Amazonプライムに入るメリットは?損か得か判断する基準

Amazonプライムに入るメリットは?損か得か判断する基準

Amazonプライムに入るとさまざまな特典がありますが、年会費がかかるのでどうしようか決めかねている人もいるでしょう。通販大手サイトで、世界中に利用者がいるAmazon。「プライムメンバーになっておけばよかった」と、後悔した経験はありませんか。オンラインで買い物をするのは、今の時代では当たり前。利用するサイトによって安く買い物ができたり珍しい商品が手に入ったり、お店では得られない魅力がたくさんあります。ではAmazonプライムに入るメリットとデメリットについて、詳しくご解説していきましょう。


Amazonプライムにかかるコストについて

プライムメンバーになったほうがお得な部分は色々とありますが、判断基準になるのが年会費です。お金を払ってまでプライムの特典を獲得するべきなのか、迷いながらずっとAmazonで買い物している人もいるはず。

AmazonプライムとはAmazonが提供する会員制のサービスで、年会費を払えば一般の利用者にはないさまざまな特典を受けられるものです。年会費は4900円。一括で支払うか、もしくは月額プランに入り月々500円でプライムメンバーになるのも可能です。

1年分を一括で払ったほうがお得ですが、それでも迷っている人は1か月のプライム無料体験がありますので、どのような特典があるか実際に試すこともできます。

送料無料やお急ぎ便が使い放題のメリット

Amazonプライムの最大のメリットといえば、送料が無料になることです。オンラインショッピングは送料がかかると、店頭で買ったほうがお得になる場合がよくあります。

しかしAmazonプライムメンバーなら、多少商品代金が高くても送料無料の魅力は大きいですよね。ガソリン代をかけてまで買い物するか、それとも送料無料で楽な買い物をするか。プライムメンバーだからこそ迷う選択かもしれません。

さらにお急ぎ便やお届け日指定も使いたい放題。オーダーしたものが即日配達されて、困ってしまう人はいないはずです。

仕事で家を空けてしまう人には、日時指定は助かりますね。もしAmazonプライムでなければ送料500円ほどかかりますし、お急ぎ便や当日お急ぎ便、お届け日時指定便もそれぞれ500円~600円かかります。月額500円を払っても、1回の買い物で元がとれる計算になります。

Amazonプライムビデオとプライムミュージック!

Amazonはお買い物だけでなく、音楽や映画などのストリーミングサービスも行っています。メンバーのサービスとしてプライムビデオが見放題になるのは、送料無料以上に魅力的に感じる人も多いでしょう。

アニメや洋画、ドラマなど。同じくストリーミングサービスの他社の料金と比較しても、プライム料金を払ったほうが断然お得です。

プライムミュージックは動画配信と同じく、音楽が聴き放題の特典。プライムミュージックは100万曲以上が聴き放題なので、有料の音楽配信サービスに入っている人は、まとめてAmazonプライムにしたほうが管理も楽になります。

気に入った曲はデジタルミュージックを購入、もしくはCDをオンラインでそのまま購入できるので、とても便利で簡単です。

Amazonパントリーは一人暮らしにも人気

食料品や日用品などをダンボール箱で配達してもらう、プライムメンバーの会員サービスです。この配送サービスの対象となる食品は限られてしまいますが、干物やお菓子、飲み物などがあります。

日用品はティッシュやトイレットペーパー、洗濯洗剤など。気がついたら使い切ってしまっているアイテムも、簡単にオーダーしてすぐ配達してもらえます。

パントリーは箱詰めする手数料がかかりますが、期間限定で手数料無料のキャンペーンを行うこともあります。他のネットスーパーとも上手に比較して、お得な買い物をしてくださいね。

Amazonプライムのデメリットについて

Amazonプライムのデメリットは、利用頻度が少ない人には年会費の無駄になる可能性があることです。また他社の通販サイトとは違いポイントがつきませんので、お得感が薄れてしまうイメージもあるでしょう。

またAmazonでは、タブレットや電子書籍リーダーがプライムの特典になっています。電子書籍に興味がない人、動画配信や音楽サービスなども使わない人なら、あえてプライムメンバーになる必要性は少ないでしょう。

うっかり忘れてしまう注意点が、年会費の支払いです。Amazonの利用が少ないと、会員になっていることすら忘れている人も。

その場合は翌年に年会費が自動引き落としされるので、1年間だけのつもりならカレンダーに解約日を記入しておくと安心です。

まとめ

Amazonプライムのメンバーになると、デメリット以上にメリットが多いといえますね。「会費を払っているから」という気持ちになり、買い物する機会もつい増えてしまいそうです。

プライムはショッピングだけでなく、最短2時間でお届けするプライムナウやプライムビデオチャンネル、プライムワードローブ、さらには会員限定の選考プライムタイムセールなどもあります。

もちろん利用の際には注意事項を確認して、100%特典を使いこなせるように慎重に判断してください。世界規模で人気のAmazonは、プライムメンバーの特典が随時追加されています。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


Amazon プライム

関連する投稿


Disney+ アマゾンのFireTVで提供を開始

Disney+ アマゾンのFireTVで提供を開始

ディズニーが提供している動画配信サービス「Disney+」が、アマゾンの「FireTV」で提供されることが明らかになった。


長者番付け世界一位にビル・ゲイツ氏が復活

長者番付け世界一位にビル・ゲイツ氏が復活

フォーブスは、同社が毎年発表している世界長者番付けを発表。世界一の富豪に、マイクロソフトの共同創業者であるビル・ゲイツ氏が復活したことを公表した。


世界ブランドランキング発表 1位はアップル

世界ブランドランキング発表 1位はアップル

インターブランドは、世界ブランドランキング2019の内容を発表した。今年のブランドランキング1位に輝いたのは、昨年に続きAppleで、2位にはGoogleが続いた。


Amazon、Alexaに対応したスマートメガネやスマートリングを発表

Amazon、Alexaに対応したスマートメガネやスマートリングを発表

Amazonは、同社のAIアシスタント「Alexa」を搭載した新しいデバイス「Echo Frames」「Echo Loop」を発表。北米での発売を開始した。


Amazon、新しい商品の受け取りサービスAmazon Hubを日本に導入

Amazon、新しい商品の受け取りサービスAmazon Hubを日本に導入

Amazonは、ロッカーや店舗などで商品を受け取ることができるサービス「Amazon Hub」を日本に導入すると発表した。


最新の投稿


ポイ活とはなに?初心者が感じるメリットとデメリット

ポイ活とはなに?初心者が感じるメリットとデメリット

ポイ活とはポイントを貯めて、お得な暮らしをする「ポイント活動」の略です。ポイントはあらゆるところで付与されていますが、「チリも積もれば」方式で真面目に貯め続けると、意外なところで節約効果を発揮してくれます。でもポイントは一度に貯まらないので、中途半端な状態でやめてしまう場合がよくありますよね。そこでポイ活とは何か、初心者でも失敗せずにお得に貯めるコツ、さらにメリットとデメリットについてご紹介しましょう。


鎖骨が綺麗な女性が憧れ!デコルテを美しくする方法

鎖骨が綺麗な女性が憧れ!デコルテを美しくする方法

鎖骨が綺麗な女性は、オフショルダーがトレンドになるのが待ちきれないかもしれません。「私も肌を見せたい!」と思っても、実際は恥ずかしくてデコルテをカバーすることばかり意識してしまいます。鎖骨が綺麗な人はとても女性らしく、オシャレにもひと味プラスされますよね。芸能人のドレス姿やタンクトップでオシャレする女性など、鎖骨を上手く活かすためには普段のお手入れも大切です。では鎖骨が綺麗な女性に憧れている人が、デコルテを美しくする方法をご解説していきましょう。


【貯金と預金】似ているけど違いが分からない言葉

【貯金と預金】似ているけど違いが分からない言葉

日本語には一文字違うだけで意味の違う言葉がたくさんありますよね。 普段は気にしていなかったけれど、よく考えればどっちを使う方が正解なんだろう?と疑問に思う瞬間もあるはずです。 似たような言葉の意味の違いを知っていれば、仕事や日常生活の役に立つことがあるので、ここで紹介する言葉の意味の違いをチェックしてみましょう。


2019年11月15日「占い師 あいら」の星座占い

2019年11月15日「占い師 あいら」の星座占い

毎日のあなたの占いを占い師歴30年の「占い師 あいら」が西洋占星術にて診断。今日のあなたの運勢を占います。


冬ブーツ以外でおしゃれにコーデする靴選びのコツ

冬ブーツ以外でおしゃれにコーデする靴選びのコツ

冬ブーツ以外にはどのような靴を選べばよいのか、よいアイデアが浮かんでこない人も多いでしょう。ブーツは冬のおしゃれアイテムで防寒の目的もあるので、何足も欲しくなりますよね。とくにコーディネートしやすい黒のブーツは、ロングやショート、カジュアルタイプなど色々なスタイルで使いこなせます。しかし冬のお出かけは、周囲を見ると全員が同じブーツを履いているように見えませんか。春先や夏のように個性を活かしにくい冬のファッションですが、靴選びを工夫するだけでイメージが変わります。それでは冬ブーツ以外でコーディネートする、靴選びのコツについてご紹介しましょう。