ちゃん付けで呼ぶ心理で分かる男性の本音

ちゃん付けで呼ぶ心理で分かる男性の本音

ちゃん付けで呼ぶ心理の深層には、どのような男性の本音があるのでしょうか。女性としては、男性からちゃん付けで呼ばれると大切にされているように感じ、あまり嫌な気はしない場合も。そこでちゃん付けで呼ぶ心理を詳しく知って、男性の心の奥に隠された思いを理解していきましょう。


可愛いと思っている

ちゃん付けで呼ぶ心理には、相手を可愛いと思っている気持ちが表れています。自分よりも年下の女性に対しては、ちゃん付けで呼ぶケースが多いですよね。

これは女性のことを可愛らしいと思っているうえに、自分が相手を守ってあげたいと考えているためなのでしょう。

また周囲にいる女性だけでなくアニメのキャラクターや芸能人など、個人的に可愛らしいと思うものに対してはちゃん付けしたくなる場合もあり、憧れや慈しみが見受けられることも。

上司が部下をちゃん付けするという行動は、女性としては少し気になってしまいます。しかし「社会人として成長させてあげたい」との上司なりの思いから、部下と親しくなろうと努力してくれている可能性もあるのです。

このため上司が部下をちゃん付けで呼ぶ場合は、上司がどのような気持ちでいるのか、上手く判断するのが重要ですね。

頼みごとをしようとしている

誰かに呼んでもらうなら、ちゃん付けが理想的という女性も中にはいるので、これを狙って女性をちゃん付けしている男性もいるといえるでしょう。

○○ちゃんと呼ばれることで気分がよくなり、頼みごとを引き受けてくれる女性がいるかもしれない…と期待している男性もいるのです。

また男性が女性をちゃん付けで呼ぶのは、相手に好意を抱いているからだと捉える人も。「ちゃん付けで呼ばれることによって、不快になってしまう女性はいない」との考えでしょう。

ちゃん付けをして女性の機嫌をとり、少し無理のある頼みごとでも快く受け入れてもらおうという作戦ですが、これは相手に対して失礼な行動でもありますよね。

普段から特定の人をちゃん付けする男性なら、女性への好意が反映されている可能性も充分にあるのです。しかし頼みたいことができた時に突然ちゃん付けし始める男性は、女性の機嫌をとろうとしている場合が多いので気を付けるようにしましょう。

距離を近づけたい

「ちゃん付けで呼べば、女性との距離が縮まる」と思っている男性は、女性をちゃん付けする心理があります。ある程度親しくなったのにいつまでもさん付けするのは、他人行儀のような雰囲気があるので避けたいですよね。

しかしさほど仲良くなっていないのに、突然ちゃん付けで馴れ馴れしく話しかけられるのは、少し引いてしまう女性もいるかもしれません。

ちゃん付けするかしないか迷った時は、女性の性格をしっかりと理解してから行動するのがベスト。「男性から可愛いと思われたい」との願望が強い女性に対しては、ちゃん付けするのは距離を縮めるために効果的な方法です。

しかし普段からプライドが高そうな女性なら、ちゃん付けされるのは恥ずかしいと感じるはずなので避けたほうがよいでしょう。女性に気を遣いながら接することができる男性が相手なら、こちらとしても気楽にやりとりできそうですね。

甘えたい

ちゃん付けで呼ぶ心理は、相手の女性に甘えたい気持ちからも働きます。特に年下の男性が女性をちゃん付けするとしたら、相手を姉のように思っているケースも。

もしくはもともと弟気質で、女性に可愛がってもらうのが得意な男性もいるといえるでしょう。ある程度会話を重ねて親しくなったら、年上の女性をちゃん付けで呼んでさらに仲良くなり、甘えることができるくらいの関係性になろうとします。

しかしこのような男性は、他の女性のこともちゃん付けで呼んでいる可能性が高いもの。特定の人に対してでなく女性と親しくなるための方法として、ちゃん付けを活用している男性もたくさんいるのです。

恋人関係の二人なら、ちゃん付けする心理に「一緒にいて楽しい」「これからもお互いにリラックスしながら接したい」という気持ちが表れているケースもあります。

インパクトを与えたい

男性からちゃん付けで呼ばれても、さほど気にならないという女性は少ないもの。嬉しいかそうでないかは場合によりますが、どちらにしてもインパクトがあると感じますよね。

「この人だけが私をちゃん付けで呼ぶのね」と思われたくて、ちゃん付けで呼ぶ心理を働かせている男性も中にはいるでしょう。

子供の頃は、同い年の友人ともちゃん付けで呼び合っていたけれど、大人になってからはちゃん付けと無縁になった女性もいるはず。

そういう中で男性からちゃん付けされると「私に好意を持ってくれているのかも」「親しい関係のような雰囲気があって嬉しい」など、ポジティブな感情が湧いてくることもあるかもしれません。

まとめ

ちゃん付けで呼ぶ心理がある男性からは小馬鹿にされているようで、不愉快に感じてしまう女性もいるでしょう。しかし自分がちゃん付けする女性に対して、男性はよいイメージを持っている可能性が高いのです。

好きではない相手のことはちゃん付けしない場合が多いので、もしちゃん付けされる場面があったら「こちらに好意を持ってくれている」と受け取ってみるのもひとつの方法ですね。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連するキーワード


ちゃん付けで呼ぶ 心理

関連する投稿


ケアレスミスする心理になるわけとは?

ケアレスミスする心理になるわけとは?

ケアレスミスをする心理になるのは、理由がある可能性が高いです。本来はミスをしないタイプの人でも、理由があって失敗をしてしまうこともあるでしょう。このような時には、どういう心理が関係しているのでしょうか。今回はケアレスミスをする心理について、詳しく見ていきますね。


デートの後に音信不通になる心理には意外なものも!

デートの後に音信不通になる心理には意外なものも!

デートの後に音信不通になる心理に対して、嫌われてしまったのかもしれない…と悩んでしまうケースもあるかもしれません。でも実際には様々な思いが、関係している可能性があるのです。その思いについて理解をしたうえで、今後のやりとりの仕方を考えていきたいですね。今回はデートの後に音信不通になる心理について、詳しく見ていきましょう。


理想を押しつける心理になるのはなぜ?

理想を押しつける心理になるのはなぜ?

理想を押しつける心理が働く人とは、穏やかに付き合っていけないような気がして不安になることも。自分の価値観を主張し、強引に理解してもらおうとする人は、職場でもたまに出会うタイプかもしれません。では恋愛のシーンでこのような人と親しくなった時、良好な関係を築くためにはどうすればよいのでしょうか。今回は理想を押しつける心理になる理由について、詳しい内容を一緒に見ていきましょう。


束縛を急にやめる心理に潜む相手の感情

束縛を急にやめる心理に潜む相手の感情

束縛を急にやめる心理になるのは、相手がどのような感情の時なのでしょうか。表面を見ただけでは分からない気持ちがあるのかもしれません。何か変化があったのではと思い、こちらとしては不安になるケースもあるでしょう。今回は束縛を急にやめる心理について、隠れた相手の感情をお伝えしていきます。


いい奥さんになりそうと言う心理にはどんな思いがある?

いい奥さんになりそうと言う心理にはどんな思いがある?

いい奥さんになりそうと言う心理には、男性の様々な思いが隠されています。でもここには愛情があるのか、結婚願望についてはどうなのか気になるところですよね。今回は「いい奥さんになりそう」と男性が言う心理について、深く見ていきましょう。


最新の投稿


品格がある人から学ぶ品格を上げる方法

品格がある人から学ぶ品格を上げる方法

大人になって品格のある人に憧れを抱き始めた人は多いかと思います。品格とは育った家柄で身に付くもの?大人になってから品格を身に付けるのは難しい?そう感じている人の為に、ここでは品格を持つ人の特徴から品格を持つヒントをご紹介します。


テーマカラーの決め方について・素敵な人が持っている自分の色の大切さ

テーマカラーの決め方について・素敵な人が持っている自分の色の大切さ

テーマカラーの決め方は、色々な基準で判断している人もいるでしょう。しかし「自分らしい」色がどれか、詳しく知らない人は意外と多いようです。好きな色はぱっと見ただけでわかりそうなことですが、なぜか選んだものがしっくりこない場合もあります。いつも素敵でオシャレな人や、自分を美しく演出できる人がこだわる自分の色。今回はテーマカラーの決め方について、詳しくご紹介しましょう。


彼女を最優先する男性にはこんな特徴があった!

彼女を最優先する男性にはこんな特徴があった!

彼女を最優先する男性には、共通する特徴があります。これらについて理解をすることで、女性としては自分への想いを知ることができるケースもあるでしょう。今回は彼女を最優先する男性の特徴について、5つのものをお伝えしていきます。


東京メトロ 2021年春のダイヤ改正で終電時刻繰上げを発表

東京メトロ 2021年春のダイヤ改正で終電時刻繰上げを発表

東京地下鉄株式会社(東京メトロ)では、夜間に行う保守点検作業および工事時間を確保する目的で、2021年春に行うダイヤ改正において、東京メトロ全路線の終電時刻を10分程度繰上げると発表しました。


ケアレスミスする心理になるわけとは?

ケアレスミスする心理になるわけとは?

ケアレスミスをする心理になるのは、理由がある可能性が高いです。本来はミスをしないタイプの人でも、理由があって失敗をしてしまうこともあるでしょう。このような時には、どういう心理が関係しているのでしょうか。今回はケアレスミスをする心理について、詳しく見ていきますね。