恋人や結婚への幻滅が多い。同棲が失敗に終わってしまう原因とは?

恋人や結婚への幻滅が多い。同棲が失敗に終わってしまう原因とは?

交際期間もそれなりに長くなると、いよいよ結婚を考え始める時期に入ります。そこでまずは同棲からスタートして、将来の結婚生活のイメージを作るカップルも多いはずです。ただ、同棲を経てスムーズに結婚生活を始められる人がいる一方で、残念ながら同棲中の喧嘩やミスマッチが原因で、結婚にたどり着く前に破局を迎えてしまうカップルもいます。同棲が失敗してしまったカップルは、いったい何が原因だったのでしょうか?


自分との結婚生活に向かない人だとわかった

Getty logo

同棲生活の目的の1つに、結婚生活の予行練習をすることで、お互いの生活スタイルの調整やミスマッチを減らすことがあります。いきなり結婚生活を迎えるよりも、まずは一度2人で暮らしてみて、どのような生活になるのか体感してみるのです。

同棲をすることでお互いの理解も深まり結婚に向けて良いスタートを切れればそれが一番です。一方、結婚観や生活スタイルの溝をどうしても埋めることができなかったという結末に至ることも当然あります。

癖や生活習慣はその人が長年培ってきたものですから、急に直すことはできません。共に生活をする以上、ある程度は欠点を受け入れる寛容さも必要ではあるでしょう。

ただ、やはり結婚生活を維持していく上でどうしても看過できない部分もあるかもしれません。それは相手の金遣いの荒さなど結婚生活に向かない性質だったり、子育てや親族の付き合いといった結婚観の致命的な違いだったりします。

お互いに歩み寄れればいいのですが、それも限界だった場合、今後の恋愛関係は諦めて同棲を解消してしまうのです。

結婚へのモチベーションが続かなくなった

Getty logo

恋人との関係に問題がなくても、同棲期間が長くなるにつれ結婚への意識やモチベーションがなくなってしまい、先が見えずに別れてしまうケースもあります。

同棲前は結婚生活に憧れを抱く人も少なくありませんが、やはり理想と現実との間にはギャップがあります。

朝起きた時に隣に他人がいるのが苦痛と感じるなど、他人と暮らすことのストレスも大なり小なりあるものです。また、単身で暮らしていた時よりも自由な時間も減ります。時間的な面に加えて、財布も恋人と共有になり金銭的にも制限がかかってしまいます。このように結婚生活は単身生活にはない数多くのストレスや制限があるわけです。

そのため「結婚生活ってこんなもんか」「自由気ままな一人暮らしに戻りたい」など、結婚生活に幻滅してしまう人も多いのです。

結婚する前で良かったと思ってみては?

Getty logo

同棲が上手くいくカップルもいれば、残念ながら共同生活には向かずに同棲後に関係を解消してしまうカップルもいます。

しかし、ここはプラスに考えてみましょう。同棲は前もって生活を共にすることで、結婚生活の課題を事前に洗い出すことができます。その結果、結婚生活に向いていないことがわかったというのも、同棲生活の1つの成果とみることができるのではないでしょうか。

結婚してから同じことが判明しても、社会的責任や親族とのしがらみ、離婚に至るまでに費やす時間とエネルギーは同棲解消の比ではありません。同棲中に結婚に向かないことに気がついたことで、結婚後の数々のトラブルを防ぐことができたと考えましょう。

同棲生活をした時間は決して無駄ではなかったのです。

関連する投稿


恋愛に臆病になりやすいタイプと解決法

恋愛に臆病になりやすいタイプと解決法

恋愛に臆病になりやすいタイプには、共通した性格や人柄があります。でも恋愛に対して臆病になり続けていては、恋愛が辛くなってしまうもの。今回は、恋愛に臆病になりやすいタイプの人が、恋愛を楽しめるための解決法をお伝えしていきましょう。


結婚対象になる!居心地が良いと思われる男性の特徴

結婚対象になる!居心地が良いと思われる男性の特徴

一緒にいて居心地が良いな~と思われる男性は、恋愛が長く続いたり結婚相手の対象になったりするんだとか。居心地の良い男性は、特別モテるという訳ではないけど、かなり好感度が高くて女性からは人気のタイプです。 ここでは、そんな居心地の良い男性の特徴をご紹介していきます。


大人の男性へのアプローチ。気をつけたいことは?

大人の男性へのアプローチ。気をつけたいことは?

20代の若い男性にはモテるけれども、それ以上の年代の男性からは不評を買ってしまう女性を見かけることがあります。実は同じ振る舞いでも、若い男性と大人な男性とでは捉え方が異なる場合もあるのです。経験を重ねて人を見る目が肥えた大人な男性に対しては、刺激が強かったり、下心が見え隠れすれば簡単に見抜かれてしまうでしょう。若い男性には通用しても、逆に大人が男性からは引かれてしまう振る舞いを紹介します。


不安な時に再確認しましょう。恋人との信頼関係を感じる瞬間とは?

不安な時に再確認しましょう。恋人との信頼関係を感じる瞬間とは?

両思いの恋人同士になったとしても、片思い時代とは心配事の種類が変わっただけで、悩みの種はやはり尽きないものです。特に多いのが、パートナーが自分のことをどう思っているかどうかなのではないでしょうか。これは片思い特有の悩みと思われるかもしれませんが、両思いのカップルでも、むしろより親密になった両思いだからこそ相手の評価や信頼関係が気になってしまうのです。信頼関係は目に見えないだけに、ふとした時に不安に感じることもあるでしょう。そのような時に確認してほしい、信頼関係を感じることができる瞬間を今回は紹介します。


やましい理由とは限りません。男性が恋人に携帯を見せないワケとは?

やましい理由とは限りません。男性が恋人に携帯を見せないワケとは?

「ちょっと携帯電話を見せて」、と男性に詰め寄ったことのある女性もいるのではないでしょうか。最近彼氏の様子がおかしいと感じた時に、証拠を求めてまず気になるのがやはり携帯のメールです。あるいは、詰問された際にどのような反応をするかで判断するはずです。やましいことがなければ素直に渡すはず、そう考えて詰め寄ります。ただ、携帯を渡すのを嫌がる=やましい事がある、とは必ずしも言えません。男性が携帯を渡したがらないのには、いくつかの理由があるのです。


最新の投稿


男性に幻滅する…と女性が思う時と態度の見せ方

男性に幻滅する…と女性が思う時と態度の見せ方

男性に幻滅する…と女性が思うのは、男性が考えているよりも多いものです。では男性に対して、女性が幻滅するのはどのような時でしょうか。男性の態度の見せ方によっても、女性が幻滅する時があるでしょう。その内容についても、一緒に見ていきましょう。


ヤフー、アスクル社長の再任反対を発表。経営対立が表面化

ヤフー、アスクル社長の再任反対を発表。経営対立が表面化

ヤフー株式会社は、連結子会社のアスクル株式会社が2019年8月2日に開催を予定している定時株主総会において、アスクルの岩田社長の再任に反対の議決権を行使する予定であることを発表した。


VANTIQ、ソフトバンクと資本業務提携を発表

VANTIQ、ソフトバンクと資本業務提携を発表

イベント・ドリブン型アプリケーション開発プラットフォームを提供している米VANTIQは、ソフトバンク株式会社と資本業務提携を締結したことを発表した。


私のどこが好きと聞く心理を知って女性を理解しよう

私のどこが好きと聞く心理を知って女性を理解しよう

私のどこが好きと聞く心理には、どのような気持ちが隠されているのでしょうか。相手が恋人だったら「全部が好きだよ」と答えてあげたくなりますが、場合によってはそれでは納得してもらえないことも。そこで私のどこが好きと聞く心理について、その瞬間に持つ思いをお伝えしていきましょう。


無趣味な状態から抜け出したい人向け。アウトドア系趣味の見つけ方。

無趣味な状態から抜け出したい人向け。アウトドア系趣味の見つけ方。

貴重な休日の時間を有効に使うために、何とかして無趣味な現在から抜け出したいと考えている人もいるはずです。ただ、いざ趣味を探そうと思ってもなかなか難しいですよね。費用がかかったり、スポーツなどある程度の能力が求められる趣味は、初心者が新規参入するのはハードルが高かったりします。しかしアウトドア系の趣味と言っても難しく考える必要はありません。高い能力や費用をかけずに、すぐに実践できる趣味も多数ありますよ。新しく始めるアウトドア系の趣味を見つけるコツとしては、まずは体を動かす習慣をつけること、そしてマイナースポーツを選ぶことです。