野球観戦の持ち物チェック!これがあればもっと楽しくなる!

野球観戦の持ち物チェック!これがあればもっと楽しくなる!

野球観戦の持ち物は何を準備すればよいのか、事前にあれこれ心配になる人や手ぶらでふらりと出かける人もいるでしょう。しかしせっかく目の前で観戦するプロ野球。もっと楽しむためには、あると便利なアイテムがいくつかあることをご存知でしたか。そこで野球マニアなら必ず持参する持ち物として、準備するべきものをご紹介しましょう。こんな時にあれば…という便利なアイテムは、実際に野球観戦した人にしかわからないものです。そこで早速ですが、野球観戦の初心者に向けて便利な持ち物について見ていきましょう。


座布団

野球観戦の持ち物で、あるととても便利なアイテムが座布団です。野球場はVIP席などの高額なところ以外は、椅子がプラスチック製になっています。そのため試合前から座っていると、長い場合で4時間ほど硬い座席の上に座っていなければならないのです。

そこで座布団があると快適に野球観戦ができ、お尻が痛くなるたびに席を立つ必要はありません。またチケットを当日購入する場合に、長時間外に並んで座ることもあるでしょう。そんな場合にも携帯できる座布団があれば、地面に座る時にも快適ですね。折り畳みできる座布団は持ち運びが簡単で、バッグに入れておくと安心です。もちろん大きな座布団を持っていくことも方法ですが、野球場の座席は意外と小さいため椅子からはみ出してしまう可能性もあります。

ゴミ袋

スーパーの袋などは、一枚あると何かと便利です。たとえば野球観戦中にいきなり雨が降り、持ち物が濡れないように袋を使うこともできるでしょう。また上段の席からドリンクがこぼれてくる場合もあるので、袋の中にカバンを入れて防水しておくこともできます。またマナーとして、ゴミを持ち帰るのにもとても便利。混雑するスタジアムでは、ゴミ箱を見つけるのも大変です。スーパーの袋や通常のポリ袋など、場所をとるアイテムではないので必ず1枚はバッグに入れておきましょう。

チケットホルダー

野球観戦の持ち物で、絶対に忘れてはいけないものがチケットです。しかし入り口の係員に見せる時にチケットがなかなか見つからず、ヒヤッとした経験がある人も多いのではないでしょうか。チケットホルダーには紐がついているので、首からぶら下げておけば大丈夫です。もし手ぶらで野球観戦をしたい時は、チケットホルダーにお金や身分証明書だけを入れていくことも可能でしょう。色々なデザインのチケットホルダーが販売されていますので、女性もひとつ持っているととても便利になります。

ウェットティッシュ

あると意外にも活躍してくれるアイテムに、ウェットティッシュが挙げられます。自分の座席が汚れている時にさっと拭き取ったり、ドリンクや食べ物で手が汚れたりした時にもあると助かるアイテムです。トイレに行って手を洗いたいと思っても、混雑している場合は自分の座席から通路に出るだけでも一苦労。

盛り上がっている時に周囲の人の前を通過するのは、かなり気が引けるものなのです。ウェットティッシュは小さな子供がいる家族連れにも不可欠なアイテムなので、携帯できる小さいパックをひとつカバンに入れておきましょう。

虫よけ

野球観戦の持ち物で、あると便利なのが虫よけ。真夏の熱帯夜、外で野球観戦をしていると蚊や虫が飛んでくることがよくあります。荷物を増やしたくない時は、出かける前に必ず肌が露出している部分にスプレーしておきましょう。また最近では、100円ショップでも販売されている虫よけのブレスレットもあります。常に着用して、野球観戦することもオススメですね。

熱中症対策グッズ

野球観戦はデーゲームの場合、シーズン中はかんかん照りの中で数時間も座っていなければなりません。すると日に焼けてしまい、女性だとお肌の負担が気になることもあるでしょう。そんな時にあると便利なのが、日焼け止めなのです。

旅行用の小さなボトルに移し替えて携帯しておけば、野球観戦中は充分間に合います。そして夏は熱中症対策も欠かせないことのひとつで、ペットボトルのミネラルウォーターや熱中予防のキャンディーなども少し持っておきましょう。何よりも当日の体調が万全であることが必要なので、疲れている時や不安な時は無理に出かけずにいたほうが安心ですね。

双眼鏡

実際に野球場に行くと、テレビで見るように選手の表情までわかるほどよく見えることはありません。よほど近くの席をゲットしない限りは選手の姿がはっきりと見えないので、双眼鏡を持っていくとよいでしょう。折りたためるオペラグラスなどのポケットサイズがありますので、持ちやすいものがオススメです。

まとめ

野球観戦の持ち物は色々とありますが、ドームの野球場か屋外によっても必要なアイテムが変わってきます。まずは一度野球観戦に出かけ、あると便利なものと不要なものを自分で確認してみるとよいでしょう。スポーツ観戦は、その場にいないと体験できない刺激や興奮があります。野球に詳しくない人でも選手図鑑などを使って事前に情報収集してから出かけると、もっと楽しみ方が広がるでしょう。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


野球観戦 持ち物

関連する投稿


ミニマリストの持ち物・厳選された愛用品について

ミニマリストの持ち物・厳選された愛用品について

ミニマリストの持ち物はこれからの時代にとても便利で、快適な暮らしに欠かせないものが色々とあります。断捨離ブームが始まり、家の中をすっきりと整頓している人は多いものですが、いつも使うアイテムも見直しが必要です。なんでもものが揃っている生活は、一見不安をなくすメリットがあるように見えますが、実はものにあふれた生活はストレスを生む要因にもなっています。そんなものが豊富な今の時代に、かなり注目されているミニマリスト。持ち物のアイデアを活かし、自分らしく素敵な生活をスタートしませんか。


ハイキングの持ち物チェック!ストレス発散効果をさらにアップするアイテム

ハイキングの持ち物チェック!ストレス発散効果をさらにアップするアイテム

ハイキングの持ち物を出発前にきちんとチェックして、安全に楽しくアウトドアを楽しんでみませんか。ハイキングはゴールに到着するまでの道のりが時には辛く、もくもくと歩くのがつまらないと感じる人もいるでしょう。しかしやってみないとわからない魅力や楽しみがあり、一度ハイキングに行くと次はどこを目指すかワクワクしてきます。自然が相手のハイキング、気軽に行けるコースもありますが、やはり持ち物は万が一のことを想定してしっかりと準備しておかなければなりません。そこでハイキングの持ち物や、楽しい登山をサポートするアイテムについてご紹介しましょう。


やっぱり生は違います。夏の夜はぜひ球場で野球観戦を!

やっぱり生は違います。夏の夜はぜひ球場で野球観戦を!

皆さんは野球観戦をする際、テレビから応援しているという人がほとんどなのではないでしょうか。もちろんテレビでも十分野球を楽しめますが、やはりたまには実際に球場に足を運び、現場の熱気の中で応援してみませんか。球場での観戦は、テレビでは決して味わえない楽しみがあるのです。今回は球場での野球観戦の魅力について紹介します。


最新の投稿


日本政府 米月面着陸計画に参画を決定

日本政府 米月面着陸計画に参画を決定

日本政府は、米国が現在進めている月面着陸計画「アルテミス計画」に対して、正式に参画することを決定した。


ソニー ヤマハと共同開発した無人エンタメ車両によるサービス開始

ソニー ヤマハと共同開発した無人エンタメ車両によるサービス開始

ソニー株式会社は、ヤマハ発動機株式会社と共同開発したエンタテインメント用車両「Sociable Cart(ソーシャブルカート):SC-1」を用いたサービスを開始すると発表した。


GunosyとAbemaTVがパートナーシップを締結

GunosyとAbemaTVがパートナーシップを締結

株式会社Gunosyは、株式会社AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」とパートナーシップを締結し、同社の情報キュレーションアプリ「グノシー」にてコンテンツの一部を配信開始すると発表した。


ダラダラと過ごしていませんか?寝起きから仕事モードへ切り替える方法

ダラダラと過ごしていませんか?寝起きから仕事モードへ切り替える方法

目覚めた後も布団から出られず二度寝をしてしまったり、起床後も頭が冴えずダラダラと過ごしてしまうなど、朝の時間を有効活用できないという悩みを持つ人も珍しくありません。可能な限り早く仕事モードに切り替え、気持ちよく1日のスタートを切りたいですよね。目覚めを良くするためのポイントは、体を活動状態にする交感神経を刺激することだとされています。体をリラックスさせる副交感神経優位な寝起きの状態から、交感神経優位の状態へスムーズに移行させる事ができれば、スッキリとした朝を迎える事ができるはずですよ。


集中力や達成感も減ってしまう、マルチタスクによる悪影響

集中力や達成感も減ってしまう、マルチタスクによる悪影響

勉強や仕事をしながらも、手元のスマホが気になってついSNSやニュースを眺めてしまう事がありますよね。その結果時間ばかりが過ぎて、本来集中するべき作業が全然捗らないという非効率的な状態に陥ってしまいます。同時並行で物事を進めるマルチタスクは、一見効率が良いように見えて、実際は集中力を分散させ生産性を落としてしまうことがわかっています。大切なのはスマホを操作しながら何かをする習慣を断ち切り、目の前の1つ1つの作業にのみ集中する事なのです。