瞬きが多い時の心理にはこんな思いが隠れていた!

瞬きが多い時の心理にはこんな思いが隠れていた!

瞬きが多い時の心理には、様々な思いが隠れています。瞬きの多い人に対して、どこか違和感を持つ時もありますよね。今回は、瞬きが多い時の心理についてお伝えしていきますので、参考にしてみてください。


相手に威圧されている

相手が威圧感を与えているような時、瞬きが多くなる心理がはたらきます。なぜこんなに威圧してくるのだろう…と思うと、相手に対してどう接していいのか分からない場面も。でも相手としては、別に威圧をしているつもりがない時もあるでしょう。このため、急に瞬きが多くなる姿を見て、理解できないと思うのです。

でも威圧をされていると思う側としては、怖くて仕方がないのでその状態に耐えるために、瞬きを多くしてしまうのでしょう。無意識でなってしまうようなケースもあるので、自分ではコントロールがしづらいのです。もしかしたら瞬きが増えているのかも…と思いながらも、自分ではどうしようもない場合もあるでしょう。

強い緊張感

できるだけ良い状態の自分を見せようとして、緊張をする時にも瞬きが多くなることがあります。普段通りの自分でいればいいと思うと、とても気持ちが楽なのですが面接などの場合には、そうはいきませんよね。自分をうまくアピールしなければいけないと思うので、かなり緊張をして瞬きが多くなってしまうのです。

面接官からの質問に対して、自分の答えをベストなものにしたいと思いすぎるので、更に緊張が高まるのでしょう。ありのままの自分を見せればいいと思い、開き直ることができたとしたら、瞬きをする回数が少なくなるはずです。緊張をしている自分を感じた時には、深呼吸をしてリラックスをするように心掛けてみましょう。落ち着いていると自身で感じると、瞬きの数も自然に少なくなるのです。

嘘をついている

嘘をつくと瞬きが多くなるような人がいます。これは平静を装うつもりが、うまくいかずに瞬きが増えるという行動につながってしまうのでしょう。できるだけ嘘がバレないように、言葉では上手にごまかそうとするのですが、瞬きが増えてしまって、嘘がバレてしまうケースもあります。

どんなに言葉巧みに嘘が付ける人でも、嘘をつき通せないようなパターンもあるでしょう。これは、特に嘘が苦手な人に多い傾向なのです。自分で嘘が苦手だと思うのなら、瞬きの多さで嘘がバレる前に相手に本当のことを伝えたほうが良いケースもあるでしょう。相手との関係性を悪くしたくないと思ってついた嘘がバレて、更に関係性が悪くなってしまうようなリスクもあるのです。

現実を受け入れられない

現実に辛い出来事があった時、ショックな現場を見た時などに、瞬きが多くなるような時もあるでしょう。心の中で、現実を見たくないという思いが強くはたらくのでしょう。心の中では受け入れなければと思うような出来事でも、それができない自分がいるのです。

現実なんだと分かっていても、どんなに努力をして受け入れようとしてもできない時。瞬きが多くなるようなことが多いでしょう。強くいなければと思えば思うほど、瞬きが増えてしまうような場合もあります。これが自分の弱さだと受け入れると、現実についても穏やかな気持ちで向き合えるかもしれません。

動揺をしている

仕事でミスをした時など、とにかく今の状態から良い方向に向かわないと!と思うと、瞬きが多くなる心理がはたらきます。動揺をしているのを人には知られたくない。でもどう見ても普段とは違うので、何かあったの?と聞いてくれる人もいるでしょう。

でも性格が真面目な人や完璧主義のタイプの場合は、自分のミスは自分でなんとかしたいと考えたり、出来れば隠したいと思ったりするもの。このため、動揺をしている自分についてできるだけ知られたくないと思うのですが、瞬きが多くなると、何か普段とは違うと周りに気づかれてしまうのです。

周りに敏感な人がいると、すぐにバレてしまうでしょう。瞬きを多くして、今の動揺している自分から落ち着いている自分になろうと意識をするのですが、それができない場合も。自分では、瞬きが増えていることに気が付かないこともあるでしょう。でも自分で瞬きが増えていると感じた時には、動揺をしている自分を理解することが必要です。そのうえで、落ち着いて解決策を考えてみたり人に意見を求めてみたりするようにしたいですね。

まとめ

瞬きが多い心理には、気持ちの中で落ち着いていないケースが多いでしょう。でもそれを知られたくないのは、プライドの高さも関係しているのです。瞬きが多いのを見て、自分が動揺をしていると他人に知られると、自分の今まで築き上げてきたプライドが傷ついてしまうのでしょう。このため、できるだけ平常心を保とうと努力をするのですが、コントロールができずに結果として瞬きが更に増えてしまうような場面も。自分に正直になり、姿勢を正すようにして正面を向くようにすると、少し落ち着いて相手に対して接することができるようになるでしょう。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


瞬きが多い 心理

関連する投稿


特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理は、相手への愛情がきっかけとなって働く場合が多いのでしょうか。好きな異性にとって、自分だけが特別な存在でありたいと思うことはよくありますよね。今回はそういう時の心理について、考えられる理由をお伝えします。


猫になりたい心理になるのはどんな時が多い?

猫になりたい心理になるのはどんな時が多い?

猫になりたい心理になるのは、どのような時が多いのでしょうか。元々猫好きの人は、猫に憧れる気持ちもあるかもしれません。そしてふとした時に「自分も猫になってみたい」と思う瞬間があるのです。今回は猫になりたい心理について、5つのものをお伝えしていきますね。


もし付き合ったらと考える心理には意外なものも!

もし付き合ったらと考える心理には意外なものも!

もし付き合ったらと考える心理には、どのようなものがあるのでしょうか。「この人と付き合ったら、こんな雰囲気かな…」と思う場面がありますよね。また「きみと付き合ったらどんな感じだろう」と相手から言われるケースもあるでしょう。今回はもし付き合ったらと考える心理について、5つのものをお伝えしていきます。


正しさにこだわる心理は正義感が関係している?

正しさにこだわる心理は正義感が関係している?

正しさにこだわる心理については、正義感が関係しているイメージがありますよね。でも実際にはそれだけではなく、様々な思いからこだわりを持っている人もいるのです。正しいという基準は、人により違いがあるもの。でも自分にとっての正しさを追求したくなる時もあるでしょう。今回は正しさにこだわる心理について、詳しくお伝えしていきます。


友達を避ける心理になる5つの理由について

友達を避ける心理になる5つの理由について

友達を避ける心理になるのは、理由がある場合が多いのです。でも突然避けられた側としては、不安になってしまいますよね。どのような思いから避けられているのかについて、知っておきたい気持ちもあるはずです。今回は友達を避ける心理になる理由について、詳しくお伝えしていきましょう。


最新の投稿


緊張をほぐすために男性から女性にしてほしいこと

緊張をほぐすために男性から女性にしてほしいこと

緊張をほぐすために男性から女性にする行動で、女性が少しでも穏やかになれる可能性があるのです。女性が緊張しているように見えた時には、男性としては少しでも気持ちを楽にしてあげたいと思うものですよね。今回は女性の緊張をほぐすために、男性にしてほしい5つのことについてお伝えしていきましょう。


特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理は、相手への愛情がきっかけとなって働く場合が多いのでしょうか。好きな異性にとって、自分だけが特別な存在でありたいと思うことはよくありますよね。今回はそういう時の心理について、考えられる理由をお伝えします。


体験型ストアの「b8ta(ベータ)」 J-Startupにサポーター企業として参画

体験型ストアの「b8ta(ベータ)」 J-Startupにサポーター企業として参画

b8ta Japanは、経済産業省が推進する官民による国内スタートアップ育成支援プログラム「J-Startup」に、サポーター企業として参画すると発表しました。


家電好きな男性の特徴と喜ばれる家電プレゼント

家電好きな男性の特徴と喜ばれる家電プレゼント

家電好きな男性は多いですが、彼らはどうしてそこまで家電にこだわるのでしょうか。ここでは、家電好きな男性の特徴と家電好きな男性に贈ると喜ばれる家電プレゼントをご紹介します。


自律走行型配送ロボット「RICE」 コンビニ商品のビル内自動配送に関する実証実験を開始

自律走行型配送ロボット「RICE」 コンビニ商品のビル内自動配送に関する実証実験を開始

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、アスラテック株式会社、ソフトバンク株式会社の3社は、共同で自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」を使用したセブン‐イレブン商品の配送に関する実証実験を開始すると発表しました。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!