キャリコネ、「マスコミ業界の残業が少ない企業ランキング」を発表

キャリコネ、「マスコミ業界の残業が少ない企業ランキング」を発表

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」を運営する株式会社グローバルウェイは、独自に調査した「マスコミ業界の残業が少ない企業ランキング」を発表した。


「マスコミ業界の残業が少ない企業ランキング」発表

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」を運営する株式会社グローバルウェイは、独自に調査した「マスコミ業界の残業が少ない企業ランキング」を発表した。

今回発表されたのは、年間2,000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」を運営している同社が独自調査した、マスコミ業界の残業が少ない企業のランキングについて。キャリコネのユーザーが投稿したデータをもとに、マスコミ業界に属する企業を残業時間が短い順にランキング化した。

1位はJ:COM(ジュピターテレコム)。残業28.8時間/月

今回のランキングにおいて1位を獲得したのは、ケーブルテレビ放送の「J:COM(ジュピターテレコム)」。平均残業時間は月間28.8時間となっており、2位を僅差でかわし1位を獲得した。

「業務量や時期によって変動はあるが、会社として残業させずに社員を早く帰そうとする雰囲気はある。水曜はノー残業の日となっている。休日出勤は基本的になく、あった場合は振替休日を取得する。比較的働きやすい環境であると感じる」
(営業/30代前半女性/年収600万円/2016年度)

「近年では残業がかなり抑えられる取り組みがなされているため、以前と比較してワークライフバランスは整っている。休みも完全週休二日制が約束されており、働きやすさには定評があると思う」
(営業/20代前半男性/年収520万円/2014年度)

2位はNHK(日本放送協会)。残業時間29.0時間/月

2位に入ったのは、テレビ放送業界から「NHK(日本放送協会)」が選ばれた。1位のJ:COMとの差は僅かに0.2時間で、僅差で敗れる結果となった。

「残業代は全て支給される。残業が多くならないように業務量が調整されている。上司と仕事を進めることも多いので勤務に関する希望が出しやすい環境にあると思います。放送に関わる業務があるので勤務時間は不規則で休日出勤もあるが、そのぶん休日があるので、満足している。夜勤や宿泊勤務もあるのだが、深夜帯には手当も発生する」
(技術関連職/20代前半男性/年収400万円/2017年度)

「裁量労働制なのでその人の仕事の仕方による。休日も休めるし、早く帰ろうと思えば帰れる。全ては自分次第。自己責任だと思う。そういう面ではちゃんと仕事をしていれば信頼して任せてもらえる裁量も増加するし、不満はない。どちらかと言えば同業他社よりは仕事しやすい印象です」
(制作ディレクター/30代前半男性/年収900万円/2017年度)

3位はサイバーエージェント。残業時間は35.0時間/月

3位に入ったのは、IT総合企業である「サイバーエージェント」。最近はストリーミング放送の「AbemaTV」や、同じくストリーミング音楽サービスの「AWA」など、マスコミ的なサービスも多く、こちらにランキングされた模様だ。

「最近はカードで入退室時間をしっかり見られていて労働時間が長い社員に関しては上長に注意がいくようになっている。広告代理店本部は、コンペ前など残業や休日出勤が多いが、メディアの方は比較的ライフワークバランスのとれている人もいる印象」
(制作ディレクター/30代前半女性/年収600万円/2015年度)

「(残業は)それほど多くはなかった。仕事はチームで分担できていた。会社の方針はベンチャーなのでよくかわるが、それは仕方がないことだと思う。みんなモチベーションが高く、非常に刺激を受けていたので、勤務時間に関して不満を持ったことはなかった。」
(広報/40代前半男性/年収1000万円/2011年度)

まとめ

マスコミ業界というと、その性質上から残業時間は多く感じる業種でもある。ランキングを見ても、やはり古くからのマスコミ業界の中心的な存在である民放放送局や、新聞社などはランクインしておらず、こうした企業はまだまだ残業時間は多いのかもしれない。

企業・会社の評判、口コミ、年収など転職・就職に役立つ情報サイト キャリコネ

https://careerconnection.jp/

転職や就職に役立つ年収・企業の評判・面接対策などの口コミ情報ならキャリコネ。転職の求人情報やスカウトサービスも提供。

関連する投稿


じゃらん、2019年GWの国内旅行人気旅行先とトレンドを発表

じゃらん、2019年GWの国内旅行人気旅行先とトレンドを発表

株式会社リクルートライフスタイルが運営する旅行サービス「じゃらん」は、2019年ゴールデンウィークの国内宿泊予約状況から、国内旅行の動向についてまとめた調査結果を発表した。


J:COM、世代毎のスマホ利用で気にしていること調査発表

J:COM、世代毎のスマホ利用で気にしていること調査発表

株式会社ジュピターテレコム(J:COM)は、各世代の男女を対象に「テレビ視聴・スマホ利用に関する世代比較調査」を実施。その内容を公表した。


NHK受信料、「ワンセグ携帯も義務」と最高裁判断

NHK受信料、「ワンセグ携帯も義務」と最高裁判断

NHKの受信契約義務があるかどうかの判断で、最高裁はワンセグ機能が付いた携帯電話の所有をしている場合「受信契約の義務がある」と判断を下した。最高裁の判断がされるのは初。


キャリコネ、「女性社員の働きやすい業界ランキング」を発表

キャリコネ、「女性社員の働きやすい業界ランキング」を発表

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」を運営する株式会社グローバルウェイは、同社が独自に集計した「女性社員の働きやすい業界ランキング」を発表した。


キャリコネ、「残業の少ない業界ランキング」を発表

キャリコネ、「残業の少ない業界ランキング」を発表

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」を運営する株式会社グローバルウェイは、同社が独自に集計した「残業の少ない業界ランキング」を発表した。


最新の投稿


ネットサーフィンを趣味にするメリットとデメリット

ネットサーフィンを趣味にするメリットとデメリット

ネットサーフィンを趣味にすると、あらゆる情報収集ができるため、本や新聞を読むよりも効率的だという人がいます。でもネットサーフィンは趣味になるの?と、不思議に思う人も中にはいるでしょう。サーフィンで波に乗るように、インターネットを楽しむのが「ネットサーフィン」。仕事の合間や通勤時間など、少し手が空いた時にすぐにできる趣味です。ネットサーフィンを趣味にすると娯楽だけでなく、自分の人生を変えるほど刺激になる場合も。しかし逆にネットにはまってしまうと、デメリットになるケースもあるかもしれません。そこでネットサーフィンの趣味には、どのようなメリットとデメリットがあるのかご解説しましょう。


LINE、新卒採用領域へ参入を発表。秋にも新サービス開始

LINE、新卒採用領域へ参入を発表。秋にも新サービス開始

LINE株式会社は、同社が運用するコミュニケーションアプリ「LINE」を活用し、新たに新卒採用領域へ参入すると発表した。秋にも新サービスとなる「LINE採用コネクト」を開始する。


おだて上手がモテる!その理由について

おだて上手がモテる!その理由について

おだて上手はモテる傾向があります。過度になってしまうと相手が引いてしまうこともありますが、一般的には好かれやすいでしょう。今回はおだて上手がモテる理由について、お伝えしていきますね。


エンゼルス大谷、日本人メジャーリーガー初のサイクル安打達成

エンゼルス大谷、日本人メジャーリーガー初のサイクル安打達成

エンゼルス大谷翔平選手が、敵地レイズ戦において日本人メジャーリーガー初のサイクル安打を達成しました。


チケット不正転売禁止法、6月14日より施行

チケット不正転売禁止法、6月14日より施行

チケットの高額転売を禁止する「チケット不正転売禁止法」が本日6月14日から施行となりました。