恋人や結婚への幻滅が多い。同棲が失敗に終わってしまう原因とは?

恋人や結婚への幻滅が多い。同棲が失敗に終わってしまう原因とは?

交際期間もそれなりに長くなると、いよいよ結婚を考え始める時期に入ります。そこでまずは同棲からスタートして、将来の結婚生活のイメージを作るカップルも多いはずです。ただ、同棲を経てスムーズに結婚生活を始められる人がいる一方で、残念ながら同棲中の喧嘩やミスマッチが原因で、結婚にたどり着く前に破局を迎えてしまうカップルもいます。同棲が失敗してしまったカップルは、いったい何が原因だったのでしょうか?


自分との結婚生活に向かない人だとわかった

Getty logo

同棲生活の目的の1つに、結婚生活の予行練習をすることで、お互いの生活スタイルの調整やミスマッチを減らすことがあります。いきなり結婚生活を迎えるよりも、まずは一度2人で暮らしてみて、どのような生活になるのか体感してみるのです。

同棲をすることでお互いの理解も深まり結婚に向けて良いスタートを切れればそれが一番です。一方、結婚観や生活スタイルの溝をどうしても埋めることができなかったという結末に至ることも当然あります。

癖や生活習慣はその人が長年培ってきたものですから、急に直すことはできません。共に生活をする以上、ある程度は欠点を受け入れる寛容さも必要ではあるでしょう。

ただ、やはり結婚生活を維持していく上でどうしても看過できない部分もあるかもしれません。それは相手の金遣いの荒さなど結婚生活に向かない性質だったり、子育てや親族の付き合いといった結婚観の致命的な違いだったりします。

お互いに歩み寄れればいいのですが、それも限界だった場合、今後の恋愛関係は諦めて同棲を解消してしまうのです。

結婚へのモチベーションが続かなくなった

Getty logo

恋人との関係に問題がなくても、同棲期間が長くなるにつれ結婚への意識やモチベーションがなくなってしまい、先が見えずに別れてしまうケースもあります。

同棲前は結婚生活に憧れを抱く人も少なくありませんが、やはり理想と現実との間にはギャップがあります。

朝起きた時に隣に他人がいるのが苦痛と感じるなど、他人と暮らすことのストレスも大なり小なりあるものです。また、単身で暮らしていた時よりも自由な時間も減ります。時間的な面に加えて、財布も恋人と共有になり金銭的にも制限がかかってしまいます。このように結婚生活は単身生活にはない数多くのストレスや制限があるわけです。

そのため「結婚生活ってこんなもんか」「自由気ままな一人暮らしに戻りたい」など、結婚生活に幻滅してしまう人も多いのです。

結婚する前で良かったと思ってみては?

Getty logo

同棲が上手くいくカップルもいれば、残念ながら共同生活には向かずに同棲後に関係を解消してしまうカップルもいます。

しかし、ここはプラスに考えてみましょう。同棲は前もって生活を共にすることで、結婚生活の課題を事前に洗い出すことができます。その結果、結婚生活に向いていないことがわかったというのも、同棲生活の1つの成果とみることができるのではないでしょうか。

結婚してから同じことが判明しても、社会的責任や親族とのしがらみ、離婚に至るまでに費やす時間とエネルギーは同棲解消の比ではありません。同棲中に結婚に向かないことに気がついたことで、結婚後の数々のトラブルを防ぐことができたと考えましょう。

同棲生活をした時間は決して無駄ではなかったのです。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連する投稿


承認欲求を満たす恋愛が不幸に終わってしまう理由とは?

承認欲求を満たす恋愛が不幸に終わってしまう理由とは?

承認欲求とは簡単に言うと他人に認められたい、好かれたいという感情です。適度な承認欲求ならば行動の動機や他者への配慮となり有益ですが、その欲求が過度になってしまうのは問題です。人間関係の中で必要以上に承認欲求を求めてしまえば、満たされないことへのストレスと自己嫌悪、他人評価を基準することでの自分らしさの消失など、自分自身を苦しめてしまいます。そして今回紹介する恋愛の領域においても、承認欲求を満たそうとすれば最終的に傷つくだけの不毛な恋愛に終わってしまうのです。


いつも不毛な恋愛に終わる人がチェックしてほしい、誤った考え方

いつも不毛な恋愛に終わる人がチェックしてほしい、誤った考え方

「恋愛ではいつも相手に遊ばれて終わってしまう」という悩みを抱えている人も少なくありません。価値観や考え方が全く異なる他人と付き合うわけですから、どんなカップルでも完全に上手くいくとは限りません。ただ、毎回同じような不毛な恋愛になってしまうなら、考え方にどこか原因があるのかもしれません。


恋人を結婚相手にしたいと男性が思う瞬間

恋人を結婚相手にしたいと男性が思う瞬間

恋人を結婚相手にしたいと男性が思う時、自分でも驚くような瞬間の場合もあります。男性はどのような時に「彼女を奥さんにしたい」と思うのでしょうか。今回はその瞬間と、男性心理についてお伝えしていきましょう。


ラインで告白は失敗する?成功率を上げる方法

ラインで告白は失敗する?成功率を上げる方法

好きな人の告白と言えば、どういった手段を選びますか?直接気持ちを伝える人もいれば、今では恋愛に役立つラインを活用する人も多くいます。でも、ラインで告白すると成功率が下がりそうで不安ですよね。ここでは、おすすめの告白の仕方からラインでの告白の成功率を上げる方法をご紹介します。


それって本当に悩んでる?恋人への愚痴を言う人の本音とは。

それって本当に悩んでる?恋人への愚痴を言う人の本音とは。

友人と会話している中で、よく相手から相談、というか愚痴を聞かされることってありますよね。仕事や私生活などそのテーマは人によって様々ですが、その中でも「彼氏(彼女)が〜」という恋人への愚痴というのは、おそらくトップクラスに愚痴として上がるテーマなのではないでしょうか。なぜ恋人のことを悪く言えるのか、と疑問に思うかもしれませんが、実のところ本当に悪意を持って愚痴を言う人は少数派です。大抵の場合、その愚痴には隠れた目的があるのです。


最新の投稿


逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちという考え方は、悪いイメージを抱く人もいるでしょう。嫌なことに正面から立ち向かえる人は、結果がどうであれ達成感を覚える場合が多いはず。しかし振り返らず、常に前進し続ける人生は疲れが溜まり、どうすればよいか行き先が見えなくなるケースがありませんか。臨機応変という言葉のように、シチュエーションに合わせて対応することが理想的かもしれません。これ以上無理だと思った時は、逃げるが勝ちの法則で幸福になるのも必要なのです。では困った場面に出くわした時の対策として、逃げるが勝ちで幸福になるポイントをご紹介しましょう。


起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

株式会社NTTドコモは、インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報提供から、ドラブルに遭った際のサポートまでを総合的に行うサービス「ネットトラブルあんしんサポート」を開始すると発表した、


LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE株式会社は、同社のグループ会社であるGatebox株式会社より、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」を販売開始すると発表した。


au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

KDDI、沖縄セルラーは、サムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」をauブランドで独占販売を開始すると発表した。