起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理で分かる男性の気持ちや性格

起こしてほしい心理になる時の男性は、女性に対してただ頼りたい気持ちになっている可能性もあります。しかし恋人同士などの近しい関係の二人だとしても、突然「起こしてほしい」と言われることで疑問を抱く女性も多いはず。今回は起こしてほしい心理に潜む、男性の本音と性格についてお伝えしましょう。


甘えている

起こしてほしい心理がある人は、女性に対して甘えている場合も。朝早くに予定があるのは本当ですが、さほど重要なものではない可能性もあるのです。

ただ彼女に甘えるということをしてみたいだけなのに「起こしてほしい」と、深刻な頼みごとのようにして伝えてくる男性もいるかもしれません。

しかし前日に「明日の朝6時に起きないと、大切な会議に間に合わないんだ」と告げられ、それなら起こしてあげなければ…と思う女性も多いでしょう。

甘えさせてあげられるような余裕のある人なら、男性も遠慮せずに自然体で接することができるもの。ですがそうではない場合には、安心して頼るのも不可能になってしまうのです。

「こちらの負担になるわけでもないし、時々モーニングコールしてあげるくらいならいいか」と女性が思えるのであれば、相手をこれからも助けてあげるのが最善の策。

しかし男性が女性を頼りきるような状態にはならないように、持ちつ持たれつの関係でいるように心がけてくださいね。

信頼している

相手への信頼があるからこそ、起こしてほしい心理になる可能性が高いでしょう。しかしその信頼の形は、場合によって異なるもの。

まずひとつ目は、男性が「あの女性はとてもしっかり者だから…」と、一目置いているケースです。きっと自分よりも先に起きて、LINEや電話などで余裕を持って起こしてくれるはずだと安心しているでしょう。

そしてもうひとつが「この日のこの時間に起きたい」と伝えてくること自体が、相手に対する信頼の証だと考えているパターン。

職場仲間として親しくなり、数回食事に出かけた程度の関係なら、起きる時間などのプライベートな内容は伝えてこないでしょう。「この時間に起こしてくれない?」という男性の頼みに、親密性や信頼が関係するのは確かです。

目覚めから相手の存在を感じたい

目覚めからコミュニケーションをとりたいほど好意を持つ女性がいたら、いざという時はその人に起こしてほしいと思うでしょう。

就寝前になんとなく寂しくなり、友人や知人に連絡したくなることはよくあるもの。外からの音も聞こえない夜には、孤独を感じさせられてしまうケースもあります。

そういう時には誰でもよいので、寂しさを埋めてほしいと思うでしょう。明るく気さくな友人などがいたら、真っ先に連絡する存在になるはず。

ですが目覚めの際は、特に寂しくはならなくても「この人の声を聞いたり顔を見たりすれば、一日の始まりがとても明るくなる」と感じる女性とやりとりしたいものですよね。

寂しい時に話したいのは、親しい関係の人であれば誰でもよい場合もあります。しかし目覚めの際に相手の存在を感じるなら、心優しいうえに一緒にいて元気をもらえるような人がベストなのです。

疲れている

風邪を引いている時や疲れが溜まっている時は、一人で物ごとをこなすのは無理だと不安になってしまう人が多いでしょう。

特に男性は、仕事関連で絶対に遅刻できない予定などがあり「どうすればよいのだろう」と苦しい思いを抱え込んでしまうケースも。

そういう時にいつも優しく対応してくれる、起こしてほしいという頼みも快く受け入れてくれそうな女性の存在が思い浮かびます。

「疲れていて、時間通りに起きられる自信がないから」との理由で起こしてほしい心理になる男性は、思慮深く誠実な場合が多いもの。

このため本当は今までも頼みたいことがあったけれど、相手に迷惑をかけてはいけない…との思いから遠慮していた可能性もあるでしょう。これからは何か困った出来事がなかったか、女性から聞き出すようにしてあげるのもひとつの方法ですね。

楽しみにしたい

感情の起伏がとても穏やかで、辛い出来事があった時さえ気持ちをコントロールできる人でも、睡魔にはどうしても打ち勝てないケースも多いでしょう。

それでもなんらかの楽しみにしていることがあると、普段苦手としているものでも意外と簡単にこなせる場合があります。

「遠足がとても楽しみで、前日の夜に眠ることができず寝坊してしまった」という子供がいるように、ワクワクした気持ちが高まりすぎて睡眠不足となり起きられないエピソードは、よく耳にするものですよね。

しかしこの「楽しみにしていること」が女性に起こしてもらうという内容だったら、また話は別。自分のために朝から連絡をくれるのだと思うと、なんとかして目を覚まそうと意気込みます。

まとめ

起こしてほしい心理は、何ごとも深く考えすぎるような複雑なタイプの男性なら、あまり働かないもの。相手の女性との信頼関係が土台にあるからこそ、素直に頼れている人もいるでしょう。周囲の人に対して素直でいるのは重要なので、起こしてほしいと頼んでくる男性のよいところも、しっかりと理解してあげたいですね。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連するキーワード


起こしてほしい 心理

関連する投稿


残業をつけない心理で分かる意外なこと

残業をつけない心理で分かる意外なこと

残業をつけない心理により、意外なことが分かる場合も。残業をつけない思いになるのは、なぜなのでしょうか。その気持ちを含めて心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


喧嘩で黙る心理になるのはなぜ?

喧嘩で黙る心理になるのはなぜ?

喧嘩で黙る心理になる人に対して「もっと思うことを言ってほしいのに」と歯痒い気持ちになる時がありますよね。でも普段から喧嘩をすると黙るタイプの人は、男女共に案外多いもの。今回はこの心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


ハードルが高い心理になるのはなぜ?その理由について

ハードルが高い心理になるのはなぜ?その理由について

ハードルが高い心理になるのは、自分の中のどのような思いが関係しているのでしょうか。自分でも意識していなくても、ハードルが高い…と思ってしまう時もありますよね。今回はこの心理になる理由について、一緒に見ていきましょう。


がっかりする心理になる時の思いとは

がっかりする心理になる時の思いとは

がっかりする心理になる時には、どのような思いが関係しているのでしょうか。できれば落胆するようなことなく、普段から穏やかに過ごしたいものですよね。今回はがっかりする心理になる時の思いについて、詳しくお伝えしていきましょう。


断れない心理で分かる相手の性格

断れない心理で分かる相手の性格

断れない心理により、相手の性格が見えてくる可能性があります。相手をよく知りたいと思った時には、相手の言動をよく観察してみるとよいですね。今回は断れない心理で分かる相手の性格について、一緒に見ていきましょう。


最新の投稿


彼女に不安を感じる…と彼氏が思ってしまうのはなぜ?

彼女に不安を感じる…と彼氏が思ってしまうのはなぜ?

彼女に不安を感じる…と彼氏が思う時もあるでしょう。本当は彼女に対して、安心した気持ちを持っていたいもの。でも不安になってしまう場合もあるのです。今回はなぜ彼女に不安を感じるのか、彼氏の思いについて見ていきましょう。


DeNAとTBS 電子マンガ事業「マンガボックス」を合弁事業化

DeNAとTBS 電子マンガ事業「マンガボックス」を合弁事業化

株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社東京放送ホールディングス(TBS)は、DeNAの子会社である株式会社マンガボックスを合弁会社化したと発表しました。


食材の買い置き技・買い物せずに乗り切る方法とは?

食材の買い置き技・買い物せずに乗り切る方法とは?

食材の買い置きは、混雑したスーパーに出かける頻度を減らすためにも必要です。しかしあまり買いすぎると、食材の無駄になってしまうこともありますので、外出を控える時期は上手にプランを立てて買い置きしなければなりません。そこで今回は、食材の買い置きについて失敗しないコツをご紹介していきましょう。献立で迷った時もわざわざ買い物せず、ストックだけで乗り切るようチャンレジしてみませんか。


メルペイ 後払い式「メルペイスマート払い」で「定額払い」が可能に

メルペイ 後払い式「メルペイスマート払い」で「定額払い」が可能に

株式会社メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」において、「メルカリ」の過去の利用実績等を元に商品購入代金をまとめて後払いにできる「メルペイスマート払い」における「定額払い」の提供を開始すると発表しました。


残業をつけない心理で分かる意外なこと

残業をつけない心理で分かる意外なこと

残業をつけない心理により、意外なことが分かる場合も。残業をつけない思いになるのは、なぜなのでしょうか。その気持ちを含めて心理について、詳しくお伝えしていきましょう。