【書評】世界の偉人が生んだ“テクノロジー”を学ぶ『世界を変えた60人の偉人たち 新しい時代を拓いたテクノロジー』

【書評】世界の偉人が生んだ“テクノロジー”を学ぶ『世界を変えた60人の偉人たち 新しい時代を拓いたテクノロジー』

連日「AI」「IoT」などの先進テクノロジーが、メディアを賑わしています。しかし、これら技術は、ある日突然生まれたわけではありません。先人の知恵と技術から、生まれたものばかりです。彼らが一体どうやって、テクノロジーの礎を築いたのでしょうか?そこで今日は、新しい時代を開拓してきた“偉人たち”がまとめられた本をご紹介いたします。


著者・あらすじ

東京電機大学

東京都足立区千住旭町に本部を置く日本の私立大学。理工系大学として「実学尊重」「技術は人なり」「学生主役」の理念を核に、技術で社会に貢献する人材を育成する大学。大学の略称は「電大」、「TDU」。

あらすじ

理工系大学として有名な「東京電機大学」が、テクノロジーを生み出した偉人について、解説します。「古代文明」から「産業革命」「現代」にいたるまで、世界を変えた人物や技術についてまとめています。

1. 世界を変えた“エネルギー革命時代のパイオニア”

「電気学の父」と称される人物がいます。それが「マイケル・ファラデー」です。 イギリスの物理学者である彼は、電流の磁気作用から電磁気回転を作る実験に成功すると、その逆作用として、1831年に「電磁誘導の法則」を発見しました。

これは、回路を通る磁束が変化すると、起電力が生じるというものです。この起電力の大きさは,磁束の変化速度に比例するという法則です。電動機、発電機、変圧器なども発明し、電気エネルギーの発展に大きく貢献しました。

アルフレッド・ノーベル

「ノーベル賞」を設立した人物として有名な「アルフレッド・ノーベル」。彼は、1867年に液体ニトログリセリンの持ち運び、取り扱いの安全化の研究に着手し、見事特許を取得します。

ノーベルが開発した「ダイナマイト」は当初、トンネル工事、土木工事に使われましたが、後に戦争兵器の大量虐殺で使われるようになります。自分の発明が兵器として使われることを遺憾に思い、巨万の財産を投じて「ノーベル賞」を設立しました。

2. 世界を変えた“エレクトロニクス時代のパイオニア”

トランジスタ、抵抗、コンデンサーなどの複雑な回路を1枚のチップに作り込んだ「半導体集積回路(IC)」。このICを発明したのが、「ロバート・ノートン・ノイス」です。

彼は、「ムーアの法則」で有名な、ゴードン・ムーアと共に「インテル」を創業します。コンピューター、デジタル機器の主要技術となるICを開発したことで、コンピューター時代の礎を築きました。彼の成功は、次世代の起業家たち(スティーブ・ジョブズなど)にとっては、師であり目標だったと言われています。

世界初のコンピューターを発明したことで有名な「ジョン・エッカート」と「ジョン・モークリー」。米国のコンピューター技術者である彼らは、第二次世界大戦での大砲の弾道計算を目的とした「電子式数値積分コンピューター」、「ENIAC」を生み出します。

1秒で5000回の加算が可能で、人の手では7時間もかかった計算を、わずか3秒で実現します。この「ENIAC」は、弾道計算のほかに、天気予報、原子核反応などの計算にも適用しました。

3. 世界を変えた“パーソナル時代のパイオニア”

現代のビジネスシーンに、なくてはならない道具として「パソコン」があります。パソコン生みの親「パソコンの父」と称される人物、それが「アラン・カーティス・ケイ」です。

それまで、コンピューターは、巨大で高価、人の手がなくては起動しない代物でした。ケイは「コンピューターの部品はすべてディスプレイのサイズに収まり、1000ドルで買える。それは人間の知的活動を支援するパーソナルなメディアであるべき」というビジョンを打ち出し、1973年に「アルト」というパソコンを開発しました。パソコン時代の礎を築き上げたのです。

ビジネスマンであれば、「知らない人はいない」といっても過言ではない、アップルの創業者「スティーブ・ジョブズ」。20歳の時、自宅で会社を立ち上げ、アップルⅡ、Mackintoshを生み出します。

経営不振により、自分の立ち上げた会社から去るも見事返り咲き、1997年CEOとして復帰します。その後、「iMac」「Mac OS X」「iPad」「iTunes」。2007年には「iPhone」2010年には「iPad」を生み出し、市場を牽引しました。人を魅了するプレゼンテーションや数々の名言を残し、「伝説のカリスマ」として、語り継がれています。

まとめ

今日ご紹介した人物「スティーブ・ジョブズ」は、「ハングリーであれ、愚か者であれ」という名言を残しました。世界を変えるような発明をするには、非常識な行動で周囲から「愚か者」と言われても「ハングリー」でいられるような人物です。彼らから、テクノロジーを学ぶことはもちろん、思考やメンタリティを学ぶことも重要です。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


【書評】科学的に裏付けされた目標達成術を知る『やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』

【書評】科学的に裏付けされた目標達成術を知る『やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』

みなさんは、「成功者」はどうやって成功したのかわかりますか?「努力に努力を重ねた」「根性で乗り切った」「運がよかった」。実のところ、これらは建前であり、成功者は緻密な戦略と戦術を練って、成功を手にしていました。そこで今日は、成功者に共通する「習慣」をまとめた一冊をご紹介します。


【書評】頭をシャキッとさせる方法を学ぶ『1分脳活 脳が10歳若返る!』

【書評】頭をシャキッとさせる方法を学ぶ『1分脳活 脳が10歳若返る!』

規則正しい生活をしているにも関わらず、「物忘れが多い」「頭が冴えない」という人が急増中です。これはもしかしたら、体の疲れというより、脳の疲れが原因かもしれません。そこで今日は、脳をシャキッとさせる技をまとめた本をご紹介します。


【書評】これからの時代に必要な「知識」を手に入れる『10年後、ニッポンの職場はどう変わる!? 同僚は外国人。』

【書評】これからの時代に必要な「知識」を手に入れる『10年後、ニッポンの職場はどう変わる!? 同僚は外国人。』

労働力不足が懸念されている日本。少子高齢化によって、今後、日本の働き手がいなくなることが明らかとなっています。労働力がなくなれば文字通り、税収もなくなり、国そのものが破綻する可能性があります。実のところ、この深刻な問題を解決するキーマンがいます。それが「外国人」です。そこで今日は、今後、労働の主力となるかもしれない、外国人との働き方について、まとめられた本をご紹介します。


【書評】人を動かす方法を手に入れる『交渉力 結果が変わる伝え方・考え方』

【書評】人を動かす方法を手に入れる『交渉力 結果が変わる伝え方・考え方』

「取引が成立しない」「相手を説得するのが苦手」交渉下手で悩んでいるビジネスパーソンがいます。どうしたら交渉の力を高めることができるのでしょうか?そこで今日は、交渉のプロから、「最強の交渉術」について学びましょう。


【書評】わたしたちの身近に忍び寄る「格差」について知る『格差は心を壊す 比較という呪縛』

【書評】わたしたちの身近に忍び寄る「格差」について知る『格差は心を壊す 比較という呪縛』

「中流階級がなくなり、格差が拡大する」と言われ久しいですが、みなさんはこの「格差」を、実感できているでしょうか?多くの人の答えは「ノー」かもしれません。しかし実際、格差は確実に、私たちの身近なところまでやってきているのです。そこで今日は、格差がもたらす弊害と対策についてまとめられた一冊をご紹介します。


最新の投稿


夏のスキンケア・汗でべたつくときにやっておくと安心なこと

夏のスキンケア・汗でべたつくときにやっておくと安心なこと

夏のスキンケアはメイクの崩れを予防するためにも、きちんと下地からやっておきたいことです。夏は汗や皮脂がトラブルの原因。さらにエアコンの風で肌が乾燥する可能性もあり、なかなか油断はできません。汗のべたつきはとても不快な状態なので、夏は気候を意識したスキンケアを始めましょう。では夏のスキンケアで、オススメのお手入れをご紹介していきますね。


告白しやすい女性だと男性から思われるタイプとは

告白しやすい女性だと男性から思われるタイプとは

告白しやすい女性だと男性から思われる女性には、いくつかの特徴があります。告白しにくい…と思われるよりも、告白しやすいと思われた方が女性としてはよい場合もありますよね。今回は告白しやすい女性だと男性から思われる女性のタイプについて、5つのものをお伝えしていきましょう。


喧嘩で黙る心理になるのはなぜ?

喧嘩で黙る心理になるのはなぜ?

喧嘩で黙る心理になる人に対して「もっと思うことを言ってほしいのに」と歯痒い気持ちになる時がありますよね。でも普段から喧嘩をすると黙るタイプの人は、男女共に案外多いもの。今回はこの心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


トラノコ 歩くだけで投資資金が毎日もらえる歩数計アプリをリリース

トラノコ 歩くだけで投資資金が毎日もらえる歩数計アプリをリリース

TORANOTEC株式会社は、歩くだけで投資資金が毎日コツコツ貯まる歩数計アプリ「マネーステップ」の提供を開始すると発表した。


Preferred Networks プログラミング教材「Playgram」で教育事業に参入

Preferred Networks プログラミング教材「Playgram」で教育事業に参入

株式会社Preferred Networksは、深層学習などのAI技術の実用化が進むこれからの時代に世界レベルで活躍できる人材を育成する目的で、コンピュータサイエンス教育事業を立ち上げると発表しました。