2019年4月施行の「有給休暇の取得義務化」、認知度は48.5%

2019年4月施行の「有給休暇の取得義務化」、認知度は48.5%

株式会社ワークポートは、同社サービスを利用する全国の転職希望者を対象に「有給休暇取得の義務化」に関するアンケート調査を実施、その内容を公開しました。


「有給休暇の取得義務化」の認知度は半数以下

株式会社ワークポートは、全国の転職希望者を対象に「有給休暇取得の義務化」に関する調査を実施しました。今回発表された調査は、同社が提供する転職エージェントサービスを利用する全国の転職希望者(20〜40代の男女)480人を対象にアンケート形式で行われました。

これによると、働き方改革の推進を目的に可決・成立し、2019年4月から施行を控えている「有給休暇の取得義務化」を知っていたかという質問に「はい」と回答した人は48.5%に留まっており、施行まであと半年と迫っている現段階でも認知度が半数を下回っていることがわかります。

40%以上が有給休暇取得に抵抗感

また「有給休暇を取ることに抵抗を感じるか」という質問に対しては41.5%の人が「はい」と回答しており、有給休暇の取得率向上には従業員側の心理的な変化も必要になるといえそうです。

取得に抵抗を感じる理由には「まわりが取得していないから」「まわりに迷惑がかかる」「上司や他の社員からのプレッシャーがあるため」といったものが多かったといい、「有給休暇取得の義務化」に向けて有給休暇を取得しやすい空気づくりなど職場環境の改善に注目が集まりそうです。

勤務先における有給休暇取得率向上に向けた取り組みについての質問では、なんらかの取り組みを「行っている」が23.3%、「今後行う予定だと聞いている」が6.7%で、それらを合わせても30.0%にとどまっています。取り組みの具体例には「年間の取得予定を申告する」「部下の有給休暇の取得を管理者の成果に加える」「情報共有を行い休みやすい環境をつくる」などが挙がっており、「有給休暇の取得義務化」の開始に向けてこういった取り組みは広がっていくものとみられます。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


働き方改革が始まって約2カ月…働き方が改善された人はまだ10%以下

働き方改革が始まって約2カ月…働き方が改善された人はまだ10%以下

総合転職エージェントの株式会社ワークポートが、全国の転職希望者とSNS利用者280人を対象に「働き方改革開始後の変化」についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。働き方改革が始まって2ヵ月が経ちましたが、その効果を実感している人はまだ多くはないようです。


最新の投稿


Jリーグ・プロ野球 プロスポーツの再開目処が白紙に

Jリーグ・プロ野球 プロスポーツの再開目処が白紙に

Jリーグは、臨時合同実行委員会を開催し、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月末から予定していた段階的なリーグ戦の再開スケジュールを白紙に戻すと決定しました。また、日本野球機構(NPB)も臨時の12球団代表会議を開催し、4月24日に設定していた開幕を断念し、開幕日の設定を白紙にするとしています。


元カノの話をする男性の本音に驚く!

元カノの話をする男性の本音に驚く!

元カノの話をする男性に対して、その思いを知りたいと思う時も。表面的には分からない、驚くような本音もあるのです。今回は元カノの話をする男性の本音について、一緒に見ていきましょう。


KDDI オンライン授業支援で50Gまでのデータチャージ料金を無償化

KDDI オンライン授業支援で50Gまでのデータチャージ料金を無償化

KDDI株式会社は、2020年4月1日から2020年4月30日までの間、25歳以下のお客さまを対象に、データ定額サービスにおける月間データ容量超過後のデータチャージ50GB分までの利用料金を無償化すると発表しました。


愛されてる実感がない心理になるのはこんな理由も!

愛されてる実感がない心理になるのはこんな理由も!

愛されてる実感がない心理になるのは、理由がある場合が多いですよね。実感があると、とても幸せな気持ちになれるもの。でも愛されてる実感がないと思う時、その理由について考えてみることも必要です。今回は愛されてる実感がない心理になる理由について、詳しく見ていきましょう。


ゼンリンデータコムとライナロジクス MaaS時代の輸送事業推進に向けて業務・資本提携

ゼンリンデータコムとライナロジクス MaaS時代の輸送事業推進に向けて業務・資本提携

株式会社ゼンリンデータコムと株式会社ライナロジクスは、両社の持つ資産・リソースを活用し、MaaS時代の輸送サービスプラットフォーム事業の推進に向けて業務・資本提携を実施すると発表しました。