職場の空気を読んで、本来必要のない残業をしていませんか?

職場の空気を読んで、本来必要のない残業をしていませんか?

残業になってしまう人の特徴として、仕事の効率が悪いという一般的な理由の人がいる一方で、実は周囲の目を意識するあまり敢えて残業をしてしまう人も少なからずいるのです。定時退社は視線が気になって抵抗を感じるという理由から、就業時間内に仕事を終えているにも関わらず、本来必要のない残業をしてしまうのです。


定期退社が気まずく余計な残業をしていませんか?

Getty logo

日本では良くも悪くも集団の輪を乱さないよう空気を重視します。職場も同様に、1人外れた行動をすることに抵抗を感じる人も少なくありません。

確かに仕事ではそれが連帯感につながることもあるでしょう。ただ、就業時間内にノルマを終えているにも関わらず、定時退社の気まずさから本来ならば必要のない残業をしている人は少なくありません。自分は自分と割り切れるなら良いのですが、同僚が頑張っている中で定時退社は申し訳ないと思う人もいるのです。

また、上司が長時間労働=努力の証という根性論的な価値観を持っている場合、定時退社が評価にマイナスに響く可能性もあります。実際は何も問題はないのですから堂々と定時退社をしても良いのですが、「マイナスな評価をされるくらいなら…」と余計な残業を選んでしまうのです。

長時間労働する人=優秀ではありません

Getty logo

残業の非生産性が問題視されて久しいですが、未だに職場から残業がなくならないのは、長時間労働を頑張りの証と見なしてしまう風潮も原因なのではないでしょうか。

実際はどれほど働いたかではなく、どれほど成果を出したかで評価されるべきです。単位時間あたりの労働生産性が高い人の方が優秀なのです。

しかし残念なことに会社では効率よく働き定時退社をする社員よりも、深夜残業など長時間労働をする社員に好印象を抱く人が少なからずいるようです。徹夜自慢をする人が必ずいるように、結果ではなく過程が評価基準となってしまっているのです。

過程の重要性を否定する気はありませんが、それが結果よりも評価され力を注ぐようになってしまうのは明らかに本末転倒なのではないでしょうか。

日本の職場では、このような長時間労働を優秀さや会社への忠誠心とみなす価値観を持つ人もいます。残念なことに直属の上司がそのような価値観の持ち主だと、定時退社をする人間に対してマイナスな評価をしてしまうこともあります。そのため評価が下がらないよう表面的な残業をする羽目にもなってしまうこともあるのです。

自分は自分と割り切って考えましょう

Getty logo

周囲の視線が気になって定時退社をすることに罪悪感を感じる人は少なくありません。ただ、職場の空気に流されて余計な仕事ばかりしてしまえば、プライベートの時間がどんどんなくなってしまいます。

プライベートの方も充実させるためには自分は自分と割り切って、どこかで一線を引かなければいけません。もちろん現実ではなかなか難しいとは思いますが、会社だけが人生となってしまわないよう、可能な限り残業をしないという意識を持つようにしたいですね。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


新しいアイデアが浮かばない時に実践したいテクニックとは?

新しいアイデアが浮かばない時に実践したいテクニックとは?

「いくら考えても新しいアイデアが浮かばない」というシーンは誰にでもあるはずです。ただ、ここで闇雲に自分を責めても余計に時間を浪費するだけで、創造的な発想には繋がりません。新しいアイデアは落ちてくるのを待つのではなく、自分でアクションを起こして掴みにいかなければならないのです。今回は会社の企画を考える時など、発想が停滞してしまった時に実践したい方法を紹介します。


承認欲求を満たす恋愛が不幸に終わってしまう理由とは?

承認欲求を満たす恋愛が不幸に終わってしまう理由とは?

承認欲求とは簡単に言うと他人に認められたい、好かれたいという感情です。適度な承認欲求ならば行動の動機や他者への配慮となり有益ですが、その欲求が過度になってしまうのは問題です。人間関係の中で必要以上に承認欲求を求めてしまえば、満たされないことへのストレスと自己嫌悪、他人評価を基準することでの自分らしさの消失など、自分自身を苦しめてしまいます。そして今回紹介する恋愛の領域においても、承認欲求を満たそうとすれば最終的に傷つくだけの不毛な恋愛に終わってしまうのです。


いつも不毛な恋愛に終わる人がチェックしてほしい、誤った考え方

いつも不毛な恋愛に終わる人がチェックしてほしい、誤った考え方

「恋愛ではいつも相手に遊ばれて終わってしまう」という悩みを抱えている人も少なくありません。価値観や考え方が全く異なる他人と付き合うわけですから、どんなカップルでも完全に上手くいくとは限りません。ただ、毎回同じような不毛な恋愛になってしまうなら、考え方にどこか原因があるのかもしれません。


ワーカホリックに陥る前に対処を。仕事熱心と働きすぎの境目とは?

ワーカホリックに陥る前に対処を。仕事熱心と働きすぎの境目とは?

日本人は勤勉で仕事熱心の人も多いですが、熱心な度合いを超えてしまい働きすぎに陥っている人も決して少なくありません。特にワーカホリックと呼ばれるように、私生活や自身の健康を犠牲にしてでも仕事時間を捻出するような状態に陥っている人もいます。仕事に熱心なことと中毒のように支配されること、両者は少し見極めが難しいかもしれません。違いとしては、仕事と生活・健康の両輪のバランスが取れた働き方をしているかどうかが1つの判断となるのではないでしょうか。


現代では大きな損に繋がります。低いネットリテラシーが及ぼす危険性

現代では大きな損に繋がります。低いネットリテラシーが及ぼす危険性

近年の情報化社会において、適切にインターネットを使いこなす能力は必須と言えるのではないでしょうか。その中で注目されているのが、ネットリテラシーという言葉です。ネットリテラシーとは、ネット上の情報を正しく取捨選択できる能力、判断力という意味です。この能力が低いと誤った情報に流されたり、ネット上でトラブルに巻き込まれるなど、現在社会において様々なデメリットが発生してしまいます。


最新の投稿


話しかけやすい雰囲気の女性に共通するもの

話しかけやすい雰囲気の女性に共通するもの

話しかけやすい雰囲気の女性には、共通する特徴があるものです。話しかけられやすい女性になりたい、そう思う人は話しかけやすい女性になるよう普段から意識してみるとよいですね。今回は話しかけやすい雰囲気の女性の特徴について、お伝えしていきますので参考にしてみてください。


食べログ 飲食店の衛生対策情報を掲載開始

食べログ 飲食店の衛生対策情報を掲載開始

株式会社カカクコムは、同社が運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」において、飲食店の衛生対策情報の掲載を開始すると発表した。


キャンピングカーもレンタル時代!ソーシャルディスタンスを考えたアウトドアの魅力

キャンピングカーもレンタル時代!ソーシャルディスタンスを考えたアウトドアの魅力

キャンピングカーが欲しいけれどコストがかかる、そんな人の間で話題になっているキャンピングカーのレンタルサービス。今の時期は私たちの休暇の過ごし方も、違った視点で考えることが必要になっています。遊園地や映画館、ビーチなど、人混みが避けられない場所でソーシャルディスタンスを意識するのは大変ですよね。でも自宅にずっとこもりきりでは、ストレスが溜まってしまうもの。そんな時に快適なアウトドアができるとして、人気になっているキャンピングカーのレンタルサービスについて、詳しく魅力をご解説していきましょう。


自転車通勤が急増!服装の準備で考えておきたいポイントについて

自転車通勤が急増!服装の準備で考えておきたいポイントについて

自転車通勤が最近増加していることはご存知でしたか。テレワークを導入している企業もありますが、出勤しなければならない人もいますよね。満員電車は3密がどうしても避けられない場所なので、可能な人は自転車通勤にしているようです。そこで気になるのが服装について。自転車通勤の服装は何を選べばよいのか、あらゆる観点から考えておきたいポイントについてご説明しましょう。


ウォンテッドリー 社内報サービス「Internal Story」β版を無償公開

ウォンテッドリー 社内報サービス「Internal Story」β版を無償公開

ビジネスSNS「Wantedly」を展開するウォンテッドリー株式会社は、これまで限定公開だった社内報サービス「Internal Story」を、Wantedlyの有料プラン利用企業向けに申し込み不要のβ版として無償公開すると発表しました。