【書評】職場のイライラを解消する『頭に来てもアホとは戦うな!』

【書評】職場のイライラを解消する『頭に来てもアホとは戦うな!』

「あの人とウマが合わない」「イライラして仕事が手につかない」「人の目が気になる」職場の人間関係はトラブルの宝庫です。どうしたら、人間関係を円滑にすることができるのでしょうか?そこで今日は、人間関係の悩みを解消するための一冊をご紹介いたします。


著者・あらすじ

田村 耕太郎

国立シンガポール大学リー・クアンユー公共政策大学院兼任教授。ミルケン研究所シニアフェロー、インフォテリア(東証上場)取締役、データラマ社日本法人会長。

あらすじ

元政治家が、人間関係をコントロールするための術を解説します。「アホと戦ってはいけない理由」「戦略的コミュニケーションとは」「人たらしの技術」など、最高のパフォーマンスを発揮するノウハウについてまとめます。

1. なぜアホと戦ってはいけないのか?

アホとは、むやみやたらと「足を引っ張る存在」のことをいいます。彼らと戦ってしまうと人生の大事な「時間とエネルギー」を浪費してしまうのです。しかし、組織で働く以上、必ず彼らと接する場面がやってきます。もし、彼らと接してイライラしてまった時は、次のような考え方をすると割り切れるようになります。それが「サンクコスト」「タイムコスト」です。

「サンクコスト(埋没費用)」とは、既に回収が不可能であるコストのことです。損を取り返すために追加投資し、さらに傷を深めてしまうことを指します。やられたらやり返す彼らとの戦いは、まさに「サンクコスト」になってしまいます。さらに「タイムコスト(時間損失)」にもなります。時間は有限であり、もっと有意義なことに使う方が賢明なのです。

2. アホに勝つためには?

著者は、アホに勝つ素養を「忍耐力」と述べています。耐えて、耐えて、耐えまくることが彼らに勝つ要因なのです。耐えるといっても我慢するのではなく、「反応」しないことです。彼らに何か言われて、即答したり、即応したりしないことです。まず何が起こっても、受け止めて考えるようにします。そして、相手にダメージを受けたと「思わせる」ことで、最終的に勝つことができるのです。

何か言われたら、「何でですか?」「それは違います」とリアクションしてしまうと、彼らの思うツボです。彼らの言うことを受け止め、(なぜこんなことを言うのだろう)(理由はこれかな)と心の中で思い、表面上は「なるほど」と言って耐えておけば、ムダな戦いを避けることができるのです。

3. 戦う相手は“自分”

著者曰く、「本当にアホなのは、アホと戦ってしまう自分」と述べています。これは、本来戦うべき相手は「自分自身」ということです。「自分と戦う」とは、自分と向き合うことです。人間はただでさえ、周りの環境に影響されやすく、他人からどう見られるかを重視してしまいます。これが、アホと戦ってしまう最大の原因なのです。自分自身と向き合うことで、彼らに関心がなくなり、ムダな戦いに巻き込まれずに済むのです。

自分と向き合うには、「自分を客観視する」ことです。自分を客観視するとは、ひとりの時間を確保し、自分と語り合います。著者がおすすめするのが、「体を動かす」「日記をつける」です。ウォーキングをしたり、軽いジョギングをしたりすることで雑念が払拭され、自分に問いかけることができます。日記をつけることで、自分を反芻することができ、自分の弱点や課題が浮き彫りになります。

まとめ

アホと戦って人生を浪費しないためには、「自分に関心を持つこと」といいます。自分に関心を持っていないと、周りにばかり着目してしまいます。自分に関心を持っていれば、自分に着目できるので、周囲に流されることはありません。自分に関心を持ち、自分の軸を確立することで、人生を謳歌することができるのです。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


書評 アホとは戦うな

関連する投稿


【書評】“女性向けマネジメント”の神髄を知る『フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』

【書評】“女性向けマネジメント”の神髄を知る『フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』

今、仕事も育児も充実させたいと考えている女性が増えています。今までは、バリバリのキャリアウーマンか、子育てや家庭を優先させる専業主婦が一般的でした。しかし現代は、仕事も育児も充実させたいという“フルキャリ”と呼ばれる女性たちの進出が目立っているのです。そこで今日は、働き手として重要なキーマンとなる“フルキャリ”についてまとめられた本をご紹介いたします。


【書評】世界の偉人が生んだ“テクノロジー”を学ぶ『世界を変えた60人の偉人たち 新しい時代を拓いたテクノロジー』

【書評】世界の偉人が生んだ“テクノロジー”を学ぶ『世界を変えた60人の偉人たち 新しい時代を拓いたテクノロジー』

連日「AI」「IoT」などの先進テクノロジーが、メディアを賑わしています。しかし、これら技術は、ある日突然生まれたわけではありません。先人の知恵と技術から、生まれたものばかりです。彼らが一体どうやって、テクノロジーの礎を築いたのでしょうか?そこで今日は、新しい時代を開拓してきた“偉人たち”がまとめられた本をご紹介いたします。


【書評】“心の動き”が読めるようになる『世界最先端の研究が教えるすごい心理学』

【書評】“心の動き”が読めるようになる『世界最先端の研究が教えるすごい心理学』

「心理学が学びたい!」と思っても、書店にはたくさんの心理学本があり、どれを選んだらいいかわかりません。さらに、「なんだか怪しい」と思われる信憑性の低い本もあります。そこで今日は、世界最先端の研究から導き出された「エビテンス」のある心理学書をご紹介します。


【書評】どんなビジネスシーンでも“対応できる人”になる『ビジネスで使いこなす「定量・定性分析」大全』

【書評】どんなビジネスシーンでも“対応できる人”になる『ビジネスで使いこなす「定量・定性分析」大全』

「意思決定のスピードを上げたい」「問題解決力を身につけたい」上昇志向の高いビジネスパーソンであれば、誰もが抱える願望です。どうすれば意思決定のスピードが上がり、問題解決力が身につくのでしょうか?そこで今日は、さまざまなビジネスシーンに対応できる、この「2つの力」が身についてしまう本をご紹介いたします。


【書評】世界が取り組む“アジェンダ”について理解する『SDGsビジネス戦略』

【書評】世界が取り組む“アジェンダ”について理解する『SDGsビジネス戦略』

近年、メディアで「SDGs」という言葉を頻繁に見かけるようになりました。このSDGsには一体どんな意味があり、どんな活動が行われているのでしょうか?そこで今日は、“未来を考える上で欠かせない”SDGsについて、理解を深めたいと思います。


最新の投稿


逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちという考え方は、悪いイメージを抱く人もいるでしょう。嫌なことに正面から立ち向かえる人は、結果がどうであれ達成感を覚える場合が多いはず。しかし振り返らず、常に前進し続ける人生は疲れが溜まり、どうすればよいか行き先が見えなくなるケースがありませんか。臨機応変という言葉のように、シチュエーションに合わせて対応することが理想的かもしれません。これ以上無理だと思った時は、逃げるが勝ちの法則で幸福になるのも必要なのです。では困った場面に出くわした時の対策として、逃げるが勝ちで幸福になるポイントをご紹介しましょう。


起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

ドコモ ネットトラブルのサポートを総合的に行うサービス開始

株式会社NTTドコモは、インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報提供から、ドラブルに遭った際のサポートまでを総合的に行うサービス「ネットトラブルあんしんサポート」を開始すると発表した、


LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE キャラクター召喚装置「Gatebox」発売

LINE株式会社は、同社のグループ会社であるGatebox株式会社より、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」を販売開始すると発表した。


au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

au 折り畳みスマホ「Galaxy Fold」を独占販売

KDDI、沖縄セルラーは、サムスン製の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」をauブランドで独占販売を開始すると発表した。