指輪を欲しがる心理には女性の深い思いも

指輪を欲しがる心理には女性の深い思いも

指輪を欲しがる心理には、女性の深い思いが関係している場合があります。でも指輪を贈るかどうか、男性が悩む場面もありますよね。男性なりに指輪に対して、強い思いがある可能性も。今回は指輪を欲しがる心理について、深く見ていきましょう。


特別な存在になりたい

指輪を欲しがる心理には、相手の男性の特別な存在になりたいという女性の思いが隠れています。誕生日などに「何か欲しいものはある?」と男性に聞かれた時に「指輪が欲しい」と言う女性は、その男性にとって特別な存在になりたい場合が多いのです。

アクセサリーのプレゼントの中でも、一番深い意味が込められているのが指輪でしょう。その指輪を贈って欲しいと思うのは、相手の男性へ愛情があるからです。

愛情のない相手からは、指輪をもらっても意味がないと考える女性もいるでしょう。つまりは女性が本当の意味で欲しいのは、指輪に込められた男性の愛情なのです。

男性からの愛情を得たいために、指輪を欲しがる心理になる女性は多いでしょう。これからもずっと一緒にいたい相手から贈られる指輪だから、欲しい気持ちになるのです。

確信が欲しい

相手の男性から、恋人だと思われているという確信が欲しいので、指輪を欲しがる心理になるケースもあります。

確信が持てないままでいるのは「付き合ってほしい」と男性から言われていないから。言われていないような関係では、本当に付き合っているのか分からないので、女性は不安を感じてしまうのです。

でも指輪を贈ってくれたとしたら、付き合っていると確信が持てるように思うので、女性としてはホッとした気持ちになれるでしょう。

ストレートに男性に対して「私たちは付き合っているの?」と、聞くことができない女性もいます。「付き合っていない」と言われてしまうのがショックで、怖くて聞けないままでいるのでしょう。

でもこれをいいことに、いつまでも曖昧な関係を続けようとする男性もいます。そうならないように、二人の関係について悩んだ時には、関係性を明確にさせておいた方が良いですね。

婚約や結婚がしたい

ただのプレゼントとしての指輪ではなくて、婚約指輪や結婚指輪を欲しがる女性もいます。既に結婚についての話を二人でしているカップルなら、指輪を彼氏が用意してくれたとしたら「婚約指輪かもしれない」と、ドキドキした気持ちになりますよね。

指輪を以前彼氏プレゼントしてもらった彼女なら「今度贈ってくれる指輪は、きっと婚約指輪のはず」と思うのは当然かもしれません。

婚約や結婚がしたいと思うからこそ、指輪についてはとても敏感になるのです。幸せを思い切り感じられるのは、そういった指輪を好きな人から渡された時でしょう。

普通の指輪とは違って、かなり深い意味を持つ指輪だからこそ、愛する男性から贈って欲しいと女性は思うのです。

アクセサリーが好き

様々なアクセサリーをコレクションしている女性は、指輪を欲しがる心理になる場合もあるでしょう。アクセサリーの中でも指輪が一番好きな女性の思いとしては、特に相手の男性から愛情がなくてもこちらが愛情を持っていなくても、高価で魅力的な指輪ならよいと考えるのです。

アクセサリーを普段からつけている女性は、オシャレな場合が多いですよね。自分のアイテムのひとつとして持ちたいので、指輪を欲しがる心理になる時もあるのです。

最近新しい指輪を買っていないと思うと、新しいものが欲しくなるケースもあるでしょう。この場合は、どのような指輪が欲しいかを男性に対して具体的に女性から言ってくる可能性があります。

お揃いで指輪をしたい

ペアリングがしたいと思う女性も、指輪を欲しいと思うもの。相手の男性が指輪をするのが好きな場合は、ペアリングをすることで二人が特別な関係だと周りに思わせられるでしょう。

グループで普段からよく集まっているカップルなら、ペアリングをすることにより「二人は交際をしている」「既に特別な関係」のように、周りに知らせることができるのです。

グループの前で付き合ったという報告をするよりも、ペアリングをさりげなくつけた方が、周りに知らせる時にスマートになると思う心理も。

これは男性にとっても同じでしょう。周りにいちいち報告をしなくても、ペアリングをしてしまえば、周りに伝わると考えているのです。

周りから「それってペアリング?」と聞かれて「うん。そうよ」と言ってから、付き合うまでの過程について質問されたり話したりする場面もあるかもしれません。

まとめ

指輪を欲しがる心理について、女性にとっては特別な思いもあります。でもあまり深い意味なく、指輪を欲しいと思う女性もいるでしょう。指輪をねだられたからといって、相手の女性が男性に対して愛情を持っているかどうかは微妙なところ。

「なぜ指輪が欲しいの?」と、優しく聞くようにすると女性の本音が聞けるケースもあります。でも恥ずかしくて本音が言えない女性もいるでしょう。そういう時には、女性の目をじっと見つめてみると、その想いが分かるはずです。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB
Recruit2021



関連するキーワード


指輪を欲しがる 心理

関連する投稿


全身ブランドにする心理で分かる気持ちについて

全身ブランドにする心理で分かる気持ちについて

全身ブランドにする心理で、その人の気持ちが分かることはとても多いです。全身ブランドでなければ落ち着かないと思う人が周りにいるのなら、気持ちについて知ってみたいもの。今回は全身ブランドにする心理で分かる気持ちについて、詳しくお伝えしていきましょう。


全然いいよと言う心理に隠れた気持ちについて

全然いいよと言う心理に隠れた気持ちについて

全然いいよと言う心理には、隠れた気持ちがある場合も。本音ではなく、この言葉を言ってしまうケースもあるのです。今回は「全然いいよ」と言う心理について、本当はどのような思いがあるのかを詳しくお伝えしていきましょう。


細い女性が好きな男性の心理について迫る!

細い女性が好きな男性の心理について迫る!

細い女性が好きな男性の心理については、どのようなものがあるのか気になりますよね。整った顔立ちの女性、思いやりがある、家庭的など。好みのタイプは人それぞれですが、細身でスタイルがよい女性に魅力を感じる男性は多く、彼女になってほしいと思う場合もあるのです。今回はそんな細い女性が好きな男性の心理を、詳しくお伝えしていきましょう。


ずっとイヤホンしてる人の心理を理解して親しくなるには

ずっとイヤホンしてる人の心理を理解して親しくなるには

ずっとイヤホンしてる人の心理については、不思議に思う場合もあるでしょう。なぜずっとイヤホンをつけたままなんだろう?と、気持ちが分からないことも。今回はその心理を知って、相手と親しくなる方法についてお伝えしていきましょう。


両手を広げる心理で男性の思いが分かることも!

両手を広げる心理で男性の思いが分かることも!

両手を広げる心理によって、男性の思いが分かるケースは多いです。男性が両手を広げる時には、女性に対してどんな思いがあるのでしょうか。今回はこの心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


最新の投稿


シチリア島観光のオススメ絶景スポット・絶対に外せないところ

シチリア島観光のオススメ絶景スポット・絶対に外せないところ

シチリア島の観光は、新婚旅行や学生旅行などで人気があります。地中海最大の島であるシチリア島は、3000年も昔から海を渡り、色々な国からたくさんの人がやってきました。そのためシチリア島には豊かな伝統や文化があり、魅力が各地で反映されています。ヨーロッパ旅行といえば、フランスやイギリスなどが定番ですが、映画の撮影場所としても選ばれる美しいシチリア島。観光のオススメ絶景スポットを、詳しくご紹介していきましょう。


「ジェンダーハラスメント」調査 約半数が勤務先が男女平等だと「感じない」

「ジェンダーハラスメント」調査 約半数が勤務先が男女平等だと「感じない」

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者300人を対象に【ジェンダーハラスメント】についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。


ソウルバーがカッコいい!東京近郊で人気のオススメスポット

ソウルバーがカッコいい!東京近郊で人気のオススメスポット

ソウルバーは東京から、姿をどんどん消しているといわれていますが、音楽ファンが未だに通い続ける人気スポットはまだまだ残っていますよね。ソウルミュージックを聞きながら、オシャレなカクテルやお酒を飲む場面。カウンターでマスターと音楽について語る雰囲気は「大人の夜」ですね。最近はヒップホップやハードロック、K-POP などが主流になり、古きよきソウルを聞く機会が減っています。そんなファンに喜ばれるソウルバーの、東京近郊でオススメの人気スポットをご紹介しましょう。


クックパッド 理想のキッチンで物件を探せる「たのしいキッチン不動産」を開始

クックパッド 理想のキッチンで物件を探せる「たのしいキッチン不動産」を開始

クックパッド株式会社は、住宅のキッチン環境をより良くする「たのしいキッチン」事業を開始すると発表しました。


全身ブランドにする心理で分かる気持ちについて

全身ブランドにする心理で分かる気持ちについて

全身ブランドにする心理で、その人の気持ちが分かることはとても多いです。全身ブランドでなければ落ち着かないと思う人が周りにいるのなら、気持ちについて知ってみたいもの。今回は全身ブランドにする心理で分かる気持ちについて、詳しくお伝えしていきましょう。