「若者のライフスタイルに関するアンケート調査」若者の一番の悩みは「お金のこと」

「若者のライフスタイルに関するアンケート調査」若者の一番の悩みは「お金のこと」

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、「若者のライフスタイルに関するアンケート調査」を実施。その内容を公開した。


若者の一番の悩みは「お金のこと」

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、「若者のライフスタイルに関するアンケート調査」を実施。その内容を公開した。

今回発表されたのは、同社が独自に調査した「若者のライフスタイルに関するアンケート調査」の内容について。18歳〜24歳の1,502名を対象にインターネット上での意識調査を行なった。

この発表によると、今悩んでいることが何であるかを聞いたところ、1位は「お金のこと」(49.0%)で、2位は「仕事・就職のこと」(46.1%)、3位は「今後の未来のこと」(43.7%)との結果となった。

回答者を20歳に絞って3年前から比較をしてみると、2016年では1位が「今後の未来のこと」、2017年では1位が「今後の未来のこと」、2018年では1位が「今後の未来のこと」と3年連続して「今後の未来」が1位になっているが、今年の20歳の回答では、1位が「お金のこと」(45.0%)、2位が「仕事・就職のこと」(44.1%)、3位が「今後の未来のこと」(40.8%)となっているとのこと。

消費税増税への反対派は5割

理由は、「使われ方が不透明」「出費が増えて苦しい」「景気が悪化する」

若者を悩ませる「お金」と言えば、10月に実施される消費税の増税。消費税が10%に上がることに対する意識を聞いたところ、「増税に反対である」との回答が48.3%、「増税に賛成である」との回答が21.8%、「どちらでもない」との回答が29.9%となり、半数近くが消費税増税に反対であると回答をしている。

その理由を自由回答で聞いたところ、増税反対派では「使われ方が不透明」「出費が増えて苦しい」「景気が悪化する」といった回答が多く、賛成派では「仕方がない」「やむを得ない」との回答が多く見てとれたとのこと。

まとめ

若者へのアンケート調査において、1位が「お金のこと」となったのには興味深い。これまでの3年間が
「今後の未来のこと」という将来の漠然とした不安だったのに対して、今年は「お金のこと」という具体的な悩みが出てきている。

今後、消費税増税などもあることから、皆さんのお財布事情にも直結することもあって、こうしたことが若者の「お金」に対する不安心理を煽っているのかもしれない。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

関連する投稿


オトバンク、東京ガス、CCC、アニメイト、VOYAGE、ニッポン放送の5社と資本提携

オトバンク、東京ガス、CCC、アニメイト、VOYAGE、ニッポン放送の5社と資本提携

オーディオブックの制作・配信を手がける株式会社オトバンクは、東京ガス、CCC、アニメイト、VOYAGE、ニッポン放送の5社と資本提携すると発表した。


CCCが日本最大の共創コミュニティの「Blabo!」を買収し子会社化を発表

CCCが日本最大の共創コミュニティの「Blabo!」を買収し子会社化を発表

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、日本最大の共創コミュニティ「Blabo!」を運営する株式会社Blaboの発行する株式を100%取得し、グループ会社したと発表した。


iPhoneを車の鍵として使用。業界団体が規格を制定

iPhoneを車の鍵として使用。業界団体が規格を制定

モバイルデバイスと自動車の連携に関する業界団体「The Car Connectivity Consortium (CCC)」は、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンを自動車の鍵として使うための規格を制定したと発表した。


CCC、主婦の友社を子会社化

CCC、主婦の友社を子会社化

TSUTAYAなどを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、大日本印刷が保有する出版社・主婦の友社を子会社化したと発表した。


最新の投稿


彼氏に会いたいと女性が強く思う時

彼氏に会いたいと女性が強く思う時

彼氏に会いたいと女性が思うのは、どのような時が多いのでしょうか。彼氏に会いたい…と思いながらも、気持ちを素直に言えない女性もいますよね。今回は彼氏に会いたいと女性が強く思う時について、お伝えしていきましょう。


ドクターシーラボ、2019年「玉の輿だと思う職業」第1位は!?

ドクターシーラボ、2019年「玉の輿だと思う職業」第1位は!?

株式会社ドクターシーラボは、18-59歳の未婚女性362人に「玉の輿」に関するアンケート調査を実施。その内容を公表した。


趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味にかかる費用は、いくらまで出すことができますか。一ヵ月に趣味のために一万円以上のお金をかけるのは、生活に支障をきたす可能性も。本来の趣味は、ストレス発散や癒しの時間です。ですからコストがかかりすぎて、逆に負担を感じながら趣味を続けるのは本末転倒になってしまうでしょう。しかし中には、こだわりを持って趣味を続ける人も少なくありません。そこでこれから趣味を見つけようとしている人に知っていただきたいのが、趣味の費用で高額なものについてです。働いたお金が全て趣味で消えてしまった…ということにはなりたくありませんよね。そのためには、これから事前にチェックしておきましょう。


2018年度「12月生まれベビーの名づけトレンド」発表

2018年度「12月生まれベビーの名づけトレンド」発表

株式会社ベビーカレンダーは、2018年12月生まれの13,225名を対象に「12月生まれベビーの名づけトレンド」に関する調査を実施。その内容を公表した。


ディップ、求職者が仕事探しで重要視する3大要素を公開

ディップ、求職者が仕事探しで重要視する3大要素を公開

総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社は、同社のディップ総合研究所がアルバイト・パート計3,036名に対して「仕事探しに関するインターネット調査」を実施。その内容を公表した。