【BizGenic】#26 野口恵さん / 「BIGOLI」ストアサブマネージャー

【BizGenic】#26 野口恵さん / 「BIGOLI」ストアサブマネージャー

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


BizGenic プロフィール #26

株式会社ジェイ・イシカワ
野口恵(のぐち・めぐみ)さん

大学時代の4年間、飲食店でアルバイトを経験し、卒業後はレストランに就職。ホールスタッフとして2年間ほど勤務。その後、ボロネーゼ専門店の「BIGOLI」を手がけるジェイ・イシカワに2019年5月に転職。東京・品川にある本店でパスタの調理をはじめ、フロントでの接客も行う。休日は自身の学びのため、パスタの食べ歩きをしたり、海や山へ足を運んだりとアクティブに活動。遠出をしてシュノーケリングやスノボなども楽しむ。

飲食店で働く父の影響で食べること、作ることが好きになった

長年、飲食店で働いている父の手作りごはんを食べてきたせいか、子どもの頃からおいしいものに目がなく、食べることも作ることも大好きに。大学に入ってからの4年間は、様々なジャンルの飲食店でキッチンのアルバイトをしてきました。

卒業後も、飲食業界で働きたいと思い、都内のレストランに就職。調理ではなく、ホールスタッフとして接客の仕事を担当することになりました。
お客様と接する仕事は初めてということもあり、オーダーを取るのも、料理を運ぶのもドキドキで。厨房で働いていた期間が長かったので、多くのお客様がいる中でサービスを振る舞うことに最初は少し緊張を覚えました。

次第にホールの仕事も慣れてきて、お客様とも自然体で話せるようになった頃、以前から常連のお客様だった方に、「うちのお店で働いてみない?」と思いがけず声をかけてもらいました。

あまりに突然のことで驚きましたが、まだ入社して日が浅かったため、その時は遠慮しまして……。それから月日が経って、再び来店された際にまた誘ってくださり、ちょうど私自身も新たな環境で働いてみたいという気持ちが強くなっていたため、一度お店に伺って話を聞いてみることにしました。

そのお店というのが、現在私が働いているボロネーゼ専門店の「BIGOLI(ビゴリ)」です。大手スーパーのフードコートの一角に店舗があるのですが、どのお店よりもひときわ存在感があって、思わず注文したくなる雰囲気。「いいな!」って直感的に感じました。実際にボロネーゼを食べてみたらすごくおいしくて、「このパスタは食べた人を幸せにしてくれるなぁ」と感じたんです。

「BIGOLI」でぜひ働きたいと思い、入社を決心。2019年の5月に転職することとなりました。

お客様の期待を超えるような、おいしい見え方を意識!

店名にもなっている「BIGOLI」は、イタリアでよく作られているパスタの種類の一つです。麺がもっちりと弾力があって、ソースともよく絡み合います。自社で作っているこの「BIGOLI」の生パスタを使ってボロネーゼを作っているのですが、メニューはスタンダードなボロネーゼから、香り豊かなトリュフ風味、スパイシーなメキシカン、カレー風味など、ボロネーゼだけで10種類以上、提供しています。

入社後は、まずはキッチンに入ってパスタのトッピングや盛り付けなど、調理のアシストから担当することになりました。「BIGOLI」では、パスタに削りたてのチーズをたっぷりのせるメニューが“名物”になっていまして、出来立てのボロネーゼにチーズを削ってトッピングする作業を任せてもらいました。

チーズの分量(グラム数)は決まっているわけではないので、どのお皿も毎回同じボリュームになるように削らなくてはなりません。しかも出来上がったパスタをInstagramなどSNSでアップしてくださるお客様も多いので、ビジュアルも意識する必要があります。お客様の期待を超えられるよう、チーズを雪山のようにふんわりとのせて、見た目のおいしさやインパクトも心がけましたね。

細長い「おろし金」でひたすらチーズの塊を削っていくので、最初の頃は手が痛くなって泣きそうになりましたが、今はコツをつかめたみたいでスムーズにできるようになりました。

入って1カ月ほどでパスタを茹でたり、ソースを和えたりする調理の重要な部分を担当するように。オーダーが入ってから、メニューに従って基本のボロネーゼソースをアレンジしていくので、トマト風味のボロネーゼだったら、ソースにトマトを加えて煮詰めたり。カレー風味だったら、仕込んでおいたカレーペーストを混ぜたりして、素早くソース作りをしていきます。

麺の量もS・M・L・XLとサイズが異なるため、オーダーの内容によってソースの量や加える調味料の分量も変わってきます。その分量を覚えるのに結構、苦労しましたね。学校のテスト勉強みたいに毎日の通勤電車の中で暗記したり、先輩スタッフにメニューやサイズを出題してもらって分量を答えたりと、必死に覚えました。でも、自分が好きな分野でもあるせいか、不思議と苦にならなかった気がします。

食べ終わった綺麗なお皿を見ると、うれしくなる

入社して数カ月が経った今では、調理のほかにフロントで接客も行っています。お客様は、小さいお子さんを連れたファミリーやお年寄り、近隣のビジネスマン、観光でいらっしゃった外国人の方など幅広い層の方に来ていただいています。

常連さんも多く、お客様との触れ合いも楽しい時間です。「この前はこれを食べたから、今日はこれにしようかな!」と笑顔で話されるお客様がいたり、お年寄りの方からは「メニューに迷っちゃったから、あなた決めてちょうだい」と言われたりすることも。「じゃあ今日は、このパスタにジンジャーエールなんてどうでしょう?」などとおすすめしたりして、会話が弾むこともよくあります。

フードコートなので、お客様の反応をダイレクトに感じられるのも魅力ですね。フロントで注文される時や出来上がったパスタを取りに来られる時、そして最後に食べ終わったお皿を持ってきてくださる時。出来上がったパスタを見て、「わぁ」と目の前で喜んでもらえたり、一気に完食してきれいなお皿を持ってきてくださったりすると、やっぱりうれしくなりますね。

自分で言うのもなんですが、実際どのパスタも絶品で、毎日まかないで食べたくなるほど、飽きが来ないんです。毎回、メニューやトッピングを変えて、「このパスタには生卵が合うなぁ」とか、「海苔とチーズを一緒にトッピングするとより風味が増すかも」などと、勉強のためにもメニューの全制覇を目指しています。

すべての組み合わせを試してみることで、お客様に「このメニューにはこのトッピングが合いますよ」と、実感を込めて説明できますからね。何より、「BIGOLI」のパスタが大好きで、自分が毎日食べたいというのが一番なんですけどね(笑)。

いいアイデアは即採用して、実行するのが会社のモットー

社長がアイデア豊富で、思いついた企画を現場ですぐ実行するので、会社自体も活気があるなと感じます。社員の意見や提案にもよく耳を傾けて、いいと思ったら「今から(明日から)やろう!」とスピーディに決断してくれるので、とても張り合いがあります。

実は以前に、社長に提案したことがありまして。常連のお客様でチーズが大好きな方がいたので、「お客様の目の前でチーズを削ってあげたい」と提案したんですね。そうしたら「いいね、やってみよう!」とOKをもらい、早速、お店のカウンターのところで実演することができました。お客様にも喜んでいただけて、私もやってみてよかったなと思いましたね。

ただ、うちのお店では5分でパスタを提供するというルールがあるため、オーダーされたすべてのお客様にこのサービスを行うのは難しく、実演はその1回きりに。たとえば、お誕生日や特別な記念日にサービスするなど、やり方を工夫する必要はありますが、今回のように自分がやってみたいと思ったことを即チャレンジさせてもらえたことはありがたかったですね。これからもワクワクするような企画を提案していきたいと思っています。

休日は、自分の学びのためもあり、他のレストランに足を運んでパスタを食べに行くことも。味や盛り付けはもちろんですが、接客も勉強になるので、スタッフさんのサービスや対応などもよく見て参考にしています。

自然に触れるのが好きなので、夏は海で遊んだり、冬はスノボに行ったりと出かけることが多いですね。今度、連休が取れたら沖縄に行って、きれいな海でシュノーケリングをしてみたいです。

転職を機に一人暮らしを始めたんですが、バタバタして自炊があまりできないのが悩み……。もう少し生活が落ち着いたら、ごはん作りも頑張りたいです。仕事でもプライベートでも、食べることや作ることを思う存分、楽しめたらと思っています。

編集後記

サバサバしたボーイッシュな雰囲気の野口さん。時折見せる、はにかんだ笑顔や瞳がとってもキュートです。「BIGOLI」のボロネーゼについて熱く語る姿に、このお店やパスタがホントに大好きで、自らがファンなのだなと感じました。

実際に削りたてチーズがたっぷりかかったボロネーゼを食べてみたところ、その見た目とおいしさに感動! ボリューム感があるにも関わらず、まったく重たくなく、「これが毎日食べても飽きが来ないパスタか!」と驚きました。リピーターが多いのも納得です。

お店の雰囲気も和気あいあいとされていて、楽しそう。まだ働いて数カ月の野口さんですが、すでにベテランのオーラを醸し出していて、存在感を放っています。これからもご自身がやりたい企画、ワクワクする企画を実現させて、お店を盛り上げていってください!


取材・文/伯耆原良子

株式会社ジェイ・イシカワ
添加物や化学調味料を一切使用しないボロネーゼソースと極太生パスタ「BIGOLI」の製造・販売を行う。東京・品川に短時間で本格的なボロネーゼが味わえる「BIGOLI」本店を構えるほか、ボロネーゼのメニューのみを様々な飲食店に提供する「メニューライセンス」の事業も手がける。
MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


特集 BizGenic BIGOLI ビゴリ

関連する投稿


【BizGenic】#28 岡崎明子さん / 総務課

【BizGenic】#28 岡崎明子さん / 総務課

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#27 山本はるかさん / 広報部

【BizGenic】#27 山本はるかさん / 広報部

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#25 黒柳洋子さん / セールス&マーケティング チーフマネージャー

【BizGenic】#25 黒柳洋子さん / セールス&マーケティング チーフマネージャー

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#24 林あゆ美さん / パートナー事業部 次長

【BizGenic】#24 林あゆ美さん / パートナー事業部 次長

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


【BizGenic】#23 平田恵さん / 広報・PR

【BizGenic】#23 平田恵さん / 広報・PR

自分らしくイキイキと働く人の姿は、誰の目にも魅力的に映ります。『BizGenic』(ビズジェニック)は、そんな働くことを楽しむ女性にフォーカスしたインタビュー企画です。彼女らの仕事に対する姿勢やプライベートの楽しみ方、元気の源は一体どこにあるのかを探ります!


最新の投稿


理想のタイプの答え方でベストなもの

理想のタイプの答え方でベストなもの

理想のタイプの答え方により、これから恋愛に進展するかどうかが変わってきます。相手から理想のタイプについて聞かれた時には、どのような答え方をするとよいのでしょうか。今回は理想のタイプを異性から聞かれた時の答え方として、理想的なものについてお伝えしていきましょう。


難癖をつける心理に隠れた本音とは

難癖をつける心理に隠れた本音とは

難癖をつける心理は一見周囲から不快に思われやすく、嫌われてしまいそうな行為ですよね。しかしその行動の奥深くには、あらゆる事情があるのかもしれません。今回は難癖をつける心理の気になる内容と、これから接していくにあたってどのような対応をすればよいのかを、詳しくお伝えしていきましょう。


カカクコム テイクアウト専用アプリの提供開始

カカクコム テイクアウト専用アプリの提供開始

株式会社カカクコムは、新サービスとしてテイクアウト専用のアプリ「食べログ テイクアウト」の提供を開始すると発表した。


内向的な人によるコミュニケーションが好まれる理由

内向的な人によるコミュニケーションが好まれる理由

内向的な性格が原因で人と上手くコミュニケーションが取れない。このような悩みを抱えている内向的性格の人は実は多いのです。物怖じせずに初対面の人とも会話できるような、外向的な人が称賛される現代社会は彼らにとっては息苦しく映るかもしれません。ただ、内向型性格というのは決して劣った性格ではないということを覚えておいて欲しいのです。コミュニケーションについても、むしろ内向型の人の方がスキルが高く、相手からも好かれやすいのです。


フォートラベル クチコミ・比較サイトの会員登録数100万人突破を発表

フォートラベル クチコミ・比較サイトの会員登録数100万人突破を発表

カカクコムグループのフォートラベル株式会社は、同社の運営する旅行のクチコミと比較サイト「フォートラベル」の会員サービス「トラベラー会員」の登録者数が100万人を突破したことを発表した。