それ意味ある?世界の変な法律10本

それ意味ある?世界の変な法律10本

法律は、頭では納めることが困難なほどの数が存在していますよね。日本の法律もそうですが、海外には「どうしてそんな法律が?」と耳を疑うようなものまで国で定められています。海外に住んだり旅行へ行ったときには、うっかり法律違反になってしまうこともあり得ます。そこで今回は、信じられないような世界の変な法律10本をご紹介します。


1.【アメリカ・ネバダ州】髭面でキスしてはいけない

Getty logo

アメリカのネバダ州では、髭を生やした男性が女性にキスをするのは違反行為だそうです。

女性の中には、キスをする時ひげが邪魔になるとして嫌悪する人はいますが、法で定められるほど重罪な行為には思えませんよね。

アメリカへ住む機会があれば、髭にも注意を払う必要がありそうです。

2.【フランス】ブドウ畑の上にUFOを着陸してはいけない

フランスといえば、ブドウ畑が沢山あってワインで有名な国ですよね。そんな大事なブドウ畑の上にUFOを浮遊させたり着陸させると罰せられます。

当たり前のように法で定められていますが、そんな状況に陥ることはまずなさそうですよね。もしもフランスでUFOを見かけた時は、ブドウ畑意外の場所に誘導してあげましょう。

3.【アメリカ・カリフォルニア州】汚れた下着で洗車するのは禁止

Getty logo

カリフォルニア州では一度使った下着で洗車をすると車が汚れると言われています。

迷信のような法律ですが、きちんと州で定められているのだから守っておくのが吉でしょう。

カリフォルニア州に行った際は、汚れた下着を着用して洗車したことがあるか現地の人に聞いてみたいですね。

4.【イタリア】ビーチで砂のお城を作ってはいけない

ビーチに行ったら、誰もが一度は作ったことがある若しくは見たことがある「砂のお城」ですが、イタリアではビーチで砂のお城を作ることは禁止されています。

ついうっかり作ってしまいそうですが、見つかれば罰金が課せられるかもしれませんのでご注意を。

5.【イタリア】23時30分以降ベンチに3人以上集まるのは禁止

Getty logo

イタリアは罰則だらけの国で、「それくらいいいじゃん・・・」と思うような法律が沢山あります。

先程紹介した砂のお城は特にそうですよね。

そして、同じくらい「なんで?」と思わせる法律が”23:30以降ベンチに三人以上集まってはいけない”です。

夜中というのがポイントなのでしょうか。
友だち数人と夜中に歩いていて、疲れたかたといってベンチで休憩しないように気を付けましょう。

6.【ドイツ】飲み物はグラスの線を超えなくてはいけない

ドイツはビールで有名な国ですよね。レストランにはグラスに線が引かれていて、線以下でビールを提供するのは違反行為だそうです。

もちろん、ビールだけではなくドリンクも同じです。お客としては損をしなくてすみますが、働いている者としては慎重になりますよね。

グラスの線を超えていなくてお客さんに訴えられたら、確実に負けてしまうでしょう。

7.【イギリス】トイレを貸さないのは違法

イギリスのスコットランドでは、トイレを貸してほしいと頼んだ人に貸さないのは違法となっています。

見ず知らずの人を家にあげてトイレを貸すことは勇気のいることですよね。もし、泥棒であった場合は本末転倒です。

逆に、どうしてもトイレに行きたくなった時は、近くの家に頼み込んでみると貸してくれるかもしれません。

8.【オーストラリア】日曜日はピンクのショートパンツは禁止

オーストラリアでは、日曜日にピンクのショートパンツを履くことを禁止しています。

どうしてピンクのショートパンツなのでしょうか?しかも日曜日だけ禁止なのも謎です。

理由は分かりませんが、ショートパンツを選ぶときはその日が何曜日なのかしっかりと把握しておきましょう。

9.【メキシコ】国歌を歌い間違えると罰金

Getty logo

日本の国歌は短いですし、全て覚えて正しく歌いきることは容易ですが、他国の国歌ってビックリするほど長いことがあるんですよね。

とくにメキシコでは10番まであるらしく、しかも間違えて歌うと罰金を課せられるそうです。

人前で歌う時は余計に緊張しますね。

10.【スイス】22時以降に用をたすのは禁止

スイスでは、近隣の騒音を軽減させる理由から22時以降はトイレ禁止令が定められました。

たしかに、騒音問題なら理解できますが生理現象なのでどうしようもないことではありますよね。

トイレの水音くらい多めに見てあげてもいいのではないでしょうか…。

うっかり!なんてことがないように

日本では考えられないような法律ばかりでしたが、世界にはもっと変わった法律が存在します。
また、日本では違法でも海外では合法なことがあります。

旅行や留学、転勤でうっかり法律違反してしまった!なんてことにならないように、調べておくといですね。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


法律 世界 変わっている

関連する投稿


世界の働き方から見る日本との違い!アメリカやドイツの雇用事情

世界の働き方から見る日本との違い!アメリカやドイツの雇用事情

日本では働き方を見直す姿勢が強くなってきていますが、まだ全体として浸透していないのが現実ですよね。ここでは、世界の働き方や労働者と企業の意識から、日本の働き方と比較していきます。


最新の投稿


エアボードの魅力を徹底解剖!冬のアクティビティを楽しもう

エアボードの魅力を徹底解剖!冬のアクティビティを楽しもう

エアボードの魅力は、スキーやスノーボードができない人にも注目されています。冬のアクティビティといえばゲレンデが舞台。白銀の世界で全身を動かすと、寒い季節であることすら忘れてしまいます。冬はつい家の中にこもりがちになり、インドアの場所ばかり気になりますよね。しかし冬だからこそ、アウトドアで季節を体感するのも大切です。ストレス発散方法がわからずに困っている人や、冬を退屈に感じている人は多いもの。これからはエアボードの魅力を知り、早速チャレンジしてみましょう。


人をきっかけに読みたい本をみつけるコミュニティアプリ「Booket」リリース

人をきっかけに読みたい本をみつけるコミュニティアプリ「Booket」リリース

Enbowl株式会社は、「あの人が読んでいる本が分かる!」をコンセプトに、人から本を探すブックコミュニティアプリ「Booket」のiOS版をリリースすると発表しました。


付き合って間もないカップルが悩みやすい5つのこと

付き合って間もないカップルが悩みやすい5つのこと

付き合っても間もないカップルは、幸せでワクワクした気持ちを持っているもの。でも付き合ってすぐだからこそ、持つ悩みもあるのです。今回はこの悩みと解決法について、詳しくお伝えしていきましょう。


コストコ 日本向けオンラインショッピングサイトをオープン

コストコ 日本向けオンラインショッピングサイトをオープン

コストコホールセールジャパン株式会社は、新たなビジネス展開として、コストコオンラインショッピングサイトをオープンしました。


タクシー配車アプリ「MOV」 運転手向けに「お客様探索ナビ」を提供開始

タクシー配車アプリ「MOV」 運転手向けに「お客様探索ナビ」を提供開始

株式会社ディー・エヌ・エーは、同社が運営するタクシー配車アプリ「MOV」において、乗務員(運転手)に対して経路をナビゲーションする「お客様探索ナビ」の商用化を開始すると発表しました。