【書評】日本語の“おもしろさ”を勉強する『本当にある!変なことわざ図鑑』

【書評】日本語の“おもしろさ”を勉強する『本当にある!変なことわざ図鑑』

みなさんは、“ことわざ”をどれくらい知っていますか?実は、古今東西から集められた“ことわざ”には、ビジネスに役に立つ知恵が満載です。そこで今日は、プライベートでもビジネスでも役に立つ、ちょっと変わった“ことわざ”についてまとめた本をご紹介いたします。


著者・あらすじ

森山晋平

1981年生まれ。ひらり舎、食品会社の営業、広告制作会社のコピーライターを経て出版社の編集者になる。

角裕美

絵描き、イラストレーター。広島生まれ。山と瀬戸内海に囲まれのんびり育つ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。グラフィックデザイナーを経て絵描き・イラストレーターになる。

あらすじ

フリーの書籍企画者が、ちょっと変わった“ことわざ”について取りまとめました。「仕事」「商売」「人間関係」「処世術」「教訓」など、人生全般に共通することわざを解説します。

1. ビジネスで役に立つ “へんなことわざ” その1

朝活がブームになって久しいですが、いまだに「朝が苦手」という人に、ぴったりな“ことわざ”があります。それが「朝起き千両 夜起き百両」です。「早起きして仕事をする方が、夜に仕事をするより効率的で得」という意味です。朝活で得られることはたくさんありますが、最大のメリットは「効率的」なことです。

朝は、心身の疲れが取れおり、頭の中がクリアな状態です。この時、クリエイティブな仕事をすることで効率的に物事を進められます。夜、疲れている状態でクリエイティブな仕事をしても、非効率的なのは、すぐに想像がつくでしょう。朝と夜、同じ時間活動しても、結果は180度変わってきます。

2. ビジネスで役に立つ “へんなことわざ” その2

仕事で成果を出せずに悩んでいる人がいます。その悩みを解決するのにおすすめなのが、「何でも来いに名人なし」という“ことわざ”です。これは、「何でも器用にこなせる人は、どれも中途半端で名人ではない」という意味です。一般的に、仕事ができる人というのは、何でもこなせるゼネラリストを想像します。しかし実際は、何か1つに長けているスペシャリストの方が、仕事で成果を出すことができるのです。

営業が苦手な人に営業活動をさせても、全体(会社)としてみたら、非効率的で生産性がありません。「営業が得意な人には営業を任せる」「企画が得意な人には企画を任せる」ことで、結果的に生産性が向上するのです。さらに付け加えると、1つの分野を掘り下げていくと、他の分野と共通する点に気づくといいます。まずは、スペシャリストを目指すことが賢明なのです。

3. ビジネスで役に立つ “へんなことわざ” その3

チームワークがうまくいかず、悩んでいるリーダーがいます。そんなリーダーにぴったりのことわざがあります。それが、「下手の大連れ」で、意味は、「役に立たない者に限って、大人数で群れようとする」です。物事を進める時、人が多すぎると邪魔になったり、進行の妨げになったりします。

チームで動く場合、メンバーの考え方次第で結果が大きく変わってきます。「もっとよくしよう」という人の集まりであれば良い結果になるし、「楽をしよう」という人の集まりであれば悪い結果になります。チームは人数の多さより、質に大きく左右されます。リーダーは、いかに個人のモチベーションを上げるかに懸かっているのです。

まとめ

ことわざにはビジネスだけでなく、人間関係、恋愛など人生全般に役に立つヒントがありました。しかし注意したいのは、ことわざを鵜呑みにしてしまうことです。いくら、ことわざから教訓を得たとしても、必ずその通りにはなりません。ことわざを知りつつも、柔軟に考え方を変えていく必要があります。ことわざを知り、うまく活用することで先人の知恵を享受することができるのです。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


書評 ことわざ

関連する投稿


【書評】独立を目指すビジネスマン必見『起業のための儲けの教科書』

【書評】独立を目指すビジネスマン必見『起業のための儲けの教科書』

起業している人が、必ずと言っていいほど直面する問題。それが「安定収入が得られない」ことです。儲けを出すことや会社を成長させることも重要な課題ですが、それらはすべて「安定」の上にしか成り立ちません。そこで今日は、事業を安定させるための方法が学べる一冊をご紹介いたします。


【書評】人生成功の“原則”を身につける『PRINCIPLES 人生と仕事の原則』

【書評】人生成功の“原則”を身につける『PRINCIPLES 人生と仕事の原則』

ビジネスや人生で成功するには、「努力さえしていればいい」と考えてはいませんか?確かに努力抜きでは成功はおろか、成果を出すことさえ難しいでしょう。しかし、実際は努力だけでは成功できません。努力の前にすべきことがありました。それが「原則を知ること」です。今回は、ビジネスや人生で成功するための「原則」についてまとめられた本をご紹介いたします。


【書評】“統計学”の初歩を知る『大学4年間の統計学が10時間でざっと学べる』

【書評】“統計学”の初歩を知る『大学4年間の統計学が10時間でざっと学べる』

近年、様々なビジネスシーンにおいて、「数字を扱えること」が強みと言われます。ビジネスシーンにおける数字といえば「統計学」ではないでしょうか?この統計学を元にした、意思決定のプロセスは、強力な説得力を与えることができます。そこで今日は、統計学のキーワードがまとめられた本をご紹介いたします。


【書評】よりよい職場にするための“健康”を理解する『産業医が診る働き方改革』

【書評】よりよい職場にするための“健康”を理解する『産業医が診る働き方改革』

現代は「VACA時代」ともよばれ、変動的で不安定、不確実で複雑な時代です。職場ではストレスからくる体調不良、精神疾患などが相次ぎ、過酷な労働環境が垣間見えます。こんな時代を生き抜くには、「健康」を意識しながら働く必要があります。そこで今日は、“産業医”の視点から働き方や健康についてまとめられた本をご紹介いたします。


【書評】“稼ぐ戦略思考”を体得する『人生100年時代の稼ぎ方』

【書評】“稼ぐ戦略思考”を体得する『人生100年時代の稼ぎ方』

老後に漠然とした不安を抱いている人が多いといいます。年金受給年齢も引き上げられ、そもそも年金を当てにできない状況になるかもしれません。こんな時代を生き抜くために必要なのは、「稼ぐ力」です。そこで今日は、老後不安を打破するための“稼ぎ方”についてまとめた本をご紹介いたします。


最新の投稿


内面を磨く女性がモテるのはなぜ?

内面を磨く女性がモテるのはなぜ?

内面を磨く女性はモテる傾向があります。男性から見て魅力的な存在になりやすいでしょう。ではなぜ内面を磨く女性はモテやすいのでしょうか。今回はその理由について、深く見ていきましょう。


Motorola 縦方向の折りたたみ式スマートフォン「Razr」を発表

Motorola 縦方向の折りたたみ式スマートフォン「Razr」を発表

Motorolaは、6.2型OLEDディズプレイを縦方向に折りたたむ形の新しいスマートフォン「Razr」を発表しました。


メルカリがBEENOSと業務提携 世界100以上の国へ販売可能に

メルカリがBEENOSと業務提携 世界100以上の国へ販売可能に

株式会社メルカリは、BEENOS株式会社の完全子会社が運営する代理購入サービス「Buyee(バイイー)」との連携による越境販売を開始すると発表しました。


マイペースな男性を好きになる女性の特徴

マイペースな男性を好きになる女性の特徴

マイペースな男性を好きになることが多い女性もいます。マイペースな男性を好きになる女性には、共通した特徴がある場合も。今回はマイペースな男性を好きになる女性の特徴について、いくつかのものをお伝えしていきましょう。


大手企業の冬のボーナスが過去最高を更新 経団連が発表

大手企業の冬のボーナスが過去最高を更新 経団連が発表

経団連は、大手企業の年末のボーナスについて妥結額の第1回集計を発表しました。