いつも不毛な恋愛に終わる人がチェックしてほしい、誤った考え方

いつも不毛な恋愛に終わる人がチェックしてほしい、誤った考え方

「恋愛ではいつも相手に遊ばれて終わってしまう」という悩みを抱えている人も少なくありません。価値観や考え方が全く異なる他人と付き合うわけですから、どんなカップルでも完全に上手くいくとは限りません。ただ、毎回同じような不毛な恋愛になってしまうなら、考え方にどこか原因があるのかもしれません。


相手から好かれるため別人を演じる

Getty logo

本来の自分に自信がない人は、恋愛においてこうありたい自分ではなく、相手が喜んでくれる偽りの自分を演じて好かれようとしてしまいます。元々静かな性格の人が明るい生活を演じたり、マイペースを大切にしたいのに彼氏の予定や都合にばかり合わせるなど、素の自分を押さえ込んで付き合います。

自分が我慢をして相手を立てていれば、確かに相手の機嫌を損ねることなく、トラブルも発生することはないでしょう。ただし、それは表面的であり一時的です。素の自分ではなく恋人としてこうあるべきだという姿を装うのは、終始自分で自分を否定しているようなものであり、ただただ辛いだけです。

自分や相手に嘘をつき続けることで自己嫌悪に陥ります。最終的に溜まりに溜まったストレスは出口を求めて自分、もしくは相手に向かってしまうでしょう。

恋愛疲れを起こして心身を壊してしまう人や、好かれようとする努力を認めてくれない不満を理不尽に恋人にぶつけるなど、破滅的な結末になるのがほとんどです。

人間関係で大切なのは良い部分悪い部分を含めて素の自分を認めてくれる人と付き合うことです。偽りの自分を演じることでしか認めてくれないような相手とは、相性が元々悪かったのだと、無理して付き合う必要もないのです。

要求に全て答えていると軽く見られることも

Getty logo

相手に何かを差し出すことで見返りに好意を得ようとする人は、次第に相手から都合の良い人とナメられてしまいます。彼氏がいつも浮気に走ったり金銭ばかり要求してくると悩んでいる人は、もしかすると恋人の要求に二つ返事で答えていたのではないでしょうか。

頼みごとを拒絶したりこちらから要求することで相手を不機嫌にさせてはいけない、そう考えて理不尽な依頼にも頑張って答えてきたのだと思います。

ただし、残念ながら要求を受け入れてもらった当人がその行為をどう捉えるかどうかはわかりません。タチの悪い人物だった場合、自分がまるで主人になったかのようにつけ上らせてしまい、どんどん理不尽な要求や命令をエスカレートさせてしまうでしょう。また、反論しない態度につけ込まれて、浮気されてしまうこともあります。

結局は嫌われないよう相手に従うような態度を取っても、感謝されずむしろ調子に乗らせてしまうだけのことも多いのです。

人間関係では不思議なことに好かれようとすればするほど逆効果になってしまい、反対に嫌われることを厭わず自分の主張もしっかりと通せる人の方が好かれます。

恋愛でも相手の要求を認めつつ自分も主張するような、バランスのとれた対等な関係が理想です。恋人のどんな主張も受け入れて好かれようとすれば、徐々に命令する側・される側という上下関係になってしまいます。

相手の主張を否定しないことで好意を得ようという考えは捨てて、その代わり自分の要求も同じように伝えるようにしましょう。もし相手がそれに不満を表すようなら切り捨ててしまっても問題はありません。持ちつ持たれつの対等な関係を築いていける人とだけ付き合っていけばいいのです。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連する投稿


承認欲求を満たす恋愛が不幸に終わってしまう理由とは?

承認欲求を満たす恋愛が不幸に終わってしまう理由とは?

承認欲求とは簡単に言うと他人に認められたい、好かれたいという感情です。適度な承認欲求ならば行動の動機や他者への配慮となり有益ですが、その欲求が過度になってしまうのは問題です。人間関係の中で必要以上に承認欲求を求めてしまえば、満たされないことへのストレスと自己嫌悪、他人評価を基準することでの自分らしさの消失など、自分自身を苦しめてしまいます。そして今回紹介する恋愛の領域においても、承認欲求を満たそうとすれば最終的に傷つくだけの不毛な恋愛に終わってしまうのです。


ワーカホリックに陥る前に対処を。仕事熱心と働きすぎの境目とは?

ワーカホリックに陥る前に対処を。仕事熱心と働きすぎの境目とは?

日本人は勤勉で仕事熱心の人も多いですが、熱心な度合いを超えてしまい働きすぎに陥っている人も決して少なくありません。特にワーカホリックと呼ばれるように、私生活や自身の健康を犠牲にしてでも仕事時間を捻出するような状態に陥っている人もいます。仕事に熱心なことと中毒のように支配されること、両者は少し見極めが難しいかもしれません。違いとしては、仕事と生活・健康の両輪のバランスが取れた働き方をしているかどうかが1つの判断となるのではないでしょうか。


ラインで告白は失敗する?成功率を上げる方法

ラインで告白は失敗する?成功率を上げる方法

好きな人の告白と言えば、どういった手段を選びますか?直接気持ちを伝える人もいれば、今では恋愛に役立つラインを活用する人も多くいます。でも、ラインで告白すると成功率が下がりそうで不安ですよね。ここでは、おすすめの告白の仕方からラインでの告白の成功率を上げる方法をご紹介します。


現代では大きな損に繋がります。低いネットリテラシーが及ぼす危険性

現代では大きな損に繋がります。低いネットリテラシーが及ぼす危険性

近年の情報化社会において、適切にインターネットを使いこなす能力は必須と言えるのではないでしょうか。その中で注目されているのが、ネットリテラシーという言葉です。ネットリテラシーとは、ネット上の情報を正しく取捨選択できる能力、判断力という意味です。この能力が低いと誤った情報に流されたり、ネット上でトラブルに巻き込まれるなど、現在社会において様々なデメリットが発生してしまいます。


実は面倒くさいと思われている恋の駆け引き方法

実は面倒くさいと思われている恋の駆け引き方法

恋愛成功のカギと言われている恋の駆け引きですが、使い方を間違えると失敗の基となります。人によっては「めんどくさい」と感じて嫌ってしまうことがあるので要注意です。ここでは、面倒くさいと思われている恋の駆け引き方法をご紹介します。


最新の投稿


園芸療法士とはどんな仕事?ガーデン好きが注目する理由

園芸療法士とはどんな仕事?ガーデン好きが注目する理由

園芸療法士という仕事はどのようなことをするのか、学んだ経験はありますか。花や植物に囲まれる空間は、人間にとって最高の癒しになります。時間に追われながら暮らす毎日の生活では、草木に囲まれて深呼吸する時間も大切ですよね。ガーデニングの趣味がブームになっている今の時代、人は無意識に自然の力を吸収しようとしているのかもしれません。人間関係が上手くいかない時や、自分で感情をコントロールできない場面などは、心にゆとりを持つために何かが必要です。そんな現代人が増える中で注目されている、園芸療法士の特徴についてご解説しましょう。


理想のタイプの答え方でベストなもの

理想のタイプの答え方でベストなもの

理想のタイプの答え方により、これから恋愛に進展するかどうかが変わってきます。相手から理想のタイプについて聞かれた時には、どのような答え方をするとよいのでしょうか。今回は理想のタイプを異性から聞かれた時の答え方として、理想的なものについてお伝えしていきましょう。


難癖をつける心理に隠れた本音とは

難癖をつける心理に隠れた本音とは

難癖をつける心理は一見周囲から不快に思われやすく、嫌われてしまいそうな行為ですよね。しかしその行動の奥深くには、あらゆる事情があるのかもしれません。今回は難癖をつける心理の気になる内容と、これから接していくにあたってどのような対応をすればよいのかを、詳しくお伝えしていきましょう。


カカクコム テイクアウト専用アプリの提供開始

カカクコム テイクアウト専用アプリの提供開始

株式会社カカクコムは、新サービスとしてテイクアウト専用のアプリ「食べログ テイクアウト」の提供を開始すると発表した。


内向的な人によるコミュニケーションが好まれる理由

内向的な人によるコミュニケーションが好まれる理由

内向的な性格が原因で人と上手くコミュニケーションが取れない。このような悩みを抱えている内向的性格の人は実は多いのです。物怖じせずに初対面の人とも会話できるような、外向的な人が称賛される現代社会は彼らにとっては息苦しく映るかもしれません。ただ、内向型性格というのは決して劣った性格ではないということを覚えておいて欲しいのです。コミュニケーションについても、むしろ内向型の人の方がスキルが高く、相手からも好かれやすいのです。