隣に座らない心理は嫌いだから?それとも…

隣に座らない心理は嫌いだから?それとも…

隣に座らない心理について、なぜだろう?と相手の思いが気になることも。隣に座らない心理には、どのようなものがあるのでしょうか。今回はその思いについて、深く見ていきましょう。


緊張をしたくない

相手に対して異性として意識をしているので、隣に座ることで緊張をすると自分で分かっていることもあります。この場合は、できるだけ緊張をしたくない、緊張をした自分を見せたくないので、隣に座らない心理になるのでしょう。

相手の隣に座っても、緊張しそうもないと思うのなら、堂々と座れる場合もあります。でも自分の中で、緊張をするとイメージができるで、これを避けたいと考えているのでしょう。想像力が豊かな人は、緊張をした後にどうしたらいいのだろう…と考えてしまうので、より隣に座らないようにしてしまうのです。この場所しか空いていないような時には、仕方がないと思うかもしれません。でもそうではないとしたら、好意を持つ相手と少し離れたところに座るようにするでしょう。最初から自分なりに調整ができるように、事前に状態をチェックをしているような慎重なタイプの人もいるのです。

話すのが面倒

隣に座ることで、相手と話さなければいけないと思うと、とても面倒に感じる相手もいますよね。相手に対して嫌いと思っているわけではないのですが、面倒な相手というのは存在するもの。席について見た時に、面倒に感じるような相手がいるとしたら隣に座らない心理が働くものでしょう。例えば飲み会などの席では、席を選ぶのがある程度自由なケースもありますよね。

こういう時に選ぶのは、話していて楽しいと思える相手の隣でしょう。わざわざ面倒だと感じる相手の横には、座りたくないと考えるのは当然の気持ちなのです。面倒だと他の人も、その人物に思っている可能性があるでしょう。この場合は、気が付けばその人の横には、誰も座らないような場面もあるかもしれません。もしこういう時に、隣に座らないと仕方がない…と思うのなら、大人としては座って話すようにするしかない時もあるでしょう。周りから見ると、勇気があり大人の対応ができる人として、見られる例もあるはずです。

誤解されたくない

相手から誤解されたくないと思うのは、相手に対して嫌いだという思いを持つからです。異性の隣に座ったことにより、脈ありだと誤解されたくないと思うでの、隣に座らない心理になる時も。誤解されても構わないと思う相手の隣になら、座ってみようかな…と思うものでしょう。でも誤解をされて、勘違いをされるようなことは避けたいと思うので、隣に座るのを避けるようにしているのです。

もし隣に座ってしまい、周りからも誤解をされるリスクは避けたいと思うもの。噂になるようなことも嫌だなと思うのは、当然の感情でしょう。でも過度に相手を避けてしまうと、傷つけてしまうかもしれません。このため、適度な対応の仕方が求められるでしょう。

異性と話すのが苦手

異性とのやり取りの中で、話題をちゃんと出さなければとプレッシャーを感じる人も。この場合は、異性の隣にはできるだけ座らないようにしたいと思うでしょう。異性との会話が得意で、どんどん話していきたいと思うのなら、あえて異性の隣に座るようにするはずです。でも自分は異性との会話が苦手だと分かっているので、隣に座るのが不安になるのでしょう。

もしも隣に座ったとしても、何も話題を出せないとしたら困ってしまうと思うと、座れなくなってしまうのです。相手から良い印象を持たれたいと願うとしたら、より怖くなってしまうもの。相手が好きな話題について知らないとなると、上手に話せる気がしないので隣に座るのを避けてしまうのです。

立っているほうが楽

電車やバスなどでは隣に座る人が、初対面の場合が多いですよね。これに対してなんとなく落ち着かないので、立っている方が気持ち的に楽だと思うケースもあるでしょう。疲れているからすぐに座りたいと思う人もいれば、人に席を譲る可能性もあるくらいなら、最初から立っていようと思う人もいます。

その方が、自分の降りる駅でサッと降りられる場合もあるので、隣に座らずにいるのでしょう。空いている席の隣がどのような相手でも、隣に座らない心理になるのです。でもかなり空いている電車で、これから先もあまり人が乗ってこないと知っているのなら、座ってみようと思う気持ちになるでしょう。状態により、座るかどうかを決める人もいるのです。

まとめ

隣に座らない心理には、相手に好意を持っている場合もあれば、苦手意識を持っている例もあるのです。隣に座ってくれない…と思うと、嫌われているようで寂しくなる時もありますよね。でもこれにはあまり意味がないという例もあるので、落ち込みすぎないようにしましょう。これから先のやり取りで、相手と親しくなれる可能性もあるのです。できればポジティブに考えるようにして、話しかけていく積極性を持つようにするのも大切ですね。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


隣に座らない 心理

関連する投稿


起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


車を変えたい心理になる男性の思いとは

車を変えたい心理になる男性の思いとは

車を変えたい心理になる時の男性の思いには、様々なものがあるのです。どのような気持ちの時に、車を変えたいと男性は思うものなのでしょうか。今回はその心理について、お伝えしていきましょう。


花を贈る心理には愛情以外の感情も?

花を贈る心理には愛情以外の感情も?

花を贈る心理には、愛情以外の感情が含まれていることがあります。男性から花を受け取ると「愛情があるのかも」と思う女性は多いですよね。でもそれだけではない可能性もあることを、今回はお伝えしていきますので参考にしてみてください。


字を小さく書く人の心理で分かる性格

字を小さく書く人の心理で分かる性格

字を小さく書く心理で、性格が分かる場合があります。たまに小さな字を書く人を、見かける時がありますよね。どのような人なのかが気になるところ。今回は、字を小さく書く人の心理で分かる性格についてお伝えしていきましょう。


花を買う心理になるのはどんな時?

花を買う心理になるのはどんな時?

花を買う心理になるのは、どのような時が多いのでしょうか。ふと花屋さんの前を通った時に「花を買って帰ろうかな」と、思う時がありますよね。今回は、花を買う心理になる時について深く見ていきましょう。


最新の投稿


逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちという考え方は、悪いイメージを抱く人もいるでしょう。嫌なことに正面から立ち向かえる人は、結果がどうであれ達成感を覚える場合が多いはず。しかし振り返らず、常に前進し続ける人生は疲れが溜まり、どうすればよいか行き先が見えなくなるケースがありませんか。臨機応変という言葉のように、シチュエーションに合わせて対応することが理想的かもしれません。これ以上無理だと思った時は、逃げるが勝ちの法則で幸福になるのも必要なのです。では困った場面に出くわした時の対策として、逃げるが勝ちで幸福になるポイントをご紹介しましょう。


起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

株式会社NTTドコモは、インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報提供から、ドラブルに遭った際のサポートまでを総合的に行うサービス「ネットトラブルあんしんサポート」を開始すると発表した、


LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE株式会社は、同社のグループ会社であるGatebox株式会社より、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」を販売開始すると発表した。


au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

KDDI、沖縄セルラーは、サムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」をauブランドで独占販売を開始すると発表した。