむための利便性を損なわない形での転売対策を実行していくとともに、誰かが損をしたり不便を感じたりすることのない健全なプラットフォームを運営することにより、エンタメ業界やチケット二次流通産業の発展に寄与していきたいとしている。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


オリエンタルランド 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのチケット値上げへ

オリエンタルランド 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのチケット値上げへ

株式会社オリエンタルランドは、2020年4月1日購入分より「東京ディズニーランド」および「東京ディズニーシー」のチケット価格を改定すると発表しました。


チケットストリート、パ・リーグ3球団と提携し「公認リセールパートナー」に

チケットストリート、パ・リーグ3球団と提携し「公認リセールパートナー」に

興行チケットのリセール・マーケットプレイス「チケットストリート」を運営するチケットストリート株式会社は、「北海道日本ハムファイターズ」「千葉ロッテマリーンズ」「オリックス・バファローズ」のプロ野球パ・リーグ3球団公認「公認リセールサービス」を開始すると発表しました。


チケット不正転売禁止法、6月14日より施行

チケット不正転売禁止法、6月14日より施行

チケットの高額転売を禁止する「チケット不正転売禁止法」が本日6月14日から施行となりました。


チケット二次流通問題を解決する新しいチケットサービス開始

チケット二次流通問題を解決する新しいチケットサービス開始

チケットジャム株式会社は​、チケット二次流通の全ての問題を解決する新しいチケット売買サービス「チケジャム」を開始すると発表した。


「映画ランド」調べ、映画チケット「ネット予約」が57.3%で過半数に

「映画ランド」調べ、映画チケット「ネット予約」が57.3%で過半数に

映画チケット予約アプリ「映画ランド」を運営するホットモブ・ジャパン株式会社は、「映画館及び映画鑑賞」についての調査結果を発表しました。調査は、2017年10月19日〜11月30日、全国の10代〜60代以上の男女を対象に実施され、有効回答者数は3,939名でした。


最新の投稿


シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープは、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した「AI教育パック」を販売すると発表しました。


続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEなら、楽しめそうだと思う人は多いですよね。相手にとって続けたいと思うLINEには、どのような内容があるのでしょうか。今回は相手にとって「もっとやりとりをしたい」と思わせるLINEの内容を、5つご紹介していきましょう。


LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のグループ通話の参加上限人数を、最大500名へ拡大すると発表した。


お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理には、様々な思いが関係しています。相手に対しての配慮の可能性もありますが、他にも考えられるものがあるでしょう。今回はお土産を断る心理について、その思いを詳しく見ていきましょう。


LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINE株式会社は、同社が提供する名刺管理アプリ「myBridge(マイブリッジ)」において、オンライン名刺サービスの提供を開始すると発表した。