逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちで幸福になるために知っておきたいこと

逃げるが勝ちという考え方は、悪いイメージを抱く人もいるでしょう。嫌なことに正面から立ち向かえる人は、結果がどうであれ達成感を覚える場合が多いはず。しかし振り返らず、常に前進し続ける人生は疲れが溜まり、どうすればよいか行き先が見えなくなるケースがありませんか。臨機応変という言葉のように、シチュエーションに合わせて対応することが理想的かもしれません。これ以上無理だと思った時は、逃げるが勝ちの法則で幸福になるのも必要なのです。では困った場面に出くわした時の対策として、逃げるが勝ちで幸福になるポイントをご紹介しましょう。


逃げるのは悪いことではない!

「逃げるが勝ち」というとずるい人を想像するかもしれませんが、場合によっては逃げたほうが自分にとってメリットになる場合があります。

「逃げる」のは決して悪いことではなく、考え方を変えると不要なものを「絶つ」「捨てる」という意味にもつながります。嫌な物ごとをずっと続けると、本来楽しく幸福を感じるはずの時間が無駄になってしまいます。

逃げるが勝ちの考えは、人生を有意義に過ごすための土台になるのです。逃げるのではなく、プラスの方向に時間やエネルギーを費やすのだと思えば、悪い印象がなくなるかもしれません。

とくに人生の中で大きな意味を持つ「人間関係」は、毎日の生活を好転させるためにも、逃げるタイミングを知るのが必要なのです。

利用されやすい人は今の状況から逃げよう

優しさを利用されて嫌な仕事を頼まれたり、人に振り回されてしまったりする場面がありませんか。自分と同じ価値観の人と出会うのは、決して簡単ではありません。

人の弱みにつけ込むタイプの人は意外と多く、仲がよいふりをして優しさを利用してくる人もいます。たとえば暇になると連絡して、遊びに誘ってくる友人。

相手の都合よりも自分を優先する人は、心優しい人を見つけて甘えてきます。こんな人間関係は最終的にストレスが溜まり、行き場のない怒りや喪失感が残ってしまいます。

他者に利用されやすい人は逃げるが勝ちで、自分の意思で人付き合いを選択するのが大切ですね。「友人だから仲良くしなければならない」と我慢するのは、自分の人生に苦痛を与えるだけ。利用する人はあちこちに存在しますので、同じ立場で付き合えない人とは距離を置くのも必要です。

攻撃されてもやり返さない

「逃げるのは負けを認めたこと」と考えるのは、結果だけを見る人の癖かもしれません。世の中には、どこでトラブルに巻き込まれるかわからない緊迫した環境があり、職場や友人関係などに突然敵が登場する場合もあります。

中には執拗に攻撃してくるタイプもいますので、この場合は逃げるが勝ちで無理にやり返さないのが幸福になるコツです。

勝ち負けを決めるのは自分の心。相手に勝ったと思わせて、最後には自分が幸せになれる立場になればよいのです。常に攻撃してくる人と戦うのは、時間もエネルギーも無駄になり、大切な時間を失ってしまいます。

逃げる時は悔しい気持ちもありますが、考え方次第では逃げることで自分が求めるものを確保できる場面もあります。口論になりやすい人とは付き合わず、無駄な自己主張で時間を無駄にするのはやめましょう。

デメリットの多い人からは逃げる

逃げるが勝ちで幸福になるには、デメリットの多い人と付き合わないのが大切です。たとえば自己中心的な人との付き合い。相手の性格を理解して上手く対処しているつもりでも、努力が通じない場合があります。

助けが必要な人を見極めるのは、自分の人生を幸福にするかどうかが大きな分かれ道になります。自己中な人や思いやりに欠ける人など、助けてあげようと思うのは時間の無駄になるケースも。

デメリットが多い人からは逃げるが勝ちで、メリットを与えてくれる人を探すことにエネルギーを費やしたほうが効率的です。

性格が合わない人、付き合う必要がない人など。余計なストレスを抱く関係はきっぱりと断ち切ったほうが、開放感を感じて毎日が豊かになるはずです。

自分自信の価値や能力を知る

誰にでもリミットがあり、無理してもできないことや乗り越えられない壁があるでしょう。このような場面でいつまでも努力を続けるのは、無駄になってしまう可能性があります。

逃げるが勝ちで幸福になるためには、まず自分の身の丈を知るのが必要。能力以上のことを成し遂げるためにストレスを抱えるのは、挫折感を抱く原因です。

たとえば給料に見合う生活をするか、無理して羽振りのよい生活をするか。自分の身の丈を知っている人は、いつも安心感が漂っています。

欲張ると人生が上手く回転しないケースもありますので、徐々にスキルアップして自分を高めていきましょう。無理だと思った時は、一旦その場から逃げること。ゆっくりと時間をかけて作戦を練り直すと、上手くいく場合もあります。

まとめ

逃げるが勝ちは、自分の解釈の仕方が大切です。ポジティブな意味があって逃げるなら、人生はよい方向へ転換するでしょう。そのためにも無理をせず、自分らしく生きるのが大切ですね。

MinSuku
U29JOB
Recruit2020



関連するキーワード


逃げるが勝ち

最新の投稿


ゼンリン「ゼンリン住宅地図スマートフォン」を格安スマホに対応

ゼンリン「ゼンリン住宅地図スマートフォン」を格安スマホに対応

株式会社ゼンリンは、同社が提供している「ゼンリン住宅地図スマートフォン」を格安スマホ、格安SIMへの対応を開始すると発表した。


Apple 16インチの新型MacBook Proを発表

Apple 16インチの新型MacBook Proを発表

Appleは、同社のノートブックPCの最上位機種である新たなMacBook Proを発表。本日より販売を開始した。


ヤフーとLINEが経営統合を協議

ヤフーとLINEが経営統合を協議

「Yahoo!」を運営するZホールディングスと、コミュニケーションサービス「LINE」を運営するLINEが経営統合に向けた調整を行なっていることが明らかになった。日本経済新聞ほかTVなど報道各社が報じたもの。


ドタキャン理由どうしたらいい?バレずに断る方法について

ドタキャン理由どうしたらいい?バレずに断る方法について

ドタキャンする時は、理由を考えるのが一番面倒。でも約束を守れない場面では、できるだけ相手を怒らせないよう上手に断りたいですよね。都合により、どうしても土壇場で約束をキャンセルすることも稀にあります。しかし実際にはドタキャンの理由は面倒、つまらないからなど気分的な部分が要因になっています。たとえ気になる人と食事の約束があっても、当日になって気分でなくなることもあるでしょう。そんな場合は嫌々行くよりも、再度約束してやり直したほうがよい場合もあります。ではドタキャンの理由で、バレないよい断り方についてご紹介しますので、どうしてもという場面で活用してください。


第一印象が悪いと思われる女性の共通点と改善策

第一印象が悪いと思われる女性の共通点と改善策

第一印象が悪いと仕事や恋愛など、本来の自分の魅力を相手に伝えることができません。初対面で好感度を決めるのは、第一印象といってもよいくらい大切です。自分ではさほど気にしていなくても、他者にどのようなイメージを与えるか、後にならないとわからない内容もたくさんありますよね。最初に会った瞬間に「この人、苦手…」と感じた経験は、多くの人があるでしょう。とくに女性は優しい印象を周囲の人も期待していますので、いきなり無表情ではそこから関係が進展することはないかもしれません。では第一印象が悪い女性の特徴や改善策について、詳しくご解説していきますね。