【BizGenic】#09 伊藤香奈美さん / WEBディレクター

【BizGenic】#09 伊藤香奈美さん / WEBディレクター

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


BizGenic プロフィール #09

株式会社クロス・マーケティング
伊藤香奈美(いとう・かなみ)さん

航空会社のグランドスタッフから、異業種である株式会社クロス・マーケティングに入社。前職とは大きく異なる業務ではありながら、様々な業種のクライアントの調査を運用し、現在は運用チームのリーダーを務める。

米国での留学体験から外資の航空会社勤務

高校に入る前から海外志向が強く、高校から留学したかったのですが、家族の希望もあって日本の高校を卒業後にアメリカの大学に入りました。留学先はカリフォルニア州のサンノゼ。シリコンバレーと言われるところで、いろんな人種の人がいて日本人であっても歓迎されて、学びやすい環境でした。

大学での専攻はジャーナリズムとマスコミュニケーションで、かつては通信社とかにも興味があったのですが、就職は留学生活での実体験をきっかけにして選びました。学生時代、飛行機に乗る機会、空港を利用する機会が多かったのですが、空港のサービスでストレスがたまることが多く、自分だったらこうするのにというのをよく感じていました。そこで、空港のグランドスタッフを志望して、欧州系の航空会社に就職することになりました。

異業種への転身

航空会社の勤務は4年ほどだったのですが、ひと通りの空港業務に携わるようになって、3年目くらいにこの先のステップというのを考え始めました。グランドスタッフの仕事はどうしてもスムーズな手続きを重視するため、お客さんと接する時間はほんの数秒、長くて何分という世界で、大量にお客さんをさばいていくみたいな形でした。やりがいがなかったわけではありませんが、もう少し長期的にお客さんと向き合う仕事をしたいというのがありました。転職を意識し始めたのはこの頃です。

転職はエージェントのすすめもあって、いろいろな業種の人と接することができるリサーチ会社に魅力を感じました。どこでも必要となるマーケティングの材料を作り出す仕事ですから、クライアントの業種も選ばないし、いろいろな世界を見られるというのが大きかったです。

1から10をくみ取る、前職の経験を次のステージで活かす

クロス・マーケティングに転職して4年目になりますが、所属はインターネット調査を実際に運用する部署です。お客さんがどういう目的で、どういったサンプルを必要としていて、どれくらいの人を対象に調査したいかという要望を受け、それを実際に運用して納品します。

前職とまったく違う業務でしたから、当初はとまどいもありました。アンケート画面作成の際に軽いプログラミングのようなことをしたり、集計データ作成ではたくさんのデータを扱って数学的な処理もします。経験がものをいうところがあって、1、2年は苦労しました。また、前職は接客業務だったので、オフィスでお客さんと対面せずに、電話やメールで形にしていく業務の進め方も、なれるまで時間がかかりました。

一方で、前職では、お客さんが何を求めているのかを一瞬一瞬で読んで動いていくのが仕事だったため、その経験は今の仕事にも生きました。お客さんがひとことふたことしか言ってくれなくても、10くみ取ることができたのは空港業務の賜かもしれません。

案件を何回か担当したお客さんで、具体的にやりたいことが曖昧で、コミュニケーションが難しいお客さんがいたのですが、案件が3回目くらいのとき、「いつもスマートに対応してもらってすごく助かっています」って言ってくれたんです。どういうことをしてあげたらいいのかわからず、手探りでいろいろやっていたので、最終的にそういう風に言っていただけて肩がすっと軽くなりました。

現在は、ちょうど数月前に辞令があって、調査を運用する部署でいくつかの業務を見るチームのリーダーをやらせてもらっています。メンバーの入れ替わりを経てようやく業務が落ち着き、きっちり案件を回せるようになってきたのですが、メンバーがお客さんからお礼を言ってもらえているのを見ると、自分がお礼を言われた時とは違った意味での喜びを感じます。

今はリーダーとして、メンバーが少しでも働きやすい環境を整えるのが私の仕事。同時にお客さんにも認めてもらえる運用のためのノウハウを教えたり、フォローしていきたいです。いつか、現場に戻ることがあったら、かつての経験を活かして海外のクライアントなど担当してみたいです。

パートナーとの出会いで、気持ちの切り替え方を覚える

オフの時間は、半年くらい前からゴルフを始めたので、週末にゴルフに行くこともありますし、朝ゴルフの練習行ってから出社することもあります。旅行も好きなので、まとまった休みが取れるときには、海外も行きますし、近場にも行きます。毎年行っているのがバリ、近場だと温泉が多いですね。

家では、Netflixにハマっていて、止まりません。海外ドラマとかすごく面白くて、やめたいのに次のエピソードが再生されてしまいます。意思を持って止めないと延々と見続けることになります(笑)。

実は7月に結婚しまして、ゴルフなど趣味はもちろん、生き方も旦那さんの影響は大きいかもしれません。この会社に入ってしばらくは、仕事とオフの切り替えができなくて、夜の10時くらいまで働いて、そのまま帰って寝て、また出社するような日々を繰り返していました。

気持ち的に一番辛い時期だったんですけど、その頃に今の旦那さんと知り合ったんです。彼はすごく遊ぶし、仕事にも手は抜かない。その頃から、アフターファイブも休みにも、意識的に人に会うようになりました。疲れていても、そのまま帰って寝るだけだとできなかった気持ちの切り替えができるようになりました。できる仕事は次の日に回したりできるようになったのも、メリハリある彼のライフスタイルや考え方に触れてからですね。

編集後記

今回のBizGenicは、マーケティングリサーチ事業で成長を続ける、株式会社クロス・マーケティング、伊藤香奈美(いとう・かなみ)さんでした。

米国への留学経験から外資の航空会社に就職し、さらに異業種のマーケティングリサーチ会社に転身した伊藤さん。一貫して、過去の経験を活かして、次への環境を自分のものにしてきたようですね。辛い時期に素敵な旦那様に出会い、視野も広がったという伊藤さん。チームリーダーとなって、新たなステージに立った伊藤さんの輝きはますます光り輝くものになりそうです。

株式会社クロス・マーケティング
インターネットを利用したリサーチ・市場調査を手がける。約377万人の大規模なアクティブパネルに対し、経験豊富なリサーチャーが調査企画から集計・分析までトータルサポートし、効率的な調査を支援。

記事掲載のお問い合わせはこちら


『BizGenic』の記事掲載をご希望の企業様はお気軽にお問い合わせください。

関連する投稿


【BizGenic】#13 近間裕見子さん / 総務部

【BizGenic】#13 近間裕見子さん / 総務部

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#12 浦井里保さん / 人事部

【BizGenic】#12 浦井里保さん / 人事部

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#11 山本美菜子さん / インターネット広告アカウントプランナー

【BizGenic】#11 山本美菜子さん / インターネット広告アカウントプランナー

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】番外編:若村菜摘さん / サイバーエージェントグループ社内プロジェクト『CAramel』

【BizGenic】番外編:若村菜摘さん / サイバーエージェントグループ社内プロジェクト『CAramel』

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。 今回は働く女性を応援する企業の取り組みにスポットを当てた番外編をお届けします。


「オリンピックに興味あり」6割。人気競技は陸上がトップ

「オリンピックに興味あり」6割。人気競技は陸上がトップ

マーケティングリサーチ会社の株式会社クロス・マーケティングは、2020年に開催される東京オリンピックに対する意識調査を実施。その内容を公開した。


最新の投稿


彼氏に会いたいと女性が強く思う時

彼氏に会いたいと女性が強く思う時

彼氏に会いたいと女性が思うのは、どのような時が多いのでしょうか。彼氏に会いたい…と思いながらも、気持ちを素直に言えない女性もいますよね。今回は彼氏に会いたいと女性が強く思う時について、お伝えしていきましょう。


ドクターシーラボ、2019年「玉の輿だと思う職業」第1位は!?

ドクターシーラボ、2019年「玉の輿だと思う職業」第1位は!?

株式会社ドクターシーラボは、18-59歳の未婚女性362人に「玉の輿」に関するアンケート調査を実施。その内容を公表した。


趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味の費用はいくら?お金がかかる趣味トップ5

趣味にかかる費用は、いくらまで出すことができますか。一ヵ月に趣味のために一万円以上のお金をかけるのは、生活に支障をきたす可能性も。本来の趣味は、ストレス発散や癒しの時間です。ですからコストがかかりすぎて、逆に負担を感じながら趣味を続けるのは本末転倒になってしまうでしょう。しかし中には、こだわりを持って趣味を続ける人も少なくありません。そこでこれから趣味を見つけようとしている人に知っていただきたいのが、趣味の費用で高額なものについてです。働いたお金が全て趣味で消えてしまった…ということにはなりたくありませんよね。そのためには、これから事前にチェックしておきましょう。


2018年度「12月生まれベビーの名づけトレンド」発表

2018年度「12月生まれベビーの名づけトレンド」発表

株式会社ベビーカレンダーは、2018年12月生まれの13,225名を対象に「12月生まれベビーの名づけトレンド」に関する調査を実施。その内容を公表した。


ディップ、求職者が仕事探しで重要視する3大要素を公開

ディップ、求職者が仕事探しで重要視する3大要素を公開

総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社は、同社のディップ総合研究所がアルバイト・パート計3,036名に対して「仕事探しに関するインターネット調査」を実施。その内容を公表した。