恩着せがましい心理で相手の思いを知ろう!

恩着せがましい心理で相手の思いを知ろう!

恩着せがましい心理は「相手や周囲のために何かをしてあげよう」という、熱い思いから働くと考えられるでしょう。しかし実際には、それがありがたく感じられるような内容ではなかったり、恩着せがましい人の態度によって感謝が薄れたりしてしまう可能性も。そこで恩着せがましい心理をよく理解して、相手の気持ちを大切にしながら接していく方法を見ていきましょう。


感謝されたい

恩着せがましい心理は、相手に感謝されたい気持ちから持つ時も。特に好意を抱く人から「ありがとう」と言われると、とても嬉しくなりますよね。なんとも思っていない人からの言葉と、好意を持つ相手から伝えられる言葉では、その価値が全く違うものなのです。

また感謝されるだけでなく「助けてくれた人」「自分のために努力してくれた人」と相手の印象に残り、好感を持たれるケースもあるでしょう。恩着せがましい心理はこのような嬉しい展開を期待して、持つようになっている可能性も高いのです。このタイプの相手は「ありがとう」という感謝を示す内容以外にも、「○○さんは、すごいですね!」などの褒め称える言葉を必要としています。わかりやすく言動で感謝の念を伝え、恩着せがましい心理がある人の思いに応えるようにしましょう。

自分のしたことを肯定してほしい

自分の行いを肯定してもらいたいため、持ち始める可能性もある恩着せがましい心理。世の中には「自分のおかげで物ごとが上手くいった」と思うかのような、強気な言動が目立つタイプの人もいます。しかしそのような人も実は自信がなく、誰かに肯定してもらいたいために、恩着せがましくなっている可能性があるでしょう。

自信がないため、自分のしたことを必要以上にアピールするというのは、考えられるパターンなのです。主張しなければ気づいてもらえないとの不安もあり、相手が驚くほどのアピールをしてくるのでしょう。しかし恩着せがましい人が、自信喪失をしてしまう必要は決してありません。基本的に恩着せがましい心理の人には、周囲を気遣い尽くす「優しさ」があるからです。それに対してこちらは気づいてあげて、優しさを意識づけながら接してくださいね。

特別な人間だと思われたい

恩着せがましい心理は、周りに特別な人間だと思われたい気持ちからも働きます。考え方や行動の仕方、オーラなどが他の人とは全く異なる、特別な存在だと主張したいのでしょう。人には絶対にできないようなことが、自分には可能だとアピールしたいのです。周りのために素晴らしい行動ができると、自分に酔っているタイプの可能性もあります。

中には「大勢の人と一緒にいてもよく目立つ、異色の存在」をカッコいいと思っている、恩着せがましい心理の人も。こういった相手には、最初に勇気を出して近づいてみて、気心の知れた友人関係になることが大切です。そして「自分が中心」と考えている恩着せがましい心理の人に合わせ、話を聞き入れてあげるようにするのがベストでしょう。

信頼されたい

恩着せがましい心理になるのは、相手に信頼されたいとの願いを持った時です。信頼してもらいたい気持ちが強くなりすぎて、過剰に相手の世話を焼いてしまう場面も。大切に思っている相手なので、自分という人物を信頼してもらいたいのでしょう。あるいは相手に好意を持っているため、喜ばせたい思いがある場合も考えられます。

大切な相手に喜んでもらい、笑顔を見せてもらうためであれば、できることを努力していきたいと考えているのでしょう。切実な承認欲求が、恩着せがましい心理に反映されています。その思いをよく理解してあげなければ、今後上手く付き合っていくのは困難に。中でも恩着せがましい人の行動や言動を否定するのは、相手の心を傷つけてしまうことにつながります。こちらとしては恩着せがましい心理が働く人の考えに、できるだけ共感してあげるようにしたいですね。

見返りを期待している

相手に対して見返りを求めている人は、恩着せがましい心理を持ちやすい傾向があります。自分はこれだけの行為をしてあげたのだから、相手も何かするのが当然だという考えも。自分の行いに対する感謝や称賛については、あまり重要視していないのかもしれません。このタイプの人が求めているのは、相手からお礼として何かをしてもらうこと。

見返りを求める性格は、どのような場面でも変わらない可能性があります。自らの意思で贈ったプレゼントや奢った食事代でさえも、なんらかの場でお返しをしてもらわなければ気が済まないのでしょう。恩着せがましい人に対応する時、まずは助け合う気持ちを大切にしてみませんか。どのような目的があったとしても、相手のために力を貸そうとしているのは事実。これは恩着せがましい心理の人が持つ、最大の魅力です。よい仲間として親密になり、絆を深めてください。

まとめ

恩着せがましい心理がある人に関しては、まず性格の根本的な部分から、改善していく必要があります。そのためには「してあげる」「してもらう」という感情や利害関係を抜きにして、本音でやりとりをしてみましょう。自分と共通点が多い相手には、大抵の人は親近感が湧いてくるものです。「あなたと同じ」「あなたの味方」ということをさりげなくアピールし、親しくなるとよいですね。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


恩着せがましい 心理

関連する投稿


起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


車を変えたい心理になる男性の思いとは

車を変えたい心理になる男性の思いとは

車を変えたい心理になる時の男性の思いには、様々なものがあるのです。どのような気持ちの時に、車を変えたいと男性は思うものなのでしょうか。今回はその心理について、お伝えしていきましょう。


花を贈る心理には愛情以外の感情も?

花を贈る心理には愛情以外の感情も?

花を贈る心理には、愛情以外の感情が含まれていることがあります。男性から花を受け取ると「愛情があるのかも」と思う女性は多いですよね。でもそれだけではない可能性もあることを、今回はお伝えしていきますので参考にしてみてください。


字を小さく書く人の心理で分かる性格

字を小さく書く人の心理で分かる性格

字を小さく書く心理で、性格が分かる場合があります。たまに小さな字を書く人を、見かける時がありますよね。どのような人なのかが気になるところ。今回は、字を小さく書く人の心理で分かる性格についてお伝えしていきましょう。


花を買う心理になるのはどんな時?

花を買う心理になるのはどんな時?

花を買う心理になるのは、どのような時が多いのでしょうか。ふと花屋さんの前を通った時に「花を買って帰ろうかな」と、思う時がありますよね。今回は、花を買う心理になる時について深く見ていきましょう。


最新の投稿


逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちという考え方は、悪いイメージを抱く人もいるでしょう。嫌なことに正面から立ち向かえる人は、結果がどうであれ達成感を覚える場合が多いはず。しかし振り返らず、常に前進し続ける人生は疲れが溜まり、どうすればよいか行き先が見えなくなるケースがありませんか。臨機応変という言葉のように、シチュエーションに合わせて対応することが理想的かもしれません。これ以上無理だと思った時は、逃げるが勝ちの法則で幸福になるのも必要なのです。では困った場面に出くわした時の対策として、逃げるが勝ちで幸福になるポイントをご紹介しましょう。


起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

株式会社NTTドコモは、インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報提供から、ドラブルに遭った際のサポートまでを総合的に行うサービス「ネットトラブルあんしんサポート」を開始すると発表した、


LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE株式会社は、同社のグループ会社であるGatebox株式会社より、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」を販売開始すると発表した。


au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

KDDI、沖縄セルラーは、サムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」をauブランドで独占販売を開始すると発表した。