このワードが出てきたら要注意。口癖でわかるプライドが高い男性

このワードが出てきたら要注意。口癖でわかるプライドが高い男性

自信のある男性は確かに魅力的ではありますが、中には表面上だけ取り繕っているだけの偽物も多く紛れています。いわゆるプライドが高い男性は、実際には自信がなく周囲からどう見られているか気になって仕方がありません。だからこそ強そうに振舞っているのであり、もしそんな男性と付き合ってしまうと後々苦労してしまいます。プライドが高い男性には共通する口癖があり、そこから見分けることができるのです。


「俺は…」と自分を主語にして語ることが多い

プライドが高い男性はとにかく周囲からよく思われたい、特別な人間だと関心されたいという強い承認欲求を抱えています。そして彼らは会話においても自分をアピールしようと、とにかく自分の話ばかりをしようとします。「俺は…」という風に自分を主語にして、過去の実績や自分語りなどその場の会話の主導権を握ろうとするのです。

また、相手が話している最中でも聞き手として傾聴するのではなく、すぐに自分の話に話題変更してしまいます。このような会話泥棒は、本人は気持ちよく話していても、周囲はウンザリしていることも多いのです。

本来ならば話し手と聞き手が交互に入れ替わるキャッチボールが正常なコミュニケーションの形ですが、プライドの高い男性はずっと自分のターンとしてボールを投げ続けます。もちろんボールを受け取る方のことは御構いなしです。

初めのうちは興味深く話を聞いていた人も、毎回同じような自分語りを聞かされたり、会話泥棒され続けることにストレスを感じるようになってしまうのです。

仮にこのような男性とデートをすることになったら、一日中興味のない話を聞かされる羽目になってしまうでしょう。もちろん自分のことについて話すのは何の問題もありませんが、過剰に会話の中心になりたがる男性に対しては少し警戒した方がいいかもしれません。

「でも…」など言い訳が多く、素直に自分の非を認めない

こちらが注意しても素直に自分の間違いを認めようとはせずに、「でも」や「だって」というような保身のワードが多いのもプライドが高い男性によく見られる傾向です。

本当に自信があるのなら、間違いを犯したら素直に反省し、自分の成長のためにその失敗を活かすことにエネルギーを使います。間違いを犯しても自分への信頼や価値は変わることがないと思っているからこそ、抵抗なく自身の非を認めることができるのです。

一方でプライドが高いだけの男性はどうでしょうか。彼らが気にしているのは失敗から学び成長することではなく、多くの場合周囲からの評判です。自分の非を認めること=相手からバカにされる、自分の立場が揺らいでしまうと考えているので、失敗したら謝罪よりも先に言い訳が口に出てしまうのです。

言い訳ばかりしていれば当然失敗から学ぶことはできず、加えて周囲の人も呆れて離れていってしまいます。「でも」「だって」と言い訳が多い人は異性からも同性からもモテないので、恋人はもちろん友人として付き合うのも考え直した方がいいかもしれませんね。

関連する投稿


頑張るが口癖の心理には驚くべき本音が隠れていることも

頑張るが口癖の心理には驚くべき本音が隠れていることも

頑張るが口癖の心理については、本音を知って驚くケースもあるのです。普段からよく「頑張ります!」と言ってくる人が身近にいるとしたら、本音が隠れている可能性もあるでしょう。他にも思いがあり、そう言っていると考えると本音を知りたいところ。今回は頑張るが口癖の心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


そもそもが口癖の心理を知って親しくなるには

そもそもが口癖の心理を知って親しくなるには

そもそもが口癖の人の心理を知ることで、親しくなれる可能性があるのです。口癖というのは、相手の性格や人柄を表しているケースが多いと言えるでしょう。このため相手と少しでも距離を縮めるためにも、思いについて理解していきたいところです。今回はそもそもが口癖の心理についてお伝えしていきますので、参考にしてみてください。


「なるほど」が口癖の人の特徴と耳障りになってしまう理由とは?

「なるほど」が口癖の人の特徴と耳障りになってしまう理由とは?

「なるほど」が口癖になっている人は、意外と周囲に多いかもしれません。自分ではあまり意識していない口癖。頻繁に言ってしまうと、相手が違和感を覚えてしまうこともあります。自分では相槌のつもりで言ってしまう「なるほど」という言葉。今回はこの口癖の人の特徴について詳しくまとめましたので、参考にしてみてください。


「えっと」「あのー」が口癖な人の特徴と心理

「えっと」「あのー」が口癖な人の特徴と心理

また言ってしまった「えっと」「あのー」という繋ぎ言葉。プレゼンなどの場ではなるべく使いたくないのに、ついつい口に出てしまいますよね。では、どうして話の途中に「えっと」「あのー」を多用してしまうのでしょうか。ここでは、その心理と口癖になっている人の特徴をご紹介します。


平気で嘘をつく人には要注意。こちらの自信を奪ってくる危険な性格とは?

平気で嘘をつく人には要注意。こちらの自信を奪ってくる危険な性格とは?

人は誰と付き合う人によって良くも悪くも影響を受けます。大切なのは親しくする人と同時に、離れるべき人を見極めることです。ではどんな人が危ないのかというと、その一つしてあげるとすれば、一緒にいるとなぜか自分がダメな人間に思えてくるような自己嫌悪感を感じさせる人です。彼らは一見良い人に見えますが、些細な揚げ足取りや遠回しな中傷を繰り返して相手に攻撃していきます。もしこのような人物がいたらすぐに距離を取るようにしましょう。今回は一緒にいるだけでこちらの自信が奪われる厄介な人の特徴を紹介します。


最新の投稿


告白を決意するタイミングで男性が考えやすいもの

告白を決意するタイミングで男性が考えやすいもの

告白を決意するタイミングとして、男性はどのような時を選ぶのでしょうか。勢いだけで告白をする人もいますが、タイミングを待つタイプの人もいますよね。その方が告白をした時に成功しやすいという思いもあるのです。今回は告白を決意するタイミングとして、男性が考えやすい5つのものをお伝えしていきましょう。


遠くから呼ぶ心理になる理由にはこんなものも!

遠くから呼ぶ心理になる理由にはこんなものも!

遠くから呼ぶ心理になるのは、どのような理由があるのか気になる時も。とても大きな声で周りに人がいる時に呼ばれると、少し恥ずかしいと感じる場面もありますよね。これが繰り返されると、相手の思いについて知りたくなるもの。今回は遠くから呼ぶ心理について、考えられるものを5つお伝えしていきましょう。


Meta Oculusプランドからの卒業で製品名称の変更を発表

Meta Oculusプランドからの卒業で製品名称の変更を発表

Metaは、同社傘下OculusのVRヘッドセット「Oculus Quest from Facebook」を「Meta Quest」へと名称変更すると発表しました。


自分を”卑下”して話す人の共通点

自分を”卑下”して話す人の共通点

自分を卑下する人は多いですが、何事に対しても自己否定で卑下して発言をすると、周囲からは付き合いづらいと思われる可能性があります。では卑下する人はどうして自分を良く見せて自己アピールしないのでしょうか。今回は卑下する人の特徴をご紹介します。


ワークポート 「経営理念(ミッション、パーパス)」の認識度・共感度に関する調査結果を発表

ワークポート 「経営理念(ミッション、パーパス)」の認識度・共感度に関する調査結果を発表

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者386人を対象に、会社の存在意義や価値観を表す「経営理念(ミッション、パーパス)」が従業員にどの程度理解・共感されているかについてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!