スポーツチャンバラのルールと本格的に始める方法

スポーツチャンバラのルールと本格的に始める方法

スポーツチャンバラは、ルールを守りプレイすれば日頃のストレス発散に最適です。チャンバラ遊びは、子供時代にやった経験がある人もいるでしょう。しかしつい興奮して、相手に痛い思いをさせてしまったということもあるはずです。スポーツチャンバラは一見遊びのようにも見えますが、大会もありもちろんルールに沿って戦うものです。最近は、趣味を持つ人が少なくなったといわれている時代。ストレスの溜まる生活では、毎日の暮らしが窮屈に感じますよね。そんな人にもオススメのスポーツチャンバラの、基礎的なルールと趣味として始める手順についてご紹介しましょう。


スポーツチャンバラとは?

新聞紙を丸めた棒を使って、追いかけっこをした子供時代。自由奔放にやっていたチャンバラごっこを、専門の道具を使い安全に公平に行うことを目的としたスポーツです。使うものはエアーソフト剣と呼ばれるもので、剣の中は空気なので柔らかく安全に戦えることが魅力的ですね。

スポンジ製のスティックだと、素材によって公平に競技ができないこともありました。でも安全に開発されたスポーツチャンバラ用のエアーソフト剣は、世界共通で競技できる特徴もあるのです。スポーツチャンバラを略した「スポチャン」は、年齢層の幅が広く国境を越えて世界で愛好者が増えています。自由な戦いではありますが、基礎的なルールを守り公平に競技することが大切です。

打たれた音が鳴ったら負け

スポーツチャンバラのルールは、とてもシンプルで簡単です。子供でも参加できるように、勝敗を決めるのは相手に体を打たれた時の音がポイントになります。エアーソフト剣は体に当たると「パン」という音が鳴り、判定しやすく設計されていますので小さな子供でも判定が可能です。

スポーツチャンバラで使う剣は色々な種類があり、小剣や盾、両手剣などその競技に合わせて選びます。音が鳴る「有効打」は、しっかり相手の身体に打ち込むことがポイント。大人と子供が対戦する場合も、スポーツチャンバラはとてもフットワークが活かせる競技です。そのため身長差を活かして相手の脚を狙うなど、自由に作戦を練ることも楽しみ方のひとつだといえるでしょう。

防具について

木の棒を振り回すような昔のチャンバラは、つい本気になると怪我をする危険な場面もありましたよね。スポーツチャンバラではエアーソフト剣を使いますが、万が一のために防具も着用することがルールです。使うものはフェイスガードのみが一般的で、あらゆるデザインがありますので好みのタイプを選びましょう。通販でも購入が可能です。

防具の値段相場は一万円~数万円と高いものがありますので、初心者は安い防具でもよいでしょう。実際に手にして選ぶなら、スポーツ用品専門店がオススメです。各サイズがあり、被った時のフィット感などは実際に手にして確認しなければわかりません。剣は短刀や小剣タイプなら一万円前後で、リーチの長い槍や棒タイプは二万円ほどで販売されています。

基本のルールについて

スポーツチャンバラのルールは、剣道などの武道競技と同じで試合時間は三分となっています。三本勝負で勝ち負けを判定し、二本先取したほうが勝ちです。勝敗がつかない場合は、延長戦に持ち越されます。競技をする場所は体育館などの平坦な場所で、広さは9×6m四方。試合会場や人数によって、広さが若干変わることもあります。

大会ではスポーツチャンバラ協会公認の審判員が勝敗を判定し、主審一人と副審二人でそれぞれが三方向から目視により有効打を判定しています。剣道の場合は竹刀を落とすと反則が取られてしまいますが、スポーツチャンバラの場合は剣を落としてもそのまま試合は続行されるのです。また場外に両足が出てしまう反則は、二回行うと負けとなります。このルールは剣を落とした人がわざと場外に出て反則をもらい、剣を拾って体勢を取り直すという戦法としても使われているでしょう。

色々な競技方法がある

スポーツチャンバラは「対戦」と呼ばれる一対一の競技や、一対三などの人数が異なる「乱戦」があります。また広い体育館のようなスペースを使う、30対30などの集団で行う「合戦」なども人気となっているでしょう。

大人と子供のように体力や体の大きさが違う場合の戦いは、武器の長さを変えて対戦します。剣の種類でハンデをつけることで、平等に戦うことができるのです。世界チャンピオンでも小さな子どもが長剣を使い、同時に数人で攻めていけば勝つことも可能。車いすの人も参戦できるため、誰でも楽しめることがスポーツチャンバラの魅力といえますね。

道場で練習しよう

スポーツチャンバラを始めるためには、教室や道場で習うことをオススメします。協会が認定する公認の教室や道場は、日本全国で200前後あるといわれています。どこでも初心者は歓迎されていますので、お近くの教室などをまずはチェックしてみましょう。さらに本格的に習得するなら、技能資格講習会を受けることもオススメです。地区ごとに講習会を開催していますので、協会本部のサイトで詳細をチェックしてくださいね。

まとめ

体力や精神力、教育面にもメリットが期待できるスポーツチャンバラ。ルールを守り、フェアプレイであらゆる人たちとの関わりを楽しんでくださいね。

関連するキーワード


スポーツチャンバラ ルール

関連する投稿


【書評】睡眠を使って成功!?する『自分を変える睡眠のルール』

【書評】睡眠を使って成功!?する『自分を変える睡眠のルール』

現代人は多忙の中に生きています。仕事に勉強と、やることがたくさんあります。つい寝る間も惜しんで仕事や勉強に打ち込んでしまいます。しかし、なぜか効率が悪く成果が出ない。それは、そもそも睡眠の「使い方」を誤解しているかもしれません。そんなビジネスパーソンに送る、睡眠の新しいコンセプトについてご紹介いたします。


最新の投稿


彼氏に会いたいと女性が強く思う時

彼氏に会いたいと女性が強く思う時

彼氏に会いたいと女性が思うのは、どのような時が多いのでしょうか。彼氏に会いたい…と思いながらも、気持ちを素直に言えない女性もいますよね。今回は彼氏に会いたいと女性が強く思う時について、お伝えしていきましょう。


ドクターシーラボ、2019年「玉の輿だと思う職業」第1位は!?

ドクターシーラボ、2019年「玉の輿だと思う職業」第1位は!?

株式会社ドクターシーラボは、18-59歳の未婚女性362人に「玉の輿」に関するアンケート調査を実施。その内容を公表した。


趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味にかかる費用は、いくらまで出すことができますか。一ヵ月に趣味のために一万円以上のお金をかけるのは、生活に支障をきたす可能性も。本来の趣味は、ストレス発散や癒しの時間です。ですからコストがかかりすぎて、逆に負担を感じながら趣味を続けるのは本末転倒になってしまうでしょう。しかし中には、こだわりを持って趣味を続ける人も少なくありません。そこでこれから趣味を見つけようとしている人に知っていただきたいのが、趣味の費用で高額なものについてです。働いたお金が全て趣味で消えてしまった…ということにはなりたくありませんよね。そのためには、これから事前にチェックしておきましょう。


2018年度「12月生まれベビーの名づけトレンド」発表

2018年度「12月生まれベビーの名づけトレンド」発表

株式会社ベビーカレンダーは、2018年12月生まれの13,225名を対象に「12月生まれベビーの名づけトレンド」に関する調査を実施。その内容を公表した。


ディップ、求職者が仕事探しで重要視する3大要素を公開

ディップ、求職者が仕事探しで重要視する3大要素を公開

総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社は、同社のディップ総合研究所がアルバイト・パート計3,036名に対して「仕事探しに関するインターネット調査」を実施。その内容を公表した。