【書評】勝ち組の実態を知る『お金持ちの行動学』

【書評】勝ち組の実態を知る『お金持ちの行動学』

みなさんはTVや雑誌で登場する「お金持ち」が、どんな生活をし、どんな職業に就いているのか、疑問を持ったことはありませんか?そこで今日は、「どうしたら稼げるのか?」「どうしたらお金持ちになれるのか?」という、お金持ちの特質をまとめた本をご紹介します。


著者・あらすじ

橘木俊詔

日本の経済学者。1943年、兵庫県生まれ。専門は労働経済学、公共経済学。京都大学経済学博士。

あらすじ

経済学者が「お金持ちの実態」について、詳述します。「お金持ちの資格」「お金持ちとは」「お金持ちの悩み」など、統計や経済学をもとに取りまとめています。

1. お金持ちの実態

日本のお金持ちはどんな職業で、どこに住んでいるのでしょうか?高額納税者に関する職業別分布によると、第1位が「企業家」で、その割合は31.7%を占めます。第2位が「医師」で、15.4%を占めます。つまり、日本のお金持ちの約半数は、「企業家」と「医師」であることがわかります。

次にお金持ちが住んでいる場所ですが、日本のお金持ちの約3分の1が「東京在住」です。これは、経済活動が東京一極集中になっているからです。そして、意外なのが「医師」の高所得者は東京以外で、全国のいたるところに分布していることです。

2. お金持ちのお金の使い方

お金持ちのお金の使い方の王道は、家や土地などの住居ですが、その他はどうなっているのでしょうか?ゴルフを楽しんだり、競走馬のオーナーになったりと様々ですが、中でも興味深いのが「美術工芸品集め」です。

富豪と呼ばれる富豪たちは、骨董品や高価な絵画を集め「美術館をつくる人」が多くいるといいます。なぜ「美術館をつくる」のかと言えば、私的な美術品の収集を行うことと、それにプラスして美術館を訪れる人を集客できるという、趣味と実益を兼ねているからです。このようにお金持ちは、お金を使ったその先まで見据えている行動模様があります。

3. お金持ちの悩み

地位も名誉も手にしたお金持ちにも、実は悩みがあります。その代表が、「遺産相続」です。遺産相続で、家族が骨肉の争いをすることに懸念を抱いているのです。普通の人と比べ、巨額な資産を保有しているお金持ちの遺産相続には、トラブルが付き物です。相続人の数が多かったり、相続人が経済的に恵まれていなかったりする場合、必ずと言っていいほど相続争いが起こるのです。

これは、人間の欲望が存在する以上、避けては通れません。お金を保有しているがゆえに起こる問題に、お金持ちは頭を悩ませています。

まとめ

著者が最後に「どうしたらお金持ちになれるか?」をまとめています。その中で強調しているのが「勉強」です。どんな分野においても、勉強なしに成功はあり得ないと述べています。「医者」になるには、もちろん医学を勉強しなければならないし、「企業家」になるには、経営論やフレームワーク、人間心理についても勉強しなければなりません。どんな分野においても、勉強をすることが最優先課題なのです。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


書評 お金持ち 行動学

関連する投稿


【書評】“女性向けマネジメント”の神髄を知る『フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』

【書評】“女性向けマネジメント”の神髄を知る『フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』

今、仕事も育児も充実させたいと考えている女性が増えています。今までは、バリバリのキャリアウーマンか、子育てや家庭を優先させる専業主婦が一般的でした。しかし現代は、仕事も育児も充実させたいという“フルキャリ”と呼ばれる女性たちの進出が目立っているのです。そこで今日は、働き手として重要なキーマンとなる“フルキャリ”についてまとめられた本をご紹介いたします。


【書評】世界の偉人が生んだ“テクノロジー”を学ぶ『世界を変えた60人の偉人たち 新しい時代を拓いたテクノロジー』

【書評】世界の偉人が生んだ“テクノロジー”を学ぶ『世界を変えた60人の偉人たち 新しい時代を拓いたテクノロジー』

連日「AI」「IoT」などの先進テクノロジーが、メディアを賑わしています。しかし、これら技術は、ある日突然生まれたわけではありません。先人の知恵と技術から、生まれたものばかりです。彼らが一体どうやって、テクノロジーの礎を築いたのでしょうか?そこで今日は、新しい時代を開拓してきた“偉人たち”がまとめられた本をご紹介いたします。


【書評】“心の動き”が読めるようになる『世界最先端の研究が教えるすごい心理学』

【書評】“心の動き”が読めるようになる『世界最先端の研究が教えるすごい心理学』

「心理学が学びたい!」と思っても、書店にはたくさんの心理学本があり、どれを選んだらいいかわかりません。さらに、「なんだか怪しい」と思われる信憑性の低い本もあります。そこで今日は、世界最先端の研究から導き出された「エビテンス」のある心理学書をご紹介します。


【書評】どんなビジネスシーンでも“対応できる人”になる『ビジネスで使いこなす「定量・定性分析」大全』

【書評】どんなビジネスシーンでも“対応できる人”になる『ビジネスで使いこなす「定量・定性分析」大全』

「意思決定のスピードを上げたい」「問題解決力を身につけたい」上昇志向の高いビジネスパーソンであれば、誰もが抱える願望です。どうすれば意思決定のスピードが上がり、問題解決力が身につくのでしょうか?そこで今日は、さまざまなビジネスシーンに対応できる、この「2つの力」が身についてしまう本をご紹介いたします。


【書評】世界が取り組む“アジェンダ”について理解する『SDGsビジネス戦略』

【書評】世界が取り組む“アジェンダ”について理解する『SDGsビジネス戦略』

近年、メディアで「SDGs」という言葉を頻繁に見かけるようになりました。このSDGsには一体どんな意味があり、どんな活動が行われているのでしょうか?そこで今日は、“未来を考える上で欠かせない”SDGsについて、理解を深めたいと思います。


最新の投稿


逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちという考え方は、悪いイメージを抱く人もいるでしょう。嫌なことに正面から立ち向かえる人は、結果がどうであれ達成感を覚える場合が多いはず。しかし振り返らず、常に前進し続ける人生は疲れが溜まり、どうすればよいか行き先が見えなくなるケースがありませんか。臨機応変という言葉のように、シチュエーションに合わせて対応することが理想的かもしれません。これ以上無理だと思った時は、逃げるが勝ちの法則で幸福になるのも必要なのです。では困った場面に出くわした時の対策として、逃げるが勝ちで幸福になるポイントをご紹介しましょう。


起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

株式会社NTTドコモは、インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報提供から、ドラブルに遭った際のサポートまでを総合的に行うサービス「ネットトラブルあんしんサポート」を開始すると発表した、


LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE株式会社は、同社のグループ会社であるGatebox株式会社より、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」を販売開始すると発表した。


au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

KDDI、沖縄セルラーは、サムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」をauブランドで独占販売を開始すると発表した。