特許評価のAIシステムを開発するAI Samurai、4.7億円の資金調達を実施

特許評価のAIシステムを開発するAI Samurai、4.7億円の資金調達を実施

特許評価AIシステムを開発する株式会社AI Samuraiは、ベンチャーキャピタルと事業会社の合計10社を引受先とした第三者割当増資を実施すると発表しました。


特許評価AIシステムである『AI Samurai®』を開発する株式会社AI Samuraiは、大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社が運営するOUVC1号投資事業有限責任組合からの追加出資を含めて、ベンチャーキャピタルと事業会社の合計10社を引受先とした第三者割当増資を実施、総額約4億7,000万円の資金調達を行ったと発表しました。

特許関連業務を大幅に効率化

『AI Samurai®』は、研究者や弁理士だけでなく、個人でも容易に特許関連業務が行なえるような特許調査業務のプラットフォーム化を目指しいるといいます。新しいアイデアなどの発明内容を入力するだけで、AI(人工知能)が特許分類付与・先行技術調査・無効資料調査・クリアランス調査を自動で行ってくれるもので、発明の内容理解・認定・特許登録の可能性のランク付けを行う類似特許文献評価システムになっています。

従来の特許評価では研究者や企業の知的財産部門・開発部門などが調査分析に数週間の時間を要しており、『AI Samurai®』を活用することで、特許関連業務にかける時間とコストを大幅に削減することが可能になるとしています。

Getty logo

2017年3月のシリーズAでは1億2,800万円の資金調達を行っており、現在は基幹サービスである『IP Samurai®』の米国特許公報版にあたるα版、日本特許公報にあたるβ版の開発・提供を行っているといいます。

シリーズBでは、大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社からの1億4,000万円を筆頭に、ベンチャーキャピタルと事業会社から合計8社で4億円の資金調達を行っており、今回発表したシリーズB+を含めた創業からの資金調達の累計額は約9億9,700万円になっています。



U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


特許 AI 資金調達

関連する投稿


葬儀ベンチャーのよりそう、総額20億円の資金調達を実施

葬儀ベンチャーのよりそう、総額20億円の資金調達を実施

株式会社よりそうは、計6社を引受先とする第三者割当増資により、総額20億円の資金を調達したことを発表した。


自動野菜収穫ロボットを開発するinaho、複数社からの資金調達を実施

自動野菜収穫ロボットを開発するinaho、複数社からの資金調達を実施

自動野菜収集ロボットを開発しているinaho株式会社は、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社など複数社からの資金調達を実施したことを発表した。


空色、WiLLなどから総額6.5億円の資金調達を実施

空色、WiLLなどから総額6.5億円の資金調達を実施

WEB接客ソリューションを提供している株式会社空色は、第三者割当増資により総額約6.5億円の資金調達を実施したことを発表した。


ラトナとDNP、AI活用の次世代型ショールームプロジェクトで協業

ラトナとDNP、AI活用の次世代型ショールームプロジェクトで協業

ラトナ株式会社と大日本印刷は、AIを活用した次世代型ショールーム店舗プロジェクトにおける事業・技術提携を発表しました。


福祉プラットフォームを提供するウェルモ、総額11.7億円の資金調達を実施

福祉プラットフォームを提供するウェルモ、総額11.7億円の資金調達を実施

AIやICTを活用した福祉プラットフォームサービスを提供している株式会社ウェルモは、複数の事業会社および既存株主から、総額11.7億円の追加増資を行ったことを発表した。


最新の投稿


LINEを終わらせたい時の男性のサイン

LINEを終わらせたい時の男性のサイン

LINEを終わらせたいサインを、男性が出す時があります。でもこれに気が付かずにやり取りを続けようとすると、嫌われてしまうリスクがあるでしょう。今回は、LINEを終わらせたい時に男性が出すサインについて、詳しく見ていきましょう。


山に行きたい心理が教えてくれる自分の思い

山に行きたい心理が教えてくれる自分の思い

山に行きたい心理になる時には、自分の思いに気付くことがあります。ではなぜ、山に行きたいと思うのでしょうか。その心理について一緒に見ていきましょう。


山本山、「好きなおにぎりの具」に関するアンケート調査を実施

山本山、「好きなおにぎりの具」に関するアンケート調査を実施

株式会社山本山は、日本全国のFacebookユーザーから、海苔に関心を持っている人を対象に「好きなおにぎりの具」についてアンケート調査を実施。その内容を公表した。


幻冬舎とCASHの光本氏が共同出資会社を設立。自由課金システムを提供開始

幻冬舎とCASHの光本氏が共同出資会社を設立。自由課金システムを提供開始

株式会社幻冬舎と起業家の光本勇介氏は、出版業界の新たなビジネスモデルを確立すべく共同出資会社「株式会社価格自由」を設立すると発表した。


国内初「eスポーツ特化型ホテル」が大阪日本橋に誕生

国内初「eスポーツ特化型ホテル」が大阪日本橋に誕生

株式会社サンユー都市開発は、”泊まれるeスポーツ施設”をコンセプトに、大阪日本橋に国内初となるeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」を開業すると発表した。